FeRhoNox™-1

N/A

¥49,800

解除
- +
Add to WishlistAdd to Compare

当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。

型番 製品名 容量 希望小売価格(円 )
GC 901 FeRhoNox™-1 50μg×10 ¥49,800

 

~他の金属イオンと区別してFe2+の検出が可能に~

  • 他の金属イオンと区別して鉄(II)イオンを特異的に検出可能
  • 遊離鉄(II)イオンの生細胞イメージングが可能

FeRhoNox™-1は、鉄(II)イオンを検出可能なゴルジ局在性の生細胞イメージング用蛍光プローブです。他の金属イオンと区別してFe2+を特異的に検出することができます。ゴルジでのFe2+ の検出に有効です。

用途

  • 水溶液中での鉄(II)イオンの検出に。
  • 生細胞での遊離鉄(II)イオンの検出に

FeRhoNox™-1 の特長

λabs 540 nm(excitation)

λFl 575 nm(emission)

図1. FeRhoNox™-1がFe2+により還元を受け、蛍光を発する仕組み。

図2. Fe2+反応前後のFeRhoNox™-1の蛍光スペクトル

FeRhoNox™-1とFe2+を37℃、1時間反応させた。Fe2+を反応させると、575 nmをピークに蛍光強度上昇を示した。

図3. HepG2細胞での鉄イオンの検出

HepG2 細胞に対して Fe(NH4)2(SO4)2 (FAS; 100 μM) を加えて、30 min インキュベートした後、5 μM の FeRhoNox™-1 を加えてさらにインキュベート。1 h 後、蛍光顕微鏡観察。

 

図4. 鉄(II)イオンに対するFeRhoNox™-1の応答性。
鉄(II)イオンを加える事で応答の上昇が観察される。

図5. FeRhoNox™-1 鉄(II)イオンに対する選択性。
鉄(II)イオンのみに選択的に反応している。

 

図6. HepG2細胞でのGolgi MarkerとFeRhoNox™-1との蛍光イメージング像の比較。
Mergeによって、FeRhoNox™-1はGolgi体内の鉄(II)イオンを選択的に検出している事がわかる。

HepG2細胞への応用

図7. FeRhoNox™-1を用いたHepG2細胞でのライブセルイメージング。

①-Fe(II):鉄イオン(100μM Ferrous ammonium sulfate)を加えていない場合、②+Fe(II):鉄イオンを加えた場合、③+Fe(II)+Bpy:鉄(II)キレーターであるBpyを添加した場合。②+Fe(II)でFeRhoNox™-1は蛍光強度の上昇を示した。また、③で蛍光強度が減少している事から、選択的に鉄(II)イオンを検出している事を示している。

HEK293細胞への応用

図8. FeRhoNox™-1を用いたHEK293細胞でのライブセルイメージング。

①-Fe(II):鉄イオンを加えていない場合、②+Fe(II):鉄イオンを加えた場合、③+Fe(II)+Bpy:Bpyを添加した場合。②+Fe(II)でFeRhoNox™-1は蛍光強度の上昇を示している事から、ライブセル中においてFe(II)を検出している。また、③+Fe(II)+Bpy蛍光強度が減少している事から、選択的に鉄(II)イオンを検出している事を示している。

細胞内の内在性鉄(II)イオンの検出

図9. 細胞内内在性鉄(II)イオンの検出。

②Bpy添加によりシグナルが減少している事からFeRhoNox™-1により内在性鉄(II)が検出されている事がわかる。

*Bpy: 2,20-bipyridyl (Bpy)は細胞膜透過性の鉄(II)イオン選択的キレーターです。

観察方法

励起波長は 緑色光(G励起・546nm) が適しています(フィルタは、 G-1A (Nikon 社) もしくはU-FGW (Olympus 社)、N2.1 (Leica 社) 等が使用可能)。染色は5 μM FeRhoNox™-1をライブセルと共に37℃、1時間インキュベート後、バッファ洗浄にて観察頂けます。蛍光波長は 575 nm をピークに検出されます。

参考文献

Y.Kamihara,K.Takada, T.Sato, Y.Kawano, K.Murase, Y.Arihara, S.Kikuch, N.Hayasaka,
M.Usami, S.Iyama, K.Miyanishi, Y.Sato, M.Kobune, J.Kato(2016)
Oncotarget.7: 64330–64341.DOI: 10.18632/oncotarget.11830

K. Chaudhary, W. Promsote, S. Ananth, R. Veeranan-Karmegam, A. Tawfik, P. Arjunan, P. Martin, S. B. Smith, M. Thangaraju, O. Kisselev, V. Ganapathy, J. Gnana-Prakasam (2018)
Sci Rep., 8:3025 DOI: 10.1038/s41598-018-21276-2

A. T. Aron, A. G. Reeves, C. J. Chang. (2018)
Curr Opin Chem Biol. 43:113-118 DOI: 10.1016/j.cbpa.2017.12.010

K. Oshima, Y. Ikeda, Y. Horinouchi, H. Watanabe, H. Hamano, Y. Kihira, S. Kishi, Y. Izawa-Ishizawa, L. Miyamoto, T. Hirayama, H. Nagasawa, K. Ishizawa, K. Tsuchiya, T. Tamaki (2017)
Lab. Invest. 97: 555-566 DOI: 10.1038/labinvest.2017.11

DeGregorio-Rocasolano N, Martí-Sistac O, Ponce J, Castelló-Ruiz M, Millán M, Guirao V, García-Yébenes I, Salom JB, Ramos-Cabrer P, Alborch E, Lizasoain I, Castillo J, Dávalos A, Gasull T. (2017)
Redox Biol. 15:143-158. DOI: 10.1016/j.redox.2017.11.026

Fumiya Ito , Takahiro Nishiyama, Lei Shi , Masahiko Mori, Tasuku Hirayama ,Hideko Nagasawa, Hiroyuki Yasui, Shinya Toyokuni ,(2016)
Biochem Biophys Res Commun. 476: 600-606

Epalrestat Upregulates Heme Oxygenase-1, Superoxide Dismutase, and Catalase in Cells of the Nervous System.
Yama K, Sato K, Murao Y, Tatsunami R, Tampo Y.
Biol Pharm Bull. 2016 39(9):1523-30. doi: 10.1248/bpb.b16-00332

Cancer Sci. 2015 Dec 17. doi: 10.1111/cas.12865.

Role of hemoglobin and transferrin in multi-wall carbon nanotube-induced mesothelial injury and carcinogenesis.
Wang Y, Okazaki Y, Shi L, Kohda H, Tanaka M, Taki K, Nishioka T, Hirayama T, Nagasawa H, Yamashita Y, Toyokuni S.FeRhoNox-1の応用例
Mukaide, T.; Hattori, Y.; Misawa, N.; Funahashi, S.; Jiang, L.; Hirayama, T.; Nagasawa, H.;
Toyokuni, S. Free Radic. Res. 201448, 990-995.

FeRhoNox™-1 は、論文中のRhoNox-1の事です。

Tomoyo Imamura, Tasuku Hirayama, Kazuhiro Tsuruma, Masamitsu Shimazawa, Hideko Nagasawa, and Hideaki Hara, Volume 129, December 2014, Pages24-30, Experimental Eye Research “Hydroxyl radicals cause fluctuation in intracellular ferrous ion levels upon light exposure during photoreceptor cell death”

Hirayama, T.; Okuda, K.; Nagasawa, H. Chem. Sci. 20134, 1250-1256.

Y.Kamihara,K.Takada, T.Sato, Y.Kawano, K.Murase, Y.Arihara, S.Kikuch, N.Hayasaka, M.Usami, S.Iyama, K.Miyanishi, Y.Sato, M.Kobune, J.Kato(2016)
Oncotarget.7: 64330–64341.DOI: 10.18632/oncotarget.11830

B. Hassannia, B. Wiernicki, I. Ingold, F. Qu, S. V. Herck, Y. Y. Tyurina, H. Bayır, B. A. Abhari, J. P. F. Angeli, S. M. Choi,1 E. Meul, K. Heyninck, K. Declerck, C. S. Chirumamilla, M. Lahtela-Kakkonen, G. V. Camp, D. V. Krysko, P. G. Ekert, S. Fulda, B. G. D. Geest, M. Conrad, V. E. Kagan, W. V. Berghe, P. Vandenabeele, T. V. Berghe (2018)
J Clin Invest. 28: 3341–3355. DOI: 10.1172/JCI99032

N. D. Rocasolano, O. MartíSistac, J. Ponce, M. C. Ruiz, M. Millán, V. Guirao, I. G. Yébenes, J. B. Salom, P. R. Cabrer, E. Alborch, I. Lizasoain, J. Castillo, A. Dávalos, T. Gasull (2018)
Redox Biol. 15: 143-158 DOI: 10.1016/j.redox.2017.11.026

K. Totsuka, T. Ueta, T. Uchida, M. F. Roggia, S. Nakagawa, D. G. Vavvas, M. Honjo, M. Aihara (2018)
Exp. Eye Res. pii: S0014-4835(18)30228-8 DOI: 10.1016/j.exer.2018.08.019

T. Ohara, Y. Tomono, X. Boyi, S. Yingfu, K. Omori, A. Matsukawa (2018)
Oncotarget. 28; 9: 32751–32760. DOI: 10.18632/oncotarget.25973

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー:

Start typing and press Enter to search

Shopping Cart

カートに商品がありません。