ProteoGREEN™-gGlu

ProteoGREEN™-gGlu による がんイメージングの実績およびイメージ動画


適用例があるがん細胞一覧

  • ヒト卵巣癌由来の細胞株 SHIN-3, SK-OV-3, OVCAR-3, OVCAR-4, OVCAR-5, OVCAR-8, A2780, A2780 PTX22, IGR-OV1, Hey-A8, CaOV3
  • ヒト肺癌由来の細胞株 A549
  • ヒト胆管癌由来の細胞株 HuCCT1
  • ヒト肝癌由来の細胞株 HepG2
  • ヒト子宮頸癌由来の細胞株 HeLa
  • マウスに人為的に発生させた結腸癌, ヒト乳癌組織
  • ほとんど蛍光上昇が見られない細胞: ヒト臍帯静脈内皮細胞 HUVEC (非がん細胞)

in vivo imaging イメージ動画】



がん細胞を播種した実験動物でのがん in vivo イメージングを示した動画。

試薬を内蔵に散布すると、がん細胞表面に高発現している γ-グルタミルトランスペプチダーゼ (GGT) によって無蛍光の ProteoGREEN-gGlu が分解され、蛍光物質 HMRG が生成される。この HMRG は細胞に取り込まれ、リソソームに集積する。その結果、がん組織が緑の蛍光として観察できるようになる。

【Live cell imaging イメージ動画】



製品・サービスへのお問い合わせ


当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。


Start typing and press Enter to search

Shopping Cart

カートに商品がありません。