MetalloFluor™ Series

FeRhoNox™-1

[遊離鉄 (II) イオン検出用蛍光プローブ]

570-590 nm:橙色

FeRhoNox-1は、遊離鉄 (II) イオン(Fe2+)を検出可能なゴルジ局在性の生細胞イメージング用蛍光プローブです。他の金属イオンには反応しないため、細胞中の Fe2+ を特異的に検出することができます。

 

FeRhoNox-1 は Merck KGaA (Darmstadt, Germany) からも全世界にて
SCT 030  BioTracker™ 575 Red Fe2+ Dye の名前で販売されています。

 

 

 

 

価格

型番 製品名 容量 希望小売価格(税抜価格)
GC901 FeRhoNox™-1 50 μg × 10 ¥ 49,800

各種ダウンロード

  • プロトコル

  • SDS

  • 製品情報

    印刷する

    FeRhoNox-1の物性

    名称 検出対象   膜透過性 反応  Absmax(nm)  FLmax (nm)
    FeRhoNox-1 遊離鉄 (Fe2+ あり 不可逆 540 575

     

    蛍光スペクトル

     

    図1. Fe2+反応前後のFeRhoNox-1の蛍光スペクトル

    FeRhoNox-1とFe2+を37℃、1時間反応させた。Fe2+を反応させると、575 nmをピークに蛍光強度上昇を示した。

     

    金属イオン反応特異性

    HepG2 細胞に対して Fe(NH4)2(SO4)2 (FAS; 100 μM) を加えて、30 min インキュベートした後、5 μM のFeRhoNox-1を加えてさらにインキュベート。1 h 後、蛍光顕微鏡観察。

    図2.FeRhoNox-1の 金属イオン選択性。
    鉄(II)イオンのみに選択的に反応している。

  • FeRhoNox-1 細胞イメージング例

    印刷する

    FeRhoNox-1 細胞イメージング例

    HepG2 細胞

    FeRhoNox-1 を用いた HepG2 細胞でのライブセルイメージング。(1) -Fe(II): 鉄イオン(100μM ferrous ammonium sulfate)を加えていない細胞。 (2) +Fe(II):鉄イオンを培地に添加  (3) +Fe(II)+Bpy:更に鉄 (II) イオンキレーターである Bpy を添加した場合。

    (2) の Fe(II) で FeRhoNox-1 の蛍光増加が見られるが、(3) で蛍光強度が減少していることから、選択的に鉄 (II) イオンを検出していることがわかる。

     

    HEK293細胞

    FeRhoNox-1 を用いた HEK293 細胞でのライブセルイメージング。(1)-Fe(II): 鉄イオンを加えていない場合、(2) +Fe(II): 鉄イオンを加えた場合、(3) +Fe(II)+Bpy: 更に Bpy を添加した場合。

     

    細胞内の内在性鉄(II)イオンの検出

    細胞内内在性鉄(II)イオンの検出。(2) Bpy添加によりシグナルが減少していることからFeRhoNox-1 により内在性鉄(II)が検出されていることがわかる。

     

    *Bpy: 2,20-bipyridyl (Bpy)は細胞膜透過性の鉄(II)イオン選択的キレーターです。

よくあるご質問

  • Q FeRhoNox-1 は固定細胞で使用できますか?
    A

    パラフィン切片での使用は基本的にはできないとお考えください。
    組織切片の鉄イオン検出には、凍結切片を軽くホルマリンで固定する方法が報告されています。以下の論文をご参照ください。
    Mukaide et al., (2014) Histological detection of catalytic ferrous iron with the selective turn-on fluorescent probe RhoNox-1 in a Fenton reaction-based rat renal carcinogenesis model
    Free Radical Research 48:990-995
    http://dx.doi.org/10.3109/10715762.2014.898844

  • Q FeRhoNox-1 を最初に溶解する有機溶媒の選び方を教えてください
    A

    FeRhoNox-1 の溶媒として dimethyl sulfoxide (DMSO) を推奨しています。DMSO は infinity pure, ultra-pure などと表示されているできるだけ純度の高いものを準備し、開封後すぐにご使用ください。すぐに使用しない場合は、吸湿しないように分注して超低温フリーザーで保管しておくことをお勧めします。
    理由として、DMSO は劣化すると硫化メチルなどの分解物が生成しますが、この分解物によって FeRhoNox-1 の蛍光バックグラウンドが上昇することがあるためです。

  • Q このプローブはゴルジ(またはER)の Fe2+ のみを検出するのですか?
    A

    プローブは ER や Golgi に局在することが知られていますが、このプローブが検出する Fe2+ は細胞質の Fe2+ も反映しているのではないかと考えられています。ただし、これをきちんと検証した報告はありません

     

  • Q 二価鉄検出プローブは、どのように使い分けをしたら良いですか?
    A

    検出感度が最も高いのは FerroOrange です。赤色レーザーを使用したフローサイトメトリーには FerroFarRed が最適です。
    FeRhoNox-1 は論文実績が豊富にあるため、既存の報告を確実に再現させたい場合に最適です。

    型番 製品名 Exmax (nm) Emmax (nm) 蛍光顕微鏡 フローサイトメトリー
    (青色レーザー)
    フローサイトメトリー
    (赤色レーザー)
    プレートリーダー
    GC901 FeRhoNox-1 540 575
    GC903 FerroFarRed 646 662
    GC904 FerroOrange 542 572

    FeRhoNox-1, FerroOrange をレーザー励起で検出するためには、532 nm 等のグリーンレーザーの使用を推奨します。

  • Q Q&A を見ても問題が解決しません
    A

    蛍光色素一般に関する Q&A も参照してください

参考文献

T. Homma, S. Kobayashi, J. Fujii (2022)
Cells 11:1603 DOI: 10.3390/cells11101603

Z. Huang, J. Han, P. Wu, C. Wu, Y. Fan, L. Zhao, X. Hao, D. Chen, M. Zhu (2022)
Oxid. Med. Cell. Longev. Article ID 5463134 DOI: 10.1155/2022/5463134

C. Chen, J. Chen, Y. Wang, Z. Liu, Y. Wu (2021)
J. Biol. Chem. 296:100187  DOI: 10.1074/jbc.RA120.015779

Y. Li, X. Zeng, D. Lu, M. Yin, M. Shan, Y. Gao (2021)
Hum. Reprod. 36:951-964 DOI: 10.1093/humrep/deaa363

S. Xu, H. Zheng, R. Ma, D. Wu, Y. Pan, C. Yin, M. Gao, W. Wang, W. Li, S. Liu, Z. Chai,  R. Li (2020)
Nat. Commun. 11: 3484 DOI: 10.1038/s41467-020-17300-7

Y. Gu, J. Chen, H. Zhang, Z. Shen, H. Liu, S. Lv, X. Yu, D. Zhang, X. Ding, X. Zhang (2020)
FASEB J. 34:11474-11487 DOI: 10.1096/fj.201902957RR

M. J. Smith, M. Fowler, R. J. Naftalin, R. C.M. Siow (2020)
Free Radic. Biol. Med. 155: 49-57 DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2020.04.024

S. Xu, H. Zheng, R. Ma, D. Wu, Y. Pan, C. Yin, M. Gao, W. Wang, W. Li, S. Liu, Z. Chai,  R. Li (2020)
Nat. Commun. 11: 3484 DOI: 10.1038/s41467-020-17300-7

Y. Tabei, H. Fukui, A. Nishioki, Y. Hagiwara, K. Sato, T. Yoneda, T. Koyama, M. Horie (2019)
Sci. Rep. 9: 2224-2236 DOI: 10.1038/s41598-019-38598-4

L. Zhao, T. Bartnikas, X. Chu, J. Klein, C. Yun, S. Srinivasan, P. He (2019)
FASEB J. 33: 3549–3561 DOI: 10.1096/fj.201801855R

B. Hassannia, B. Wiernicki, I. Ingold, F. Qu, S. V. Herck, Y. Y. Tyurina, H. Bayır, B. A. Abhari, J. P. F. Angeli, S. M. Choi, E. Meul, K. Heyninck, K. Declerck, C. S. Chirumamilla, M. Lahtela-Kakkonen, G. V. Camp, D. V. Krysko, P. G. Ekert, S. Fulda, B. G. D. Geest, M. Conrad, V. E. Kagan, W. V. Berghe, P. Vandenabeele, T. V. Berghe (2018)
J. Clin. Invest. 128: 3341-3355 DOI:10.1172/JCI99032

N. D. Rocasolano, O. MartíSistac, J. Ponce, M. C. Ruiz, M. Millán, V. Guirao, I. G. Yébenes, J. B. Salom, P. R. Cabrer, E. Alborch, I. Lizasoain, J. Castillo, A. Dávalos, T. Gasull (2018)
Redox Biol. 15: 143-158 DOI:10.1016/j.redox.2017.11.026

K. Totsuka, T. Ueta, T. Uchida, M. F. Roggia, S. Nakagawa, D. G. Vavvas, M. Honjo, M. Aihara (2018)
Exp. Eye Res. (In Press) DOI:10.1016/j.exer.2018.08.019

T. Ohara, Y. Tomono, X. Boyi, S. Yingfu, K. Omori, A. Matsukawa (2018)
Oncotarget 9: 32751–32760 DOI:10.18632/oncotarget.25973

K. Chaudhary, W. Promsote, S. Ananth, R. Veeranan-Karmegam, A. Tawfik, P. Arjunan, P. Martin, S. B. Smith, M. Thangaraju, O. Kisselev, V. Ganapathy, J. Gnana-Prakasam (2018)
Sci. Rep. 8: Article number: 3025 DOI:10.1038/s41598-018-21276-2

A. T. Aron, A. G. Reeves, C. J. Chang. (2018)
Curr. Opin. Chem. Biol. 43: 113-118 DOI:10.1016/j.cbpa.2017.12.010

K. Oshima, Y. Ikeda, Y. Horinouchi, H. Watanabe, H. Hamano, Y. Kihira, S. Kishi, Y. Izawa-Ishizawa, L. Miyamoto, T. Hirayama, H. Nagasawa, K. Ishizawa, K. Tsuchiya, T. Tamaki (2017)
Lab. Invest. 97: 555-566 DOI:10.1038/labinvest.2017.11

F. Ito, T. Nishiyama, L. Shi, M. Mori, T. Hirayama, H. Nagasawa, H. Yasui, S. Toyokuni (2016)
Biochem. Biophys. Res. Commun. 476: 600-606 DOI:10.1016/j.bbrc.2016.06.003

K. Yama, K. Sato, Y. Murao, R. Tatsunami, Y. Tampo (2016)
Biol. Pharm. Bull. 39: 1523-1530 DOI:10.1248/bpb.b16-00332

Y. Kamihara, K. Takada, T. Sato, Y. Kawano, K. Murase, Y. Arihara, S. Kikuch, N. Hayasaka, M. Usami, S. Iyama, K. Miyanishi, Y. Sato, M. Kobune, J. Kato (2016)
Oncotarget 7: 64330-64341 DOI:10.18632/oncotarget.11830

Y. Wang, Y. Okazaki, L. Shi, H. Kohda, M. Tanaka, K. Taki, T. Nishioka, T. Hirayama, H. Nagasawa, Y. Yamashita, S. Toyokuni (2015)
Cancer Sci. 107: 250-257 DOI:10.1111/cas.12865

T. Mukaide, Y. Hattori, N. Misawa, S. Funahashi, L. Jiang, T. Hirayama, H. Nagasawa, S. Toyokuni (2014)
Free Radic. Res. 48: 990-995 DOI:10.3109/10715762.2014.898844

T. Imamura, T. Hirayama, K. Tsuruma, M. Shimazawa, H. Nagasawa, H. Hara (2014)
Exp. Eye Res. 129: 24-30 DOI:10.1016/j.exer.2014.10.019

T. Hirayama, K. Okuda, H. Nagasawa (2013)
Chem. Sci. 4: 1250-1256 DOI:10.1039/C2SC21649C