Shop

    • CaTM-3 AM

      ¥38,000

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) GC507 CaTM-3 AM 40 nmol × 5 ¥38,000 赤色蛍光により、GFP などとの共存も可能 高感度にCa2+を検出 細胞内での均質な分布により、CaTM-2 AM より正確にCa2+変動を可視化できるようになりました。 CaTM-3 AM は赤色蛍光(蛍光極大 609 nm)を持つカルシウム検出用の蛍光プローブです。細胞内でのCa2+ 濃度の増減に応じて蛍光が可逆的に変化するため、細胞内でのカルシウム濃度変化を高感度に検出できます。 CaTM-3 AM はアセトキシメチルエステル化されているため、細胞膜を通過後に細胞内のエステラーゼにより加水分解されて水溶性の高いCaTM-3になり、細胞内に比較的均質に滞留します。細胞内での均質な分布により、これまでより正確な Ca2+ の検出が可能になりました。 CaTM-3 AM の特徴 表1. CaTMの物性 Absmax 595 nm FLmax 609 nm Kd (Ca2+) 0.19 μM Φ 0.37 図1 CaTM-3の吸収、蛍光スペクトル 図2 蛍光強度の Ca2+ 依存性 図3 細胞内での均質な分布 HeLa 細胞培養液を HBSS に溶解した 3 μM の CaTM-3 AM に置換し、 37℃で30分間試薬をロードした。Pluronic F-127 などの添加剤がなくとも細胞内に比較的均質に分布している。590 nm で励起し、610-680 nm の蛍光を取得した画像(左)と DIC 画像(右)。 図4 刺激による細胞質でのカルシウム変動の可視化 CaTM-3 AM (3 μM in HBSS) をロードしたHeLa 細胞を 1 μM ヒスタミンで刺激したのち、3分後に 5 μM イオノマイシンでカルシウムを流入させたときの細胞内カルシウム濃度の変動を可視化した。 HeLa 細胞を 1 μM ヒスタミンで刺激したときのカルシウム変動を撮影した動画を、以下のリンクからもご覧いただけます。 https://www.youtube.com/watch?v=-aJYeDSsk8k&feature=share 表2. CaTM-3 A…

    • ClearView™

      ¥0

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 ~in vivo用小型蛍光イメージング装置~ 複数の蛍光波長に対応可能 コンパクトで携帯可能 シンプルで容易な操作性 低価格 ClearView™は携帯可能な小型蛍光イメージング装置です。ClearView™は観測波長が可変で、高感度、簡便な操作性、軽量かつ小型で、個々の研究室におけるin vivoイメージングに最適です。 ClearView™の特徴 複数の蛍光波長に対応可能 ClearView™は複数波長のイメージングに対応しています。装置にお望みの波長のプローブアダプターを組み入れるだけで波長の変換が可能です。 ClearView™のプローブアダプター 各種蛍光色素に対応 チャンネル名 典型的な色素名 Green FITC Cy 2™ Qdot® 525 Amber TRITC Cy 3 Alexa Fluor® 555, 568 Red Texas Red Alexa Fluor® 594 Adot 655 Deep Red Alexa Fluor® 633, 635, 647 Cy 5 Perkin Elmer 645 Family niR-1 Cy 5.5 Alexa Fluor® 680, 700 Perkin Elmer 680Family コンパクトで携帯可能 ClearView™は小型で (23 x 13 x 13 cm, H x W x D) かつ、軽量であり (約 2.2 kg)、極めて容易に持ち運びできます。実験動物の側に移動して観察することができます。   専用キャリングケースによる携帯の様子 シンプルで容易な操作性 ClearView™のセットアップは簡単です。USBケーブルと電源ケーブルを接続し、機器の電源を入れた後は付属のノートパソコンのソフトウェアを起動するだけです。後はお好みの波長の蛍光像を速やかに撮ることが可能です。 簡便なソフトウェアが内蔵されており、タイムラプス観察やビデオ撮影、また取得した画像の定量解析なども容易です。 また、ClearView™で撮影した画像はダイレクトにPer…

    • ClearView™ 800

      ¥0

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 ~in vivo用小型蛍光イメージング装置~ 特徴 近赤外蛍光試薬を検出 タイムラプスイメージングやリアルタイムイメージングが可能 1ミリ秒から1秒以上に至るまで露光時間を変更でき、対象に合わせた感度設定が可能 白色像の撮像もでき、簡便に蛍光像との重ね合わせが可能です。 機器は2.2 kg と軽量です。セットアップも簡便であり、100V 電源2口があれば測定可能です。 わずかなスペースでin vivo イメージングができます。 皮下注射したICGの検出 撮像したい部分が明確でしたらラットでも使用例があります 蛍光試薬:IRDye800CW 動物: Wistarラット IRDye800CW を生理食塩水に溶解 マイクロバブル剤と混合後、ラット顎下腺に逆行性に注入 ソノポレーションによりIRdye800CWを導入 導入直後に撮影 画像提供:東海大学 医学部 臨床薬理学 吉川先生 その他応用例につきましてはアプリケーションノートをご覧ください。 国内代理店:株式会社和科盛商会  

    • CopperGREEN™

      ¥49,800

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 名称 容量 希望小売価格(円) GC 902 CopperGREEN™ 50 nmol × 5 ¥49,800 銅はチトクロームc や superoxide dismutase (SOD)などの酵素活性に必要な生体中の微量元素です。CopperGREEN は、銅イオンの中でも、細胞中の還元環境下のCuI イオンを特異的に検出する蛍光試薬です。ライブセルイメージングにお使いいただけます。 CopperGREEN の特長 高い特異性 生体中の微量金属の中でも還元された銅イオン(CuI)のみを特異的に検出するユニークな蛍光プローブです。 CuII イオンやマンガン(MnII)、コバルト(CoII)、ニッケル(NiII)、鉄(FeII)、亜鉛(ZnII)の各イオンでは蛍光強度は増加しません S/N が高い CuI と反応すると、100倍以上の蛍光強度増大が観察されます。 測定原理 CopperGREEN はほとんど無色、無蛍光の物質ですが、CuI イオンをキレートしたのちに分解・酸化され、緑色の蛍光物質(Exmax~480 nm Emmax=510 nm)に非可逆的に変化します。そのためマイルドな固定を行っても蛍光は保持されます。 CopperGREENの反応性 図1. さまざまな金属イオンおよび活性酸素種 (ROS) に対するCopperGREENの反応性 銅 (I) イオン存在下でのみ、CopperGREEN の顕著な蛍光増大が起こります。 1 μM CopperGREEN を溶解したHEPESバッファー (0.05 M, pH 7.2, コソルベントとして0.1 % DMSOを含む)に、各金属イオン(20 μM)と2 mM グルタチオン、または下記の活性酸素種生成系を添加。37℃で120分反応後に蛍光強度を測定。ただし、CuII はグルタチオンを含まない。 励起波長470 nm、測定波長510 nmの蛍光強度をTECAN Infinite M200マイクロプレートリーダーを用いて、励起バンド幅 9 nm、蛍光バンド幅 20 nm で計測。 活性酸素種生成条件 H2O2: 300 µM H2O2 OCl-: 300 µM NaOCl ・OH…

    • D-Luciferin potassium salt (Standard Purity)

      ¥68,000

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) RS101-01 D-Luciferin potassium salt (Standard Purity) 1g 68,000   Content and storage Material Amount Storage Stability Firefly Luciferin 1 g -20 °C Desiccate Protect from light When stored as directed, reactive probes are stable for at least 6 months 5 g 1 g is enough for 300 mice General Specifications Color:  Light yellow powder  Detection Method: Bioluminescence Excitation Class: Visible  Molecular Weight: 280.32 g.mol-1 Formula: C11H8N2O3S2 Cas Number: 2591-17-5  Shipping Condition: Dry Ice  Regulatory Statement: For Research Use Only. Not for use in diagnostic procedures   Description Luciferin is a small molecule that consists of a benzothiazole moiety attached to a thiazole carboxylic acid moiety. Luciferin is a natural substrate of luciferase, an enzyme found in Firefly luciferase. This molecule has fluorescent properties (Ex 328 nm; Em 532 nm in H2O)1,2 but it is mainly used for bioluminesce…

    • D-Luciferin potassium salt(High Purity)

      ¥0¥99,800

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) IM207 D-Luciferin potassium salt(High Purity) 1g ¥99,800 IM208 D-Luciferin potassium salt(High Purity) 5g お問い合わせ Firefly Luciferin Material Amount Storage Stability Firefly Luciferin 1 g -20 °C Desiccate Protect from light When stored as directed, reactive probes are stable for at least 6 months 5 g 1 g is enough for 300 mice General Specifications  Color:  Light yellow powder  Detection Method: Bioluminescence Excitation Class: Visible  Molecular Weight: 280.32 g.mol-1 Formula: C11H8N2O3S2 Cas Number: 2591-17-5  Shipping Condition: Dry Ice  Regulatory Statement: For Research Use Only. Not for use in diagnostic procedures.  Description Luciferin is a small molecule that consists of a benzothiazole moiety attached to a thiazole carboxylic acid moiety. Luciferin is a natural substrate of luciferase, an enzyme found in Firefly luciferase. This molecule has fluorescent properties …

    • Diaminofluorescein-2 (DAF-2)

      ¥30,000

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) SK1001-01 Diaminofluorescein-2(DAF-2) 1mg ¥30,000 Diaminofluorescein-2(DAF-2)の特長 組織や培養細胞が生成するNOをリアルタイムに観察できます。 可視光励起なので、生体成分由来の蛍光の影響が少なくてすみます。 可視光励起なので、細胞にダメージを与えません。 中性条件でNOを捉え蛍光を発するので、pHを変えずに測定できます。 高感度かつ特異的に測定できます。 測定原理 DAF-2のアミノ基がNOと反応し、励起波長495nmで励起すると波長515nmの緑色の蛍光を発します。 内容 DAF-2 1mg(DMSO 0.55mL中) C20H14N2O5 分子量:362.3 試薬の調製例 本品は約5mmol/Lになっております。 使用時に中性のバッファー等で500倍程度に希釈してお使いください。 参考文献 Masaki Matsuoka, Ashutosh Kumar, Muhammad Muddassar, Akihisa Matsuyama, Minoru Yoshida, and Kam Y. J. Zhang  (2017) J. Chem. Inf. Model., 57:203–213, DOI: 10.1021/acs.jcim.6b00649 Giuseppe Pezzotti, Elia Marin, Tetsuya Adachi, Alfredo Rondinella,Francesco Boschetto, Wenliang Zhu, Nobuhiko Sugano, Ryan M. Bock,Bryan McEntire & Sonny B. Bal (2017) Scientific Reports 7:44848 Miller EW, Chang CJ. Curr Opin Chem Biol. 2007 Dec;11(6):620-5. Epub 2007 Nov 9. Bryan NS, Grisham MB. Free Radic Biol Med. 2007 Sep 1;43(5):645-57. Epub …

    • Diaminofluorescein-2 diacetate (DAF-2 DA)

      ¥30,000

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) SK1002-01 Diaminofluorescein-2 diacetate (DAF-2 DA) 1mg ¥30,000 Diaminofluorescein-2 diacetate(DAF-2 DA)の特長 細胞膜透過性があり、組織や培養細胞中のNOをリアルタイムに観察できます。 細胞内に長時間局在化できます。 蛍光顕微鏡にて簡単に測定できます。 可視光励起なので、細胞にダメージを与えません。 高感度かつ特異的に測定できます。 測定原理 DAF-2 DAが細胞膜を透過し、細胞内のエステラーゼにより加水分解され、細胞膜を透過しにくいDAF-2になります。 DAF-2のアミノ基がNOと反応し、励起波長495nmで励起すると波長515nmの緑色の蛍光を発します。 内容 DAF-2 DA 1mg (in DMSO 0.45mL) C24H18N2O7 Mw:446.4 試薬の調製例 本品は約5mmol/Lになっております。 使用時に中性のバッファー等で500倍程度に希釈してお使いください。 参考文献 T.Uchida, Y.Sakashita, K. Kitahata, Y. Yamashita, C.Tomida, Y.Kimori, A. Komatsu, K.Hirasaka, A. Ohno, R. Nakao, A.Higashitani, A.Higashibata, N.Ishioka, T. Shimazu, T. Kobayashi, Y. Okumura, I. Choi, M.Oarada, E. M. Mills, S.Teshima-Kondo, S. Takeda, E. Tanaka, K. Tanaka, M.Sokabe, and T.Nikawa (2018) Am J Physiol Cell Physiol. In Press. DOI: 10.1152/ajpcell.00184.2017 S. Kitajima, K. L. Lee, H. Hikasa, W. Sun, R. Y.-J. Huang, H. Yang, S. Matsunaga, T. Yamaguchi…

    • Diaminofluorescein-FM (DAF-FM)

      ¥35,000

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) SK1003-01 Diaminofluorescein-FM(DAF-FM) 1mg ¥35,000   Diaminofluorescein-FM (DAF-FM) の特長 酸性領域(pH6)でも高い蛍光強度が得られます。 組織や培養細胞が生成するNOをリアルタイムに観察できます。 可視光励起なので、生体成分由来の蛍光の影響が少なくてすみます。 可視光励起なので、細胞にダメージを与えません。 中性条件でNOを捉え蛍光を発するので、pHを変えずに測定できます。 高感度かつ特異的に測定できます。 測定原理 DAF-FMのアミノ基がNOと反応し、励起波長500nmで励起すると波長515nmの緑色の蛍光を発します。 内容 DAF-FM1mg (in DMSO 0.35 mL) C21H14F2N2O5       Mw:412.34 試薬の調製例 本品は約7mmol/Lになっております。 使用時に中性のバッファー等で1000倍程度に希釈してお使いください。 参考文献 Kiwamu Hyodo, Kenji Hashimoto, Kazuyuki Kuchitsu, Nobuhiro Suzuki, Tetsuro Okuno Proc Natl Acad Sci USA 2017 114(7):E1282-E1290. doi:10.1073/pnas.1610212114 Singh R, Manjunatha U, Boshoff HI, Ha YH, Niyomrattanakit P, Ledwidge R, Dowd CS, Lee IY, Kim P, Zhang L, Kang S, Keller TH, Jiricek J, Barry CE 3rd. Science. 2008 Nov 28;322(5906):1392-5. doi: 10.1126/science.1164571. Jan-Zhong Sheng, Dianna Wang, Andrew P. Braun (2007) J Pharmacol Exp Ther. 315(2):931-940. Sheng JZ, Brau…

    • Diaminofluorescein-FM diacetate (DAF-FM DA)

      ¥35,000

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) SK1004-01 Diaminofluorescein-FM diacetate (DAF-FM DA) 1mg ¥35,000 Diaminofluorescein-FM diacetate (DAF-FM DA) の特長 酸性領域(pH6)でも高い蛍光強度が得られます。 細胞膜透過性があり、組織や培養細胞中のNOをリアルタイムに観察できます。 細胞内に長時間局在化できます。 蛍光顕微鏡にて簡単に測定できます。 可視光励起なので、細胞にダメージを与えません。 高感度かつ特異的に測定できます。 測定原理 DAF-FM DAが細胞膜を透過し、細胞内のエステラーゼにより加水分解され、細胞膜を透過しにくいDAF-FMになります。 DAF-FMのアミノ基がNOと反応し、励起波長500nmで励起すると波長515nmの緑色の蛍光を発します。 内容 DAF-FM DA 1mg (in DMSO 0.4 mL) C25H18F2N2O7             Mw:496.42 試薬の調製例 本品は約5mmol/Lになっております。 使用時に中性のバッファー等で500倍程度に希釈してお使いください。 参考文献 L. B. Vong, T. Q. Bui, T. Tomita, H. Sakamoto, Y. Hiramatsu,Y. Nagasaki (2018) Biomaterials.167:143-152. doi: 10.1016/j.biomaterials.2018.03.023 E. S. Choi, J. J. Yoon, B. H. Han, D.H. Jeong, Y. J. Lee, D. G. Kang, H. S. Lee. (2018) Phytomedicine. 38:12-23 DOI: 10.1016/j.phymed.2017.09.022 M. Ando, T. Matsumoto, K. Taguchi, T. Kobayashi (2017) Free Radical Biology and Medicine 112:553-566, DOI:10.1016/j.freeradbio…

    • Diaminorhodamine-4M (DAR-4M)

      ¥35,000

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) SK1005-01 Diaminorhodamine-4M(DAR-4M 1mg ¥35,000   Diaminorhodamine-4M (DAR-4M) の特長 組織や培養細胞が生成するNOをリアルタイムに観察できます。 長波長で励起でき、細胞の自家発光領域とは、ほとんど重なりません。 pH4~pH12において蛍光の減弱がほとんどありません。 測定原理 DiaminorhodamineがNOと反応し、励起波長560nmで励起すると波長575nmのオレンジ色の蛍光を発します。 内容 DAR-4M  1mg (in DMSO 0.47 mL) C25H26N4O3        Mw:430.50 試薬の調製例 本品は約5mmol/Lになっております。 使用時に中性のバッファー等で500倍程度に希釈してお使いください。 参考文献 Nagano T. J Clin Biochem Nutr. 2009 Sep;45(2):111-24. doi: 10.3164/jcbn.R09-66. Epub 2009 Aug 28. Steinert JR, Kopp-Scheinpflug C, Baker C, Challiss RA, Mistry R, Haustein MD, Griffin SJ, Tong H, Graham BP, Forsythe ID. Neuron. 2008 Nov 26;60(4):642-56. doi: 10.1016/j.neuron.2008.08.025. Flores T, Todd CD, Tovar-Mendez A, Dhanoa PK, Correa-Aragunde N, Hoyos ME, Brownfield DM, Mullen RT, Lamattina L, Polacco JC. Plant Physiol. 2008 Aug;147(4):1936-46. doi: 10.1104/pp.108.121459. Epub 2008 Jun 20. Ye X, Rubakhin SS, Sweedler JV. Analyst. 2008 A…

    • Diaminorhodamine-4M acetoxymethyl ester (DAR-4M AM)

      ¥40,000

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) SK1006-01 Diaminorhodamine-4M acetoxymethyl ester(DAR-4M AM) 1mg ¥40,000   Diaminorhodamine-4M acetoxymethyl ester (DAR-4M AM) の特長 細胞膜透過性があり、組織や培養細胞中のNOをリアルタイムに観察できます。 長波長で励起でき、細胞の自家発光領域とは、ほとんど重なりません。 pH4~pH12において蛍光の減弱がほとんどありません。 測定原理 DiaminorhodamineがNOと反応し、励起波長560nmで励起すると波長575nmのオレンジ色の蛍光を発します。 内容 DAR-4M AM1mg (in DMSO 0.32 mL) C28H31IN4O5            Mw:630.47 試薬の調製例 本品は約5mmol/Lになっております。 使用時に中性のバッファー等で500倍程度に希釈してお使いください。 参考文献 Nobuko Gan, Tsuyoshi Hondou, Hidetake Miyata (2012) Biological and Pharmaceutical Bulletin 35(9):1454-1459 Corpas FJ, Hayashi M, Mano S, Nishimura M, Barroso JB. Plant Physiol. 2009 Dec;151(4):2083-94. doi: 10.1104/pp.109.146100. Epub 2009 Sep 25. Nagano T. J Clin Biochem Nutr. 2009 Sep;45(2):111-24. doi: 10.3164/jcbn.R09-66. Epub 2009 Aug 28. Steinert JR, Kopp-Scheinpflug C, Baker C, Challiss RA, Mistry R, Haustein MD, Griffin SJ, Tong H, Graham BP, Forsythe ID. Neuron. 2008 Nov 26;…

    Start typing and press Enter to search

    Shopping Cart

    カートに商品がありません。