2017.05.01
日本ケミカルバイオロジー学会第12回年会(6月7日〜9日、北海道大学クラーク会館)に出展致します。
第69回日本細胞生物学会大会(6月13日〜15日、仙台国際センター)に出展致します。
β-ガラクトシダーゼ検出用緑色蛍光プローブ】GlycoGREEN™-βGalを5月1日より販売開始いたします。
【SK4001-01】TokyoGreen™-β Galの参考文献情報を追加しました。
Mutational analysis of structural elements in a class-I cyclic di-GMP riboswitch to elucidate its regulatory mechanism
J Biochem 160: 153-162.
【GC901】FeRhoNox™-1の参考文献情報を追加しました。
Contrasting intra- and extracellular distribution of catalytic ferrous iron in ovalbumin-induced peritonitis
Biochem Biophys Res Commun. 476: 600-606
【SK1001-01】DAF-2の参考文献情報を追加しました。
Bioactive silicon nitride: A new therapeutic material for osteoarthropathy
Scientific Reports 7:44848
【GC3006-01】HySOxの参考文献情報を追加しました。
Fluorescent Probes for HOCl Imaging
Isr. J. Chem. 57: 1 - 9
Recent progress in the development of fluorescent probes for the detection of hypochlorous acid
Sensors and Actuators B 240:18-36
An All-Recombinant Protein-Based Culture System Specifically Identifies Hematopoietic Stem Cell Maintenance Factors
Stem Cell Reports 8:500-508
2017.04.17
ゴールデンウィーク期間中の商品出荷は、下記の通りご案内致します。
お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
〜4月26日(水) 出荷
 4月27日(木)〜5月7日(日)出荷停止
 5月8日(月) 〜出荷再開

尚、mailおよびFaxでのご注文は随時承っておりますのでご連絡ください。
(期間中ご注文頂きました商品は、5月8日(月)から順次発送致します。)
2017.04.03
【hROS 検出用オレンジ色蛍光プローブ】OxiORANGEを4月1日より販売開始いたします。
【細胞内活性酸素種(ROS)検出用蛍光試薬】HYDROPのアプリケーションノートを追加致しました。
【SK1006-01】DAR-4M AMの参考文献情報を追加しました。
Spontaneous Increases in the Fluorescence of 4,5-Diaminofluorescein and Its Analogs: Their Impact on the Fluorometry of Nitric Oxide Production in Endothelial Cells
Biological and Pharmaceutical Bulletin 35(9):1454-1459
【SK1003-01】DAF-FMの参考文献情報を追加しました。
DAF-FM (4-Amino-5-methylamino-2′,7′-difluorofluorescein) Diacetate Detects Impairment of Agonist-Stimulated Nitric Oxide Synthesis by Elevated Glucose in Human Vascular Endothelial Cells: Reversal by Vitamin C and l-Sepiapterin
J Pharmacol Exp Ther. 315(2):931-940.
【GC3006-01】HySOxの参考文献情報を追加しました。
Lactoferrin Suppresses Neutrophil Extracellular Traps Release in Inflammation
EBioMedicine. 2016 Aug; 10: 204-215.
【GC801】ProteoGREEN™-gGluの参考文献情報を追加しました。
Dynamic fluorescent imaging with the activatable probe, γ-glutamyl hydroxymethyl rhodamine green in the detection of peritoneal cancer metastases: Overcoming the problem of dilution when using a sprayable optical probe
Oncotarget. 7(32):51124-51137.
【GC7001-01】KP-1の参考文献情報を追加しました。

A Synthetic Hybrid Molecule for the Selective Removal of Human Pluripotent Stem Cells from Cell Mixtures
Angew.Chem. Int.Ed. 56 (7), 1765-1770
【A101-01】MARの参考文献情報を追加しました。
Identification of Targets of the HIF-1 Inhibitor IDF-11774 Using Alkyne-Conjugated Photoaffinity Probes
Bioconjugate Chem. 27 (8), 1911-1920
2017.03.13
平成29年3月13日付けにて減資を実施致しましたのでお知らせいたします。

 減資額      705,500,000円
 減資後資本金   100,000,000円
 効力発生日    平成29年3月13日

なお、本件に伴う当社の業績への影響はありません。
2017.03.01
【銅 (I) イオン検出用蛍光プローブ 】CopperGREENを3月1日より販売開始いたします。
会社概要更新いたしました。
【SK1003-01】DAF-FM の参考文献情報を追加しました。
Harnessing host ROS-generating machinery for the robust genome replication of a plant RNA virus
PNAS 2017 114(7):E1282-E1290
2017.02.01
【GC101】POLARIC™-500c6Fの参考文献情報を追加しました。
Application of POLARIC™ fluorophores in an in vivo tumor model.
Oncol Rep. 2013 30(4):1695-700.
【GC102】POLARIC™-500BCSの参考文献を追加しました。
Elongation pattern and fine structure of the sheaths formed by Thiothrix nivea and Thiothrix fructosivorans.
Int J Biol Macromol. 2016 pii: S0141-8130(16)31371-X.
【SK3001-01】HPFの参考文献を追加しました。
Hydrogen prevents corneal endothelial damage in phacoemulsification cataract surgery
Sci Rep. 2016; 6: 31190.
【GC901】FeRhoNox™-1の参考文献を追加しました。
Epalrestat Upregulates Heme Oxygenase-1, Superoxide Dismutase, and Catalase in Cells of the Nervous System.
Biol Pharm Bull. 2016 39(9):1523-30.
【SK2002-01】ZnAF-2DAの参考文献を追加しました。
Cellular zinc is required for intestinal epithelial barrier maintenance via the regulation of claudin-3 and occludin expression.
Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 2016 311(1):G105-16.
【GC801】ProteoGREEN™-gGluの参考文献を追加しました。
Fluorescent imaging of superficial head and neck squamous cell carcinoma using a γ-glutamyltranspeptidase-activated targeting agent: a pilot study
BMC Cancer. 2016, 16, 411.
2017.01.25
決算公告 第6期(2016年3月期)
2017.01.23
本社を移転いたしました。
新住所:〒060-0008
    札幌市中央区北8条西18丁目35番地100 エアリービル5階
新電話番号:011-624-5860
※FAX番号は変更ございません(011-351-1822)。
今後ともご愛顧の程どうぞよろしくお願いいたします。
2017.01.05
3製品購入で必ずもらえる!なまら光ります。キャンペーンを実施致します。
期間:2017年1月から3月末まで
2016.12.20
年末年始の出荷について
年末年始の商品出荷は、下記の通りご案内致します。
お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
〜12月26日(月) 出荷
 12月27日(火)〜1月4日(水)出荷停止
 1月5日(木)〜 出荷開始

尚、mailおよびFaxでのご注文は随時承っておりますのでご連絡ください。
(年末年始休業中のご注文に関しては、1月5日(木)から順次発送致します。)
2016.12.01
1月28日にがん研蛍光イメージガイド下手術ワークショップ(がん研有明病院医療機器開発研究センター)に出展致します。
【細胞内活性酸素種(ROS)検出用蛍光試薬】HYDROPを12月1日より販売開始いたします。
【GC3006-01】HySOxの参考文献情報を追加しました。
Pre-Transplantation Blockade of TNF-α-Mediated Oxygen Species Accumulation Protects Hematopoietic Stem Cells, Stem Cells. 2016 Oct 18. doi:10.1002/stem.2524.
2016.11.09
浜松ホトニクス株式会社から資本参加を受け、がん組織のみを光らせる「乳がん術中迅速診断機器」の共同開発を加速。
2016.11.01
11月11日にIn vivo イメージングフォーラム2016(コクヨホール(品川)、住商ファーマインターナショナル(株)様主催)に出展致します。
12月3日〜7日に2016 ascb(the American Society for Cell Biology) annual meetingに出展致します。
We are going to exhibit at the 2016 ascb(the American Society for Cell Biology) annual meeting Dec. 3-7 San Francisco, California.
会社概要更新致しました。10月26日付けで新取締役として大矢毅一郎が就任致しました。
【五稜化薬(株)オリジナル蛍光色素シリーズ】STELLA Fluor™ Seriesの情報を更新しました。
2016.10.19
第39回日本分子生物学会年会(11月30日〜12月2日、パシフィコ横浜)に出展致します。また、ランチョンセミナーを共催します。
日時:11月30日 11:55-12:45 第5会場(会議棟3F 303)
司会:丸山健一 五稜化薬株式会社代表取締役
「オリジナルケミカルプローブの開発による最新蛍光ライブイメージング」
演者:浦野泰照 東京大学大学院薬学系研究科 教授、東京大学大学院医学系研究科 教授(兼務)
2016.10.03
【ガラクトシターゼ検出蛍光試薬】GlycoYELLOW™-βGalのアプリケーションノートを追加致しました。
第18回SNNS研究会学術集会(11月11・12日、品川シーズンテラスカンファレンス)に出展致します。
11月12日〜16日にNeuroscience 2016に出展致します。
We are going to exhibit at the Neuroscience 2016 Nov. 12-16 San Diego.
第7回スクリーニング学研究会(11月25日、タワーホール船堀)に出展致します。
第39回日本分子生物学会年会(11月30日〜12月2日、パシフィコ横浜)に出展致します。
【A101-01】低酸素応答性蛍光試薬MARを用いた論文が発表されました。
2016.09.30
第三者割当増資を実施いたしました。
2016.09.13
第75回日本癌学会学術総会(10月6日〜8日、パシフィコ横浜)に出展致します。
また、ランチョンセミナーを共催します。
日時:10月8日 11:50-12:40 第15会場
司会:丸山健一 五稜化薬株式会社代表取締役
「新規化学蛍光プローブによるがん細胞・Redox環境ライブイメージング」
演者:浦野泰照 東京大学大学院薬学系研究科 教授、東京大学大学院医学系研究科
教授(兼務)
2016.09.01
9月18日〜22日にワイオミングで開催されるImaging in 2020カンファレンスのスポンサーになりました。
We are the sponsor for upcoming Imaging in 2020 Sep. 18-22 Wyoming.
第75回日本癌学会学術総会(10月6日〜8日、パシフィコ横浜)に出展致します。
また、ランチョンセミナーを共催します。
9月14日〜16日にベセスダ(アメリカ、メリーランド州)で開催されるNIH Research Festivalに出展致します。
ブース番号は515です。
We are going to exhibit at the NIH Research Festival Sep. 14-16 Bethesda, Maryland.
Booth No. is 515.
株式会社和科盛商会と、以下の地域において、INDEC社製イメージャー販売の総代理店契約をいたしました。
「青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県、新潟県、富山県、石川県、長野県、山梨県、静岡県、群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、千葉県、神奈川県、東京都」
会社概要更新致しました。9月1日付けで新取締役として江口耕三が就任致しました。
2016.08.08
当社プレゼンテーションが、WMIC2016学会のHighlight Lectureに選出。おめでとう、Raj!

9月にニューヨークで行われるWMIC2016学会(World Molecular Imaging Congress)に当社、Raj Singh ph,D. (Vice President Product and Application Development)が発表予定のプレゼンテーション(演題:Fluorescent in vivo Imaging with Far Red Xanthene Dyes Using Portable Instrumentation)が、学会のHighlight Lectureに選出されました。

おめでとうRaj!. Congrats, Raj!

当社プレゼンテーションが、WMIC2016学会のHighlight Lectureに選出。おめでとう、Raj!

2016.08.01
【活性酸素(ROS)検出用蛍光試薬】HySOxを8月1日より販売開始いたします。
9月7日〜10日に2016 World Molecular Imaging Congressに出展致します。
We are going to exhibit at the 2016 World Molecular Imaging Congress Sep. 7-10 New York.
お盆期間中の出荷・発送について
お盆連休期間中の商品出荷は、下記の通りご案内致します。お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

〜8月9日(火) 出荷
 8月10日(水)〜16日(火)出荷停止
 8月17日(水)〜 出荷開始

尚、mailおよびFaxでのご注文は随時承っておりますのでご連絡ください。
(お盆期間中のご注文に関しては、17日(水)から順次発送致します。)
2016.07.01
ライブセル用超解像イメージングプローブ、HMSiR-Halo (A201-01, AA201-02)ならびに、STELLA Fluor Seriesが、実験医学別冊 最強のステップUPシリーズ 初めてでもできる!超解像イメージングに掲載されました。
五稜化薬(株)は、第39回日本神経科学大会シンポジウム S2-C-2 超高解像イメージングのフロンティア(座長:岡田 康志(理化学研究所 生命システム研究センター)、上田 泰己(東京大学医学系研究科/理化学研究所 生命システム研究センター))に協賛致します。奮って御参加ください。
第69回日本酸化ストレス学会学術集会(8月30日・31日、仙台国際センター会議棟)に出展致します。
会社概要を更新いたしました。
2016.06.01
第39回日本神経科学大会(7月20日〜22日、パシフィコ横浜)に出展致します。
【β−ガラクトシダーゼ蛍光検出基質】TokyoGreen®-βGalのアプリケーションノートを追加致しました。
2016.04.28
日本ケミカルバイオロジー学会 第11回年会(6月15日〜17日、京都テルサ)11th Annual Meeting of Japanese Society for Chemical Biologyに出展致します。
第11回日本分子イメージング学会(5月28日・29日、神戸)に出展致します。
ライソソームをオレンジ色に染めることが出来るpH蛍光プローブ、AcidiFluor™ ORANGEを用いた論文が発表されました。
2016.04.01
企業概要を更新致しました。
2016.03.01
4月16日〜20日にAACR(American Association for Cancer Research) Annual Meeting 2016に出展致します。
We are going to exhibit at the AACR Annual Meeting 2016 Apr. 16-20 New Orleans, Louisiana.
2016.02.01
弊社ウェブサイトに記載されておりましたHaloFluor™ Seriesの製品価格情報を変更致しました。
容量・製品そのものに変更はございません。
日本農芸化学会2016年度大会(3月27日〜30日、札幌)に出展致します。
International Conference on Nanoscopy, ICON Europe 2016 (Jun. 7-10, Basel Switzerland)に出展致します。
【GC901】FeRhoNox™-1の参考文献情報を追加しました。
2016.01.04
受託合成キャンペーンを実施致します。
期間:2016年2月末まで
2015.12.01
【超解像ライブイメージング用蛍光試薬】HMSiRを1月より販売いたします。
【超解像イメージング用蛍光試薬】HMSiRのアプリケーションノートを追加いたしました。
AcidiFlour™ seriesのチラシをリニューアルしました。
小型蛍光イメージング装置カタログを発刊致しました。
ご希望の方は申込みフォームよりダウンロードお願い致します。
論文掲載キャンペーン(製品プレゼントつき)を実施致します。
応募期間:2015年12月〜2016年3月まで
弊社総合カタログ、ウェブサイトに記載され ておりましたAcidiFluor™ ORANGE-Zymosan Aの 容量情報を以下の通り変更いたしました。
〇対象製品
 型番GC305 AcidiFluor™ ORANGE-Zymosan A
〇変更内容
 変更前 1mg×3 変更後 1mg
〇備考
 製品そのものに変更はありません。
AcidiFluor™ SeriesKyoto Probe 1(KP-1)の参考文献情報を追加しました。
2015.11.02
in vivo用小型蛍光イメージング装置】 FluorVivo™Mag、 FluorVivo™100 / 300、 FluorVivo Pathfinder™新発売!
9月18日に米国支店(Santa Clara, CA 95054 US)を開設致しました。
2015.10.01
特別キャンペーン中!HaloTag® Ligandが20〜30%OFF!期間:9月28日〜12月20日
in vivo用小型蛍光イメージング装置】ClearView™新発売!
12月12日〜16日に2015 ascb(the American Society for Cell Biology) annual meetingに出展致します。
We are going to exhibit at the 2015 ascb(the American Society for Cell Biology) annual meeting Dec. 12-16 San Diego, California.
2015.09.01
GC305 AcidiFluor™ ORANGE-Zymosan A、GC308、GC3081のアプリケーションノートを追加いたしました。
【超解像イメージング用蛍光試薬】HMSiRの情報を更新しました。
9月17、18日にIn vivo イメージングフォーラム2015(コクヨホール(品川)、住商ファーマインターナショナル(株)様主催)に出展致します。
11月27日(金)に第6回スクリーニング学研究会(大宮ソニックシティ)に出展致します。
【GC801】ProteoGREEN™-gGlu(乳がんへの適用事例)と【小型蛍光イメージング装置】DISCOVERYの参考文献情報を追加しました。
2015.08.03
遂に出た!プロメガ社と同時共同発売。HaloFluor™ Series.8月1日より日本先行発売! HaloTag® AcidiFluorORANGE™ Ligandから。
低酸素検出蛍光プローブMARを8月1日より販売致しました。
FAQに製品納期一覧表、掲載致しました。
お盆期間中の出荷・発送について
お盆連休期間中の商品出荷は、下記の通りご案内致します。お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

〜8月10日(月) 出荷
 8月11日(火)〜14日(金)出荷停止
 8月17日(月)〜 出荷開始

尚、mailおよびFaxでのご注文は随時承っておりますのでご連絡ください。
(お盆期間中のご注文に関しては、17日(月)から順次発送致します。)
9月2日〜5日にWorld Molecular Imaging Congress 2015(Honolulu)に出展致します。
GORYO CHEMICAL, INC. will exhibit at World Molecular Imaging Congress 2015.September 2nd-5th. Honolulu, Hawaii.
【GC302】 AcidiFluorORANGE-NHSの参考文献情報を追加しました。
2015.07.01
社名変更と東京支社開設につきまして。
小型イメージング装置Discoveryを7月1日より販売いたします。
低酸素検出蛍光プローブMARを8月1日より販売いたします。
超解像イメージング用蛍光プローブHMSiRシリーズを今秋発売致します。
弊社総合カタログ、ウェブサイトに記載され ておりましたAcidiFluor™ ORANGE-Transferrinの 容量情報を以下の通り変更いたしました。
〇対象製品
 型番GC309 AcidiFluor™ ORANGE-Transferrin
〇変更内容
 変更前 1mg×3 変更後 1mg×1
〇備考
 製品そのものに変更はありません。
2015.06.02
日本ケミカルバイオロジー学会 第10回年会に広告を出稿しました。
2015.06.01
iPS、ES細胞の分化・未分化細胞を識別できる蛍光プローブ「KP-1(KyotoProbe-1)」発売開始いたしました。
五稜化薬株式会社は、INDEC Systems, Inc.(USA) の蛍光イメージャー(DISCOVERY)の日本における独占販売契約を締結致しました。この件に関するお問い合わせは:info@polaris-t.comへお願い致します。
Diaminofluorescein-2(DAF-2)の参考文献情報を追加致しました。
Diaminofluorescein-2 diacetate(DAF-2 DA)の参考文献情報を追加致しました。
Diaminofluorescein-FM (DAF-FM)の参考文献情報を追加致しました。
Diaminofluorescein-FM diacetate (DAF-FM DA)の参考文献情報を追加致しました。
Diaminorhodamine-4M (DAR-4M)の参考文献情報を追加致しました。
Diaminorhodamine-4M acetoxymethyl ester (DAR-4M AM)の参考文献情報を追加致しました。
ZnAF-2 / ZnAF-2 DAの参考文献情報を追加致しました。
Hydroxyphenyl Fluorescein(HPF) / Aminophenyl Fluorescein(APF)の参考文献情報を追加致しました。
TokyoGreen®-βGalの参考文献情報を追加致しました。
TokyoGreen®-βGluの参考文献情報を追加致しました。
TokyoGreen®-βGlcU(Na)の参考文献情報を追加致しました。
2015.05.01
iPS、ES細胞の分化・未分化細胞を識別できる蛍光プローブ、KP-1(Kyoto Probe-1)を6月1日より販売致します。(PDFファイル 678KB)
ICG(インドシアニングリーン)蛍光試薬のキャンペーンを実施します。
5月1日から7月31日まで。
日本分子イメージング学会第10回学会総会・学術集会に出展致します。
AcidiFluorORANGEを使った論文(生体内2光子顕微鏡を使った骨表面のpH変化をAcidiFluorORANGEにて観察。)が報告されました。 Bone. 2015 May;74:134-9., 「Intravital bone imaging by two-photon excitation microscopy to identify osteocytic osteolysis in vivo.」
2015.04.10
【シリーズ B】第三者割当増資を実施しました。がん蛍光診断薬事業への展開を加速させます。
2015.04.01
DAF-2ほか東京大学薬品代謝化学教室発 イメージング試薬の製造・販売開始のお知らせ。
日本分子イメージング学会 第10回学会総会・学術集会に出展致します。皆様のご来場お待ちしております。
日本分子イメージング学会 第10回学会総会・学術集会ポスター
実験医学増刊 Vol.33 No.5 『がん微小環境と標的治療〜がん幹細胞ニッチ、間質、血管・リンパ管新生の理解に基づく21世紀の新たながん治療〜』に広告を掲載いたしました。
Medical Science Digest 2015年2月号に広告を掲載いたしました。
2015.03.05
【販売予告】PALM(Photoactivated localization microscopy)用超解像蛍光プローブを4月から販売致します。
【販売予告】各種プロテアーゼのための蛍光性酵素基質、ProteoGREEN™-peptidesを4月から販売致します。
総合カタログを発刊致しました。ご希望の方は申込みフォームよりダウンロードお願い致します。
AcidiFluor™ ORANGE seriesの参考文献情報を追加致しました。
CalFluor™ seriesの参考文献情報を追加致しました。
FeRhonox™-1 seriesの参考文献情報を追加致しました。
POLARIC™-500c6Fの参考文献情報を追加致しました。
2015.02.10
癌細胞イメージング蛍光プローブProteoGREEN(tm)-gGluの検出イメージを動画にまとめました。
日本ケミカルバイオロジー学会 第10回年会(2015年6月10日〜12日、東北大学川内キャンパス)10th Annual Meeting of Japanese Society for Chemical Biologyに出展致します。皆様のご来場お待ちしております。
IM118 ICGラベル化キットの情報を更新しました。
2015.01.28
鉄(II)イオン蛍光プローブ FeRhonox-1を用いた論文が報告されました。
「Hydroxyl radicals cause fluctuation in intracellular ferrous ion levels upon light exposure during photoreceptor cell death」
2015.01.22
「細胞機能と分子活性の多次元蛍光生体イメージング」国際シンポジウム (2015年1月26〜28日・京都)に出展致します。
2014.11.17
「細胞機能と分子活性の多次元蛍光生体イメージング」国際シンポジウム (2015年1月26〜28日・京都)に出展致します。
12月1日より25%OFFキャンペーンを実施致します。
2014.10.29
アプリケーションノートに「POLARIC™標識したapoA-Iを用いたHDL形成測定法の開発」を掲載しました。
2014.10.24
製品・サービスページをリニューアルしました。
左側メニューの各Series名をクリックすると、右上に「一覧」ボタンが表示されるようになりました。
各Seriesの製品一覧をご覧になりたい方は「一覧」ボタンをクリックしてください。
2014.10.21
POLARIC™を用いた論文が報告されました。apoA-Iの脂質の疎水性変化に基づいたHDLフォーメーションに依存したABCA1の直接検出に成功しました。
GlycoYELLOW™-βGalの老化細胞のアプリケーションデータ(動画)を追加しました。
2014.10.07
第52回生物物理学会にてランチョンセミナーを行いました。
第87回日本生化学会に出展致します。皆様のご来場、お待ちしております。
第9会IVISユーザー会 in vivo imagingフォーラムに出展致します。
FeRhoNox™-1のデータを追加致しました。
GlycoYELLOW™-βGalを用いた老化細胞イメージングのアプリケーション事例を追加致しました。
ご好評につき、FeRhoNox™-1のチラシを改訂いたしました。
2014.09.15
癌細胞イメージング蛍光プローブ「ProteoGREEN™-gGlu」新発売
2014.09.01
鉄(U)イオン検出用プローブ「FeRhoNox™-1」新発売
高反応性活性酸素検出用プローブ「MitoAR/HR」発売予定
β-グルクロニダーゼ検出用プローブ「GlycoYELLOW™-GlcU」新発売
エステラーゼ検出用プローブ「EsterYELLOW™-Ac」新発売
水溶性カルシウム検出用プローブ「CaTM-2™ potassium salt」新発売
水溶性カルシウム検出用プローブ「CaSiR-1™ potassium salt」新発売
Intrace medical, Inc.の近赤外蛍光色素ならびに発光試薬の取扱いを始めました。
AcidiFluor™ORANGE seriesを用いた論文が報告されました。

AcidiFluor系の蛍光プローブ(hRhP-M)を利用した受容体標的スクリーニング系を開発されました。
ACS Chem Biol. 2014 Aug 20. [Epub ahead of print]

要約:種々のがんにおいてHER2など様々な成長因子受容体の過剰発現が認められ、これらの過剰発現により病態が悪性化することが知られています。
これらのがんに対する治療戦略の1つとして当該受容体の分解等によりその機能を抑えることが有望です。
本論文では開発したスクリーニング系を用いて15万超の低分子化合物をアッセイすることにより、HER2の細胞内取り込みおよび分解を促進する化合物を発見しました。
開発したスクリーニング系はHER2のみならずその他の病態関連受容体に対しても応用可能であると考えられます。

AcidiFluor系の蛍光プローブ(RhP-M)を用いてF0F1-ATP synthaseの活性測定に成功しました。

AcidiFluor系の蛍光プローブ(hRhP-M)を利用した受容体標的スクリーニング系を開発されました。
Nat Commun. 2014 Jul 24;5:4519. doi: 10.1038/ncomms5519.

FeRhoNox™-1を使った研究事例が発表されました。

岐阜薬科大学薬化学研究室 平山祐先生により「細胞内における鉄(II)イオンを可視化する蛍光プローブ分子の開発」のタイトルで発表されました。

http://jbis.sub.jp/fe/02-61/176.html

2014.07.01
日本ケミカルバイオロジー学会 第9回年会に出展しました。
2014.03.13
国際フリーラジカル学会(3月23日-26日 京都)に出展致します。
2014.01.06
新年のご挨拶

拝啓
〜謹賀新年〜

昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年も社員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

敬具

五稜化学株式会社
社員一同

「AcidiFluor™ ORANGE-Dextran 10k 」新発売
2013.12.12
βガラクトシダーゼ検出プローブ「GlycoYELLOW™-βGal 」新発売
AcidiFluor™ ORANGE-Zymosan A 新発売
ニコンイメージングセンター・ナノテクノロジープラットフォーム学術講演会ご来場の御礼

2013年11月18日 北海道大学電子科学研究所 研究支援部 ニコンイメージングセンター主催のニコンイメージングセンター・ナノテクノロジープラットフォーム学術講演会にて、弊社代表取締役丸山健一が発表いたしました。皆様のご来場誠にありがとうございました。

ニコンイメージングセンター・ナノテクノロジープラットフォーム学術講演会

2013.11.01
アプリケーションノートにAcidiFluor™ ORANGE-NHSの実験例を掲載しました。
βガラクトシダーゼ検出プローブ「HMDER-βGal」近日発売予定

レポーター遺伝子であるLacZの発現を検出できます。
生細胞中で使用でき、S/N比が高いプローブです。

AcidiFluor™ ORANGE-Zymosan A 近日発売予定

食細胞のファゴサイトーシス検出に。
S/N比が高く、小胞の酸性化を感度良く検出できます。
実験例はこちら。

AcidiFluor™ ORANGE-ビーズ 近日発売予定

粒子径1μmの、ファゴサイトーシス検出用ビーズです。
S/N比が高く、小胞の酸性化を感度良く検出できます。

2013.10.01
タンパク質、核酸標識用pH プローブラベリングキット AcidiFluor™ ORANGE LabelingKit 新発売
第2回蛍光バイオイメージング・ミニシンポジウムご来場の御礼

2013年9月20日 北海道大学電子科学研究所 研究支援部 ニコンイメージングセンター主催の第2回蛍光バイオイメージング・ミニシンポジウムにて、「分子構造の改変に基づくマルチカラー蛍光プローブの製品事例」と題し、弊社製品開発部が発表いたしました。皆様のご来場誠にありがとうございました。

第2回蛍光バイオイメージング・ミニシンポジウム

2013.08.26
第86回日本生化学会大会ブース展示のお知らせ。

第86回日本生化学会大会

2013年9月11(水)〜13日(金)にパシフィコ横浜にて開催の第86回日本生化学会大会にブース出展致します。
場所:パシフィコ横浜 展示ホールB ブースNo. 83

タンパク質、核酸標識用pHプローブ AcidiFluor™ ORANGE-NHS 新発売
CaTM-2™ AMカルシウムアッセイキット 新発売
CaSiR-1™ AMカルシウムアッセイキット 新発売
タンパク質、核酸標識用POLARIC™ラベリングキット 新発売
2013.08.01
夏季休業期間のお知らせ

8月12日〜15日は夏季休業とさせていただきます。
期間中お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

尚、HPへのお問い合わせに関しましては受け付けておりますが、ご回答は8月16日(金)以降に順次対応させて頂きます。

タンパク質、核酸標識用pHプローブ AcidiFluor™ ORANGE-NHS 近日発売予定

タンパク質や核酸に標識可能なAcidiFluor™ ORANGE-NHS体を発売予定です。混ぜるだけでアミノ基との反応が進行し、操作も容易です。

CaTM-2™ AMカルシウムアッセイキット 近日発売予定

CaTM-2™ AM、界面活性剤、陰イオントランスポーター阻害剤、専用バッファーがセットになった、Washタイプのキットを発売予定です。

<CaTM-2™ AMは、励起波長が597nm、蛍光波長が609nmのカルシウムプローブです。>

CaSiR-1™ AMカルシウムアッセイキット 近日発売予定

CaSiR-1™ AM、界面活性剤、陰イオントランスポーター阻害剤、専用バッファーがセットになった、Washタイプのキットを発売予定です。

<CaSiR-1™ AMは、励起波長が650nm、蛍光波長が664nmのカルシウムプローブです。>

タンパク質、核酸標識用POLARIC™ラベリングキット 近日発売予定

ソルバトクロミック色素、POLARIC-NHS体のキットを発売予定です。混ぜるだけでアミノ基との反応が進行します。精製用遠心ろ過デバイスも付属しており操作も容易です。

2013.07.01
イメージングブートキャンプ2013ご参加の御礼

イメージングブートキャンプ2013

2013年6月10日〜14日に北海道大学大学院医学研究科 生理学講座 細胞生理学分野主催、イメージングブートキャンプ2013にご参加頂いた皆様、誠にありがとうございました。

2013.05.31
赤色蛍光カルシウムプローブ CaTM-2™、CaTM-2™ AM 新発売。
2013.05.01
ゴールデンウィーク期間中は、暦通り営業させていただきます。
4月30日、5月1日、2日は通常通り営業しております。
2013.04.01
日本薬学会第133回年会の御礼

日本薬学会第133回年会

2013年3月27日〜30日に横浜にて開催された日本薬学会第133回年会に、ブース展示いたしました(パシフィコ横浜)。ブースにお立ち寄り頂いた皆様、誠にありがとうございました。

タカラバイオ技術セミナーご参加の御礼

2013年3月27日開催された、タカラバイオ社主催タカラバイオ技術セミナーにて、「ライブセルイメージングにおける蛍光プローブの選択法」と題し、セミナーを行いました。ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

2013.03.25
赤色蛍光カルシウムプローブ CaTM-2™、CaTM-2™ AM 近日発売予定
2013.03.01
メールニュース配信についてのお知らせ

五稜化薬では、新製品やキャンペーン、展示会情報などを優先的にお届けする、メールニュース配信を開始いたしました。

ご興味のある方はトップページのバナーまたはこちらよりご登録をお願い致します。

2013.01.29
近赤外蛍光カルシウムプローブ CaSiR-1™、CaSiR-1™ AM 新発売
2013.01.15
新年のご挨拶

拝啓

新年、明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり、社員一同心よりお礼申し上げます。
本年も、更なるサービスの向上に努めて参りますので、より一層のご支援、お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご検討とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせて頂きます。

敬具

五稜化学株式会社
代表取締役 丸山健一

2012.12.31
年末年始営業日のお知らせ

2012年12月29日〜2013年1月3日まで年末年始休業とさせていただきます。

期間中お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。
尚、HPへのお問い合わせに関しましては受け付けておりますが、ご回答は2013年1月4日(金)以降に順次対応させて頂きます。

酸性オルガネライメージング用pHプローブ AcidiFluor™ ORANGE 新発売

酸性条件下で蛍光が増強する、細胞内酸性オルガネライメージング用pHプローブ、AcidiFluor ORANGEを発売いたします。

第35回日本分子生物学会年会の御礼

第35回日本分子生物学会年会

2012年12月11日〜14日に福岡にて開催された第35回日本分子生物学会年会に、ブース展示いたしました(マリンメッセ福岡)。ブースにお立ち寄り頂いた皆様、誠にありがとうございました。

第85回日本生化学会年会の御礼

第85回日本生化学会年会

2012年12月14日〜15日に福岡にて開催された第85回日本生化学会年会に、ブース展示いたしました(マリンメッセ福岡)。ブースにお立ち寄り頂いた皆様、誠にありがとうございました。

2012.09.28
BIO-EUROPE 2012(ドイツ)ブース出展のお知らせ

BIO-EUROPE 2012

2012年11月12日〜14日にHumburg (GERMANY)で行われるBIO-EUROPE 2012のJAPANブース(Booth number 50)に出展致します。

2012.09.01
慶應義塾大学ビジネス・スクール50年記念コンファレンスのお知らせ

慶應義塾大学ビジネス・スクール50年記念コンファレンス

弊社代表取締役 丸山健一が慶應義塾大学ビジネス・スクール50年記念コンファレンスにパネリストとして登壇します。

【POLARIC™標識化シリーズ】POLARICラベル化パック新発売

【POLARIC™標識化シリーズ】POLARICラベル化パック新発売。
POLARIC-ITC、NHS、MLIが250μgずつセットになったお試しパックをご用意いたしました。標識化でお悩みの方に。色々試せてお得です。

2012.08.01
夏期休暇期間のお知らせ

8月13日〜15日 夏期休暇とさせて頂きます。

日経ビジネスに弊社が紹介されました。

日経ビジネス

日経BP社の日経ビジネス2012年7月23日号にて、経済新潮流の記事「旬のキーワード:リーンスタートアップ 小さな失敗を重ねて育てる」(P.68)にて、弊社五稜化薬(株)を取り上げて頂きました。

POLARIC™-500c6Fのデータを追加しました。

【細胞染色用蛍光色素】POLARIC™-500c6Fに細胞内保持性データならびにStructured Illumination Microscope(Nikon, N-SIM) によるミトコンドリア撮影像追加しました。

POLARIC™-500BCSのデータを追加しました。

【菌染色用蛍光色素】POLARIC™-500BCSにStructured Illumination Microscope (N-SIM)による細菌撮影像を追加しました。

蛍光色素を用いたアッセイ系構築受託サービス開始

【アッセイ系構築受託】2012年8月1日より、新たに蛍光色素を用いたアッセイ系構築受託サービスを始めました。

神戸大学理学研究科大堺先生のPOLARIC™を用いた論文が掲載されました。

【アプリケーションノート】弊社POLARIC™を用いた神戸大学理学研究科大堺先生の論文が、Analytical and Bioanalytical Chemistryに掲載されました。

2012.06.21
イメージングブートキャンプ2012 講習会のお知らせ。

イメージングブートキャンプ2012

2012年6月29日北大医学研究科で開催される”イメージングブートキャンプ2012”においてPOLARIC™の開発と応用について講習会を行います。ご興味のある方は上のバナーのリンク先より参加登録をお願い致します。

2012.05.25
第45回日本発生生物学会・第64回日本細胞生物学会合同大会 ブース展示のお知らせ。

北海道産馬油クリーム

2012年5月28日〜31日 第45回日本発生生物学会・第64回日本細胞生物学会合同大会の弊社ブースにてPOLARIC製品展示の他、ご来場頂いた方に北海道産馬油クリームをご用意しております。
ご参加される方はブース番号10(神戸商工会議所2階)に是非お立ち寄りください。

2012.04.27
ゴールデンウィーク期間営業日のお知らせ

ゴールデンウィーク期間中は、暦通り営業させていただきます。5月1日、2日は通常通り営業しております。

本社移転のお知らせ。

本社を 北大ビジネス・スプリングへ移転しました。

新住所は〒001-0021 札幌市北区北21条西12丁目2 北大ビジネス・スプリング2階、電話011-214-9422、ファックス011-351-1822 となります。今後ともご愛顧の程どうぞ宜しくお願い致します。

採用情報をUPしました。
BIO 2012 (Boston, USA) ブース展示のお知らせ

BIO 2012 (Boston, USA)

BIO 2012 (Boston, USA)のJAPANブースに出展します。
BIO 2012 June 18-21, 2012 @ Boston, USA Booth #1405 (JETRO 日本パビリオン内)

第45回日本発生生物学会・第64回日本細胞生物学会合同大会 ブース展示のお知らせ

日本細胞生物学会

2012年5月28日〜31日に第45回日本発生生物学会・第64回日本細胞生物学会合同大会にブース出展します。
ブース番号は10(神戸商工会議所2階)です。

2012.04.01
4月1日付けで社名を変更致しました。「ポラリス・テクノロジー株式会社」から「五稜化学株式会社」へ
2012.03.29
第三者割当増資を実施しました。
2012.03.21
臨時株主総会で役員改選を行いました。
2011.07.29
Bio-S様HP 弊社バナー掲載のお知らせ

ソルバトクロミック蛍光色素 POLARIC™(ポラリック)のバナーが「知的クラスター Bio-S」様サイトに掲載されました。

2011.07.20
蛍光色素 POLARIC™(ポラリック)の無料サンプルお申込専用フォーム UPしました。
2011.04.20
鈴木章 北大名誉教授を交え、研究説明会を開催致しました。
蛍光色素 POLARIC™(ポラリック)事例集(画像2点、動画1点)UPしました。
POLARIC™(ポラリック)蛍光色素のFAQ.01〜03 UPしました。
代表取締役 丸山健一のご挨拶 UPしました。
製品・サービス 「POLARIC™(ポラリック) K Series」FDC-1008のカタログ(PDF) UPしました。
2011.03.23
ポラテク(株)改め札幌特殊化学工業社長ブログ OPENしました。
2011.02.28
ソルバトクロミック蛍光色素 POLARIC®POLARIC™ Series 新発売
ホームページを新規開設いたしました。