POLARIC™-500c6F

N/A

¥27,000¥58,000

解除
- +
Add to WishlistAdd to Compare

当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。

型番 製品名 容量 希望小売価格(円)
GC101 POLARIC™-500c6F 1 μg×10 ¥58,000

光学物性

Abs max 480 nm

Flu max 592 nm

水性SDS溶液中のPOLARIC TM -500c6の吸収および発光スペクトル

構造

POLARIC™-500c6F は、細胞染色用に開発されたソルバトクロミック色素です。
ソルバトクロミック色素は、細胞膜やミトコンドリアへの局在によって蛍光色が変化する色素です。

また、POLARIC™は他の色素と比べ、細胞内に色素が長時間保持されるため、タイムラプス等長時間の観察に最適です。
また、細胞毒性が低く、生細胞の観察に向いています(下記2のMTSアッセイデータを参照ください。)。

500nm付近の単一励起光で、周囲の環境により蛍光波長が約550~630nmの間でダイナミックな変化をします。

レーザーの場合、488nm、アルゴンレーザーの場合は、488nm もしくは514nmが最適です。細胞を染色し、励起光を照射すると、細胞膜が緑色、ミトコンドリアが橙色に染色されます。(それぞれ、膜とミトコンドリアの蛍光スペクトルについては、下記1のデータ参照ください。)

1つの蛍光色素でミトコンドリア、膜の染分けが可能

図1. 細胞膜及びミトコンドリアの蛍光スペクトル

HeLa細胞内での、細胞膜及びミトコンドリアの蛍光スペクトル。共焦点レーザー顕微鏡で取得した画像からスペクトルデータを取得した。それぞれ、細胞膜ならびにミトコンドリアで、蛍光スペクトルが局在する小器官によって変化している事が分かる。

毒性が低い


図2. MTSアッセイ

POLARIC及び他社蛍光色素との細胞毒性を、HeLa細胞を用いたMTSアッセイにて比較。CellMask®DeepRed、LysoTracker®Blue-Whiteよりも毒性が低く、総じて毒性に差は無い。
CellMask®、MitoTracker®、LysoTracker®はLife technologies社の商標登録です。

細胞内保持性が高い

図3. HeLa細胞内での蛍光強度の時間変化。画像解析ソフトより取得。

蛍光強度が50%に落ちる時間が、POLARIC™-500c6Fでは約70.6時間、MitoTracker®Greenは約28.6時間であり、POLARIC™-500c6FはMitoTracker®Greenと比較して蛍光強度の減衰が緩やかであった。このように、POLARIC™-500c6Fは他のミトコンドリア染色色素より細胞内に長く保持されることが示唆された。

Structured Illumination Microscope(Nikon, N-SIM) によ POLARIC™-500c6Fを用いたミトコンドリアのイメージング


図4. POLARIC™-500c6FでHeLa細胞を染色し、Structured Illumination Microscope(Nikon, N-SIM) にて撮影。左:従来の落射型蛍光にて撮影、右:3D-SIMモードにて撮影。Ex:488nm, Em:510-550nm。

空間分解能が従来の顕微鏡の約2倍(約100nm)であるSIMで撮影することにより、右図では、ミトコンドリア内の微細な構造が観察されているのがわかる。

その他

POLARIC™は、文部科学省イノベーションシステム整備事業地域イノベーション戦略支援プログラムグローバル型さっぽろバイオクラスターS実用化研究 北海道大学大学院地球環境科学院山田幸司准教授のグループにて開発されました。五稜化薬株式会社が北海道大学より特許権譲渡を受け、製造しております。

参考文献

Masahito Tanaka, Takeomi Kikuchi, Hiroyuki Uno, Keisuke Okita, Toshiko Kitanishi-Yumura, Shigehiko Yumura (2017)
Scientific Reports 7: 12970, DOI: 10.1038/s41598-017-13438-5

J Lipid Res. 2014 Nov;55(11):2423-31. Direct detection of ABCA1-dependent HDL formation based on lipidation-induced hydrophobicity change in apoA-I. Omura R, Nagao K, Kobayashi N, Ueda K, Saito H.

Application of POLARIC? fluorophores in an in vivo tumor model.
Maishi N, Kawamoto T, Ohga N, Yamada K, Akiyama K, Yamamoto K, Osawa T, Hida Y, Hida K.
Oncol Rep. 2013 30(4):1695-700. doi: 10.3892/or.2013.2620.

Chem. Lett. 2011, 40, 989.

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー:

Start typing and press Enter to search

Shopping Cart

カートに商品がありません。