2018.04.02
【SK3001-01・SK3001-02】HPF【SK3002-01・SK3002-02】APFの参考文献情報を追加しました。
A. Fadlan, H. Tanimoto, T. Ito, Y. Aritomi, M. Ueno, M. Tokuda, S. Hirohara, M. Obata, T. Morimoto, K. Kakiuchi (2018)
Bioorg Med Chem. In press, DOI: 10.1016/j.bmc.2018.02.031
T. Tatsumi, K. Takayama, S. Ishii, A. Yamamoto, T. Hara, N. Minami, N. Miyasaka, T. Kubota, A. Matsuura, E. Itakura, S. Tsukamoto. (2018)
Development. 145: dev161893, 10.1242/dev.161893
【GC901】FeRhNox™-1の参考文献情報を追加しました。
K. Chaudhary, W. Promsote, S. Ananth, R. Veeranan-Karmegam, A. Tawfik, P. Arjunan, P. Martin, S. B. Smith, M. Thangaraju, O. Kisselev, V. Ganapathy, J. Gnana-Prakasam (2018)
Sci Rep., 8:3025 DOI: 10.1038/s41598-018-21276-2
A. T. Aron, A. G. Reeves, C. J. Chang. (2018)
Curr Opin Chem Biol. 43:113-118 DOI: 10.1016/j.cbpa.2017.12.010
【SK1004-01】DAF-FM DAの参考文献情報を追加しました。
E. S. Choi, J. J. Yoon, B. H. Han, D.H. Jeong, Y. J. Lee, D. G. Kang, H. S. Lee. (2018)
Phytomedicine. 38:12-23 DOI: 10.1016/j.phymed.2017.09.022
2018.03.01
【GC901】FeRhoNox™-1の参考文献情報を追加しました。
K. Oshima, Y. Ikeda, Y. Horinouchi, H. Watanabe, H. Hamano, Y. Kihira, S. Kishi, Y. Izawa-Ishizawa, L. Miyamoto, T. Hirayama, H. Nagasawa, K. Ishizawa, K. Tsuchiya, T. Tamaki (2017)
Lab. Invest. 97: 555-566 DOI: 10.1038/labinvest.2017.11
【A101-01】MARの参考文献情報を追加しました。
H. Harada, Y. Tsuda, K. Yabuki, E. Shiba, K. Uchihashi, A. Matsuyama, Y. Fujino, T. Hachisuga, M. Hisaoka, (2018)
Lab. Invest. (in press) DOI: 10.1038/s41374-017-0020-5
【GC801】ProteoGREEN™-gGluの参考文献情報を追加しました。
K. Kawakami, Y. Fujita, Y. Matsuda, T. Arai, K. Horie, K. Kameyama, T. Kato, K. Masunaga, Y. Kasuya, M. Tanaka, K. Mizutani, T. Deguchi, M. Ito (2017)
BMC Cancer 17: 316 DOI: 10.1186/s12885-017-3301-x
【GC301】【GC3011】AcidiFlour™ ORANGEの参考文献情報を追加しました。
T. Karasawa, A. Kawashima, F. Usui-Kawanishi, S. Watanabe, H. Kimura, R. Kamata, K. Shirasuna, Y. Koyama, A. Sato-Tomita, T. Matsuzaka, H. Tomoda, S. Y. Park, N. Shibayama, H. Shimano, T. Kasahara, M. Takahashi (2018)
Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol. (In press) DOI: 10.1161/ATVBAHA.117.310581.
2018.02.01
【SK3001-1・SK3001-2】HPF【SK3002-1・SK3002-2】APFの参考文献を追加しました。
M. Toyama, T. Mori, J. Takahashi, H. Iwahashi (2017)
Radiation Physics and Chemistry In Press DOI: 10.1016/j.radphyschem.2017.12.022
2018.01.05
【GC901】FeRhoNox™-1の参考文献を追加しました。
N. DeGregorio-Rocasolano, O. Martí-Sistac, J. Poncea, M. Castelló-Ruiz, M. Millán, V. Guirao, I. García-Yébenes, J. B. Salom, P. Ramos-Cabrer
Redox Biol. in press doi: 10.1016/j.redox.2017.11.026
【A101-1】MARの参考文献を追加しました。
Y. Tanaka, M. Nishikawa, Y. Mizukamia, K. Kusamorib, Y. Ogino, S.Nishimura, K. Shimizu, S. Konishi, Y. Takahashi, Y. Takakura
J Control Release. in press doi: 10.1016/j.jconrel.2017.12.006
【SK3002-01】【SK3002-02】APFの参考文献を追加しました。
K. Sugihara, M. Masuda, M. Nakao, M. Abuduli, Y. Imi, N. Oda, T. Okahisa, H. Yamamoto, E. Takeda, Y. Taketani (2017)
J Clin Biochem Nutr. 61: 91-99. DOI: 10.3164/jcbn.16-117
2017.12.01
【GC101】POLARIC™-500c6Fの参考文献情報を追加しました。
Masahito Tanaka, Takeomi Kikuchi, Hiroyuki Uno, Keisuke Okita, Toshiko Kitanishi-Yumura, Shigehiko Yumura (2017)
Scientific Reports 7: 12970, DOI: 10.1038/s41598-017-13438-5
【A101-01】MARの参考文献情報を追加しました。
Ravi Naik, Hyun Seung Ban, Kyusic Jang, Inhyub Kim, Xuezhen Xu, Dipesh Harmalkar, Seong-Ah Shin, Minkyoung Kim, Bo-Kyung Kim, Jaehyung Park, Bonsu Ku, Sujin Oh, Misun Won, and Kyeong Lee (2017)
J. Med. Chem., 60: 8631-8646, DOI: 10.1021/acs.jmedchem.7b01231
【GC301】AcidiFluor™ ORANGEの参考文献情報を追加しました。
S. Kitazawa, S. Nishizawa, H. Nakagawa, M. Funata, K. Nishimura, T. Soga, T. Hara (2017)
Cancer Sci. 108: 1185-1193, DOI: 10.1111/cas.13240
2017.11.01
【GC402】CaSiR-1™、【GC403】CaSiR-1™AMの参考文献情報を追加しました。
F. Zhang, E. S. Tzanakakis (2017)
Scientific Reports 7:9357, DOI: 10.1038/s41598-017-09937-0
【SK1004-01】DAF-FM DAの参考文献情報を追加しました。
M. Ando, T. Matsumoto, K. Taguchi, T. Kobayashi (2017)
Free Radical Biology and Medicine 112:553-566, DOI:10.1016/j.freeradbiomed.2017.08.027
R. Furuta, N. Kurake, K. Ishikawa, K. Takeda, H. Hashizume, H. Tanaka, H. Kondo, M. Sekine, M. Hori (2017)
Plasma Processes and Polymers, DOI: 10.1002/ppap.201700123
【GC3006-01】HySOxと【SK3003-01】NiSPY-3の参考文献情報を追加しました。
R. Furuta, N. Kurake, K. Ishikawa, K. Takeda, H. Hashizume, H. Tanaka, H. Kondo, M. Sekine, M. Hori (2017)
Plasma Processes and Polymers, DOI: 10.1002/ppap.201700123
2017.10.02
【GC801】ProteoGREEN™-gGluの参考文献情報を追加しました。
Yoichi Miyata, Takeaki Ishizawa, Mako Kamiya, Suguru Yamashita, Kiyoshi Hasegawa, Aya Ushiku, Junji Shibahara, Masashi Fukayama, Yasuteru Urano & Norihiro Kokudo (2017)
Scientific Reports 7:3542 DOI:10.1038/s41598-017-03760-3
【SK3001-01】HPF、【SK3002-01】APFの参考文献情報を追加しました。
Sasaki S, Hokari Y, Kumada A, Kanzaki M, Kaneko T. (2017)
Plasma Process Polym. 2017;e1700077, DOI 10.1002/ppap.201700077
【SK1001-01】DAF-2の参考文献情報を追加しました。
Masaki Matsuoka, Ashutosh Kumar, Muhammad Muddassar, Akihisa Matsuyama, Minoru Yoshida, and Kam Y. J. Zhang (2017)
J. Chem. Inf. Model., 57:203-213, DOI: 10.1021/acs.jcim.6b00649
2017.09.01
【GC3007-01】HYDROPの参考文献情報を追加しました。
Kazuo Tomita, Yoshikazu Kuwahara, Yuko Takashi, Takao Tsukahara, Akihiro Kurimasa, Manabu Fukumoto, Yoshihiro Nishitani, Tomoaki Sato. (2017)
Biochem. Biophys. Res. Commun. 490: 330-335 DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.06.044
【SK1004-01】DAF-FM DAの参考文献情報を追加しました。
Kiwamu Hyodo, Kenji Hashimoto, Kazuyuki Kuchitsu, Nobuhiro Suzuki, Tetsuro Okuno (2017)
Proc. Natl. Acad. Sci. USA 114: E1282-E1290, DOI: 10.1073/pnas.1610212114
【GC801】ProteoGREEN™-gGluの参考文献情報を追加しました。
Ali Behrooz, Peter Waterman, Kristine O. Vasquez, Jeff Meganck, Jeffrey D. Peterson, Ilias Faqir, and Joshua Kempner (2017)
Optics Letters 42:2964-2967, DOI: 10.1364/OL.42.002964
2017.08.01
【SK3001-01】HPF、【SK3002-01】APFの参考文献情報を追加しました。
Gamma-irradiation produces active chlorine species (ACS) in physiological solutions: Secoisolariciresinol diglucoside (SDG) scavenges ACS - A novel mechanism of DNA radioprotection
Biochim Biophys Acta. 1860: 1884-97
【SK3002-01】APFの参考文献情報を追加しました。
Drought-induced activation and rehydration-induced inactivation of MPK6 in Arabidopsis
Biochem Biophys Res Commun. 426 :626-9.
【GC3007-01】HYDROPの参考文献を追加しました。
Selective and Reversible Approaches Toward Imaging Redox Signaling Using Small-Molecule Probes
Antioxid Redox Signal. 24:713-30
Recent advances in hydrogen peroxide imaging for biological applications
Cell Biosci. 4:64
【SK4001-01】TokyoGreen®-β Galの参考文献を追加しました。
Magnetically Guided Protein Transduction by Hybrid Nanogel Chaperones with Iron Oxide Nanoparticles
Angew. Chem., Int. Ed. 55: 11377-11381
【SK1002-01】DAF-2 DAの参考文献を追加しました。
Effect of Keishibukuryogan, a Japanese Traditional Kampo Prescription, on Improvement of Microcirculation and Oketsu and Induction of Endothelial Nitric Oxide: A Live Imaging Study
Evid Based Complement Alternat Med in press
2017.06.01
【A101-01】MARの参考文献情報を追加しました。
Using size-controlled multicellular spheroids of murine adenocarcinoma cells to efficiently establish pulmonary tumors in mice
Biotechnol. J. DOI: 10.1002/biot.201600513
2017.05.01
【SK4001-01】TokyoGreen™-β Galの参考文献情報を追加しました。
Mutational analysis of structural elements in a class-I cyclic di-GMP riboswitch to elucidate its regulatory mechanism
J Biochem 160: 153-162.
【GC901】FeRhoNox™-1の参考文献情報を追加しました。
Contrasting intra- and extracellular distribution of catalytic ferrous iron in ovalbumin-induced peritonitis
Biochem Biophys Res Commun. 476: 600-606
【SK1001-01】DAF-2の参考文献情報を追加しました。
Bioactive silicon nitride: A new therapeutic material for osteoarthropathy
Scientific Reports 7:44848
【GC3006-01】HySOxの参考文献情報を追加しました。
Fluorescent Probes for HOCl Imaging
Isr. J. Chem. 57: 1 - 9
Recent progress in the development of fluorescent probes for the detection of hypochlorous acid
Sensors and Actuators B 240:18-36
An All-Recombinant Protein-Based Culture System Specifically Identifies Hematopoietic Stem Cell Maintenance Factors
Stem Cell Reports 8:500-508
2017.04.03
【SK1006-01】DAR-4M AMの参考文献情報を追加しました。
Spontaneous Increases in the Fluorescence of 4,5-Diaminofluorescein and Its Analogs: Their Impact on the Fluorometry of Nitric Oxide Production in Endothelial Cells
Biological and Pharmaceutical Bulletin 35(9):1454-1459
【SK1003-01】DAF-FMの参考文献情報を追加しました。
DAF-FM (4-Amino-5-methylamino-2′,7′-difluorofluorescein) Diacetate Detects Impairment of Agonist-Stimulated Nitric Oxide Synthesis by Elevated Glucose in Human Vascular Endothelial Cells: Reversal by Vitamin C and l-Sepiapterin
J Pharmacol Exp Ther. 315(2):931-940.
【GC3006-01】HySOxの参考文献情報を追加しました。
Lactoferrin Suppresses Neutrophil Extracellular Traps Release in Inflammation
EBioMedicine. 2016 Aug; 10: 204-215.
【GC801】ProteoGREEN™-gGluの参考文献情報を追加しました。
Dynamic fluorescent imaging with the activatable probe, γ-glutamyl hydroxymethyl rhodamine green in the detection of peritoneal cancer metastases: Overcoming the problem of dilution when using a sprayable optical probe
Oncotarget. 7(32):51124-51137.
【GC7001-01】KP-1の参考文献情報を追加しました。
A Synthetic Hybrid Molecule for the Selective Removal of Human Pluripotent Stem Cells from Cell Mixtures
Angew.Chem. Int.Ed. 56 (7), 1765-1770
【A101-01】MARの参考文献情報を追加しました。
Identification of Targets of the HIF-1 Inhibitor IDF-11774 Using Alkyne-Conjugated Photoaffinity Probes
Bioconjugate Chem. 27 (8), 1911-1920
2017.03.01
【SK1003-01】DAF-FM の参考文献情報を追加しました。
Harnessing host ROS-generating machinery for the robust genome replication of a plant RNA virus
PNAS 2017 114(7):E1282-E1290
2017.02.01
【GC101】POLARIC™-500c6Fの参考文献情報を追加しました。
Application of POLARIC™ fluorophores in an in vivo tumor model.
Oncol Rep. 2013 30(4):1695-700.
【GC102】POLARIC™-500BCSの参考文献を追加しました。
Elongation pattern and fine structure of the sheaths formed by Thiothrix nivea and Thiothrix fructosivorans.
Int J Biol Macromol. 2016 pii: S0141-8130(16)31371-X.
【SK3001-01】HPFの参考文献を追加しました。
Hydrogen prevents corneal endothelial damage in phacoemulsification cataract surgery
Sci Rep. 2016; 6: 31190.
【GC901】FeRhoNox™-1の参考文献を追加しました。
Epalrestat Upregulates Heme Oxygenase-1, Superoxide Dismutase, and Catalase in Cells of the Nervous System.
Biol Pharm Bull. 2016 39(9):1523-30.
【SK2002-01】ZnAF-2DAの参考文献を追加しました。
Cellular zinc is required for intestinal epithelial barrier maintenance via the regulation of claudin-3 and occludin expression.
Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 2016 311(1):G105-16.
【GC801】ProteoGREEN™-gGluの参考文献を追加しました。
Fluorescent imaging of superficial head and neck squamous cell carcinoma using a γ-glutamyltranspeptidase-activated targeting agent: a pilot study
BMC Cancer. 2016, 16, 411.
2016.12.01
【GC3006-01】HySOxの参考文献情報を追加しました。
Pre-Transplantation Blockade of TNF-α-Mediated Oxygen Species Accumulation Protects Hematopoietic Stem Cells, Stem Cells. 2016 Oct 18. doi:10.1002/stem.2524.
2016.10.03
【A101-01】低酸素応答性蛍光試薬MARを用いた論文が発表されました。
2016.04.28
ライソソームをオレンジ色に染めることが出来るpH蛍光プローブ、AcidiFluor™ ORANGEを用いた論文が発表されました。
2016.02.01
【GC901】FeRhoNox™-1の参考文献情報を追加しました。
2015.12.01
AcidiFluor™ SeriesKyoto Probe 1(KP-1)の参考文献情報を追加しました。
2015.09.01
【GC801】ProteoGREEN™-gGlu(乳がんへの適用事例)と【小型蛍光イメージング装置】DISCOVERYの参考文献情報を追加しました。
2015.08.03
【GC302】 AcidiFluorORANGE-NHSの参考文献情報を追加しました。
2015.06.01
Diaminofluorescein-2(DAF-2)の参考文献情報を追加致しました。
Diaminofluorescein-2 diacetate(DAF-2 DA)の参考文献情報を追加致しました。
Diaminofluorescein-FM (DAF-FM)の参考文献情報を追加致しました。
Diaminofluorescein-FM diacetate (DAF-FM DA)の参考文献情報を追加致しました。
Diaminorhodamine-4M (DAR-4M)の参考文献情報を追加致しました。
Diaminorhodamine-4M acetoxymethyl ester (DAR-4M AM)の参考文献情報を追加致しました。
ZnAF-2 / ZnAF-2 DAの参考文献情報を追加致しました。
Hydroxyphenyl Fluorescein(HPF) / Aminophenyl Fluorescein(APF)の参考文献情報を追加致しました。
TokyoGreen®-βGalの参考文献情報を追加致しました。
TokyoGreen®-βGluの参考文献情報を追加致しました。
TokyoGreen®-βGlcU(Na)の参考文献情報を追加致しました。
2015.05.01
AcidiFluorORANGEを使った論文(生体内2光子顕微鏡を使った骨表面のpH変化をAcidiFluorORANGEにて観察。)が報告されました。 Bone. 2015 May;74:134-9., 「Intravital bone imaging by two-photon excitation microscopy to identify osteocytic osteolysis in vivo.」
2015.03.05
AcidiFluor™ ORANGE seriesの参考文献情報を追加致しました。
CalFluor™ seriesの参考文献情報を追加致しました。
FeRhonox™-1 seriesの参考文献情報を追加致しました。
POLARIC™-500c6Fの参考文献情報を追加致しました。
2015.01.28
鉄(II)イオン蛍光プローブ FeRhonox-1を用いた論文が報告されました。
「Hydroxyl radicals cause fluctuation in intracellular ferrous ion levels upon light exposure during photoreceptor cell death」
2014.10.21
POLARIC™を用いた論文が報告されました。apoA-Iの脂質の疎水性変化に基づいたHDLフォーメーションに依存したABCA1の直接検出に成功しました。
2014.09.01
AcidiFluor™ORANGE seriesを用いた論文が報告されました。

AcidiFluor系の蛍光プローブ(hRhP-M)を利用した受容体標的スクリーニング系を開発されました。
ACS Chem Biol. 2014 Aug 20. [Epub ahead of print]

要約:種々のがんにおいてHER2など様々な成長因子受容体の過剰発現が認められ、これらの過剰発現により病態が悪性化することが知られています。
これらのがんに対する治療戦略の1つとして当該受容体の分解等によりその機能を抑えることが有望です。
本論文では開発したスクリーニング系を用いて15万超の低分子化合物をアッセイすることにより、HER2の細胞内取り込みおよび分解を促進する化合物を発見しました。
開発したスクリーニング系はHER2のみならずその他の病態関連受容体に対しても応用可能であると考えられます。

AcidiFluor系の蛍光プローブ(RhP-M)を用いてF0F1-ATP synthaseの活性測定に成功しました。

AcidiFluor系の蛍光プローブ(hRhP-M)を利用した受容体標的スクリーニング系を開発されました。
Nat Commun. 2014 Jul 24;5:4519. doi: 10.1038/ncomms5519.