役員紹介

代表取締役CEO 丸山 健一

代表取締役CEO 丸山 健一

徳島大学にて博士号(工学)取得後、慶應義塾大学理工学部の助教に就任。退職後、慶應義塾大学大学院経営管理科(MBA)。卒業後、日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(株)にマネージャーとして参画。ヘルスケア・バイオのスタートアップ6社の投資担当としてハンズオン。その後、2010年7月に札幌にて五稜化薬(株)を創業。

取締役COO 髙橋 正治

取締役COO 髙橋 正治

日本学術振興会特別研究員(DC1)として脳神経科学博士号を取得後、特許事務所にて複数技術分野や境界技術領域に跨がる権利化実務に7年半従事、その後バイオベンチャーにて12年間に渡って知財、法務、アライアンス、事業開発、経営企画、資金調達を含む広範な業務を担当。2020年11月より五稜化薬㈱に取締役として参画。

取締役CFO 三浦 淳一

取締役CFO 三浦 淳一

中小企業診断士。札幌市内の会計事務所にて中小企業者の会計・税務に関する指導業務に5年間従事し、医療業界、ICT業界、飲食業界、不動産業界等の様々な業種を担当。その後、北海道ベンチャーキャピタル㈱の創業期に参画し、道内でのベンチャー投資・育成業務に17年間従事。ICT、バイオ、アグリ、飲食、小売業で、東証マザーズ、JASDAQ、札証アンビシャスへのIPOに関与した。2012年3月より五稜化薬㈱に取締役として参画し、2017年10月より常勤。

取締役 大門良仁

取締役 大門 良仁

弁理士、法務博士(専門職)。アステラス製薬において知財業務に従事し、米国赴任後はM&A及びアライアンスを担当。知財訴訟でも、卓越した薬事法務・知財戦略を武器に12勝0敗と100億円超の利益を生み出す。近年は法務・知財戦略の観点からライフサイエンス系Start-upを支援する創業支援家として活動する中、自身も複数のStart-upの取締役として共同創業。東北大学OI戦略機構 特任教授。2020年1月より五稜化薬に社外取締役として参画。

取締役 宇佐美 篤

取締役 宇佐美 篤

2013年10月より株式会社東京大学エッジキャピタル(UTEC)に参画。ライフサイエンス分野を中心とするシード/アーリーステージ投資を担当。UTEC参画以前は、株式会社三菱総合研究所にてライフサイエンス及び他分野製造業メーカーに対する新規事業戦略立案、経営計画策定支援、官公庁に対する産学連携支援等の業務に従事。2015年5月より五稜化薬に取締役として参画。

監査役 成田 眞弘

監査役 成田 眞弘

1980年中道リース株式会社入社後、経理・総務部門を経て、既存営業店、新規営業店の立ち上げなど営業部門において様々な業種業界への営業活動に従事。その後、内部監査、人材教育育成、経営企画、新規事業開発、審査など各部門に従事し、2018年6月より五稜化薬に監査役(常勤)として参画。

監査役 林 昭彦

監査役 林 昭彦

北海道内の事業会社で財務業務を中心に従事した後、監査法人系列のコンサルティング会社でIPOコンサルタントとして、多岐に亘る業種の管理・監査体制整備や内部統制構築を指導。2010年に上場準備のため㈱ジーンテクノサイエンス(2012年11月東証マザーズ上場)に入社。上場後、同社常勤監査役として、コーポレートガバナンスと企業価値向上の両立に努め、2020年6月任期満了により退任。2020年11月より五稜化薬㈱に社外取締役として参画。

監査役 坂本 教晃

監査役 坂本 教晃

東京大学経済学部卒業後、経済産業省入省。中小企業金融円滑化関連法案や家電リサイクル法の法案作成業務や未踏ソフトウェアプロジェクトに従事。2008年経済産業省退官、流通事業会社の副社長を経て、コロンビア大学経営学修士(MBA)。McKinsey&Company のエンゲージメントマネージャーを経て、2014年8月にUTEC参画。2015年5月より五稜化薬に監査役として参画。

執行役員 手塚 芳秋 臨床開発・薬事

執行役員 手塚 芳秋臨床開発・薬事

1996年前田薬品工業株式会社入社後、外用剤(抗炎症薬)の薬効薬理試験を担当、その後メディテック・インターナショナル株式会社にて不整脈用剤等の臨床開発業務を担当。1998年よりアラガン株式会社、2004年より日本アルコン株式会社にて眼科用医療機器(白内障)及び眼科用剤(緑内障、加齢黄斑変性等)の臨床開発、承認申請業務を担当。2015年10月より五稜化薬にジェネラルマネージャーとして入社、2018年4月より現職。

執行役員 笠井 啓之 医薬事業開発

執行役員 笠井 啓之医薬事業開発

1988年ナカライテスク(株)入社後、試薬学術、新規プロジェクトを担当。1993年よりビオメリュー・ジャパン(株)へ転職し、感染症診断薬・機器のマーケティングを担当した。2003年よりアフィメトリクス・ジャパン(株)へ転職、また2009年からはアピリオ・テクノロジーズ(株)のカントリーマネージャーとして日本支社をスタートアップさせた。その後買収に伴い、ライカマイクロシステムズ(株)へ転属し、デジタル病理製品の統括マネジメントを行った。2018年9月より五稜化薬のジェネラルマネージャーとして入社、2019年4月より執行役員に就任。

執行役員 箕浦 逸史 製品開発

執行役員 箕浦 逸史製品開発

東京大学にて博士号(理学)取得後、基礎生物学研究所、理化学研究所等にて主に光学顕微鏡下でのナノ計測技術を用い、生体分子の弾性や表面電荷が生物の運動機構にどのように寄与しているかを研究。また2013年にはそれまで困難とされてきたミリグラムスケールでのヒト組換チューブリン発現精製方法を発表し、その技術を用いた微小管の構造解析や外眼筋線維症の発症機構の研究などに従事。2016年7月より五稜化薬に参画。