Shop

    • BacteriTrace Vanco

      $0$141,000

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 Content and storage Material Amount Storage Stability Vanco-ICG 0.1 mg -20 °C Dessicate Protect from light When stored as directed, reactive probes are stable for at least 3 months 1 mg 5 mg General Specifications Color: Green powder Label: ICG Product Size: 1 kit Detection Method: Fluorescence, optoacoustic Excitation Class: Near infrared, NIR Excitation/Emission (nm): 790/830 Molecular Weight: 2474.58 g.mol-1 Solubility: DMSO, DMF Shipping Condition: Dry Ice Regulatory Statement: For Research Use Only. Not for use in diagnostic procedures. Introduction Intrace Medical has developed a NIR-fluorescent probe targeting Gramm-positive bacteria that potentially allows in vivo imaging of bacteria infection. Gram-positive bacteria are differentiated from Gram-negative bacteria based on the structure of their cell walls. In Gram-positive bacteria, the cell wall is composed of a thick peptidoglycan layer.1 Many antibiotics have been established to treat Gram-positive infections. Vancomycin is a commonly used glycopeptide antibiotic that acts on inhibiting bacterial cell wall synthesis. In order to create an imaging agent, we attach the near infra-red fluorescence imaging dye Indocyanine Green (ICG) to vancomycin. ICG is approved by the United States Food and Drug administration (FDA) for ophthalmologic angiography to determine cardiac output and liver blood flow and function. This dye is also used in cancer patients for the detection of solid tumors, localization of lymphnodes, and for angiography during reconstructive surgery, visualization of retinal and choroidal vasculature, and photodynamic therapy.[i]2-3In cancer diagnostics and therapeutics, ICG could be used as both an imaging dye and a hyperthermia agent. ICG is a tricarbocyanine-type dye with NIR-absorbing properties (peak absorption around 800 nm) and little absorption in the visible range thus exhibit low autofluorescence, tissue absorbance, and scatter at NIR wavelengths (700-900 nm). Guidelines for use Immediately before use, dissolve BacteriTrace Vanco™ in dimethylsulfoxide (DMSO). Once reconstituted in DMSO, this reactive probe solution is somewhat unstable and should be diluted with a buffer solution to the final DMSO content 5%. The working dose of the probe for in vivo imaging strongly depends on the model used but it is recommended to start with 1-5 mg kg-1. Examples are described elsewhere4. References 1. J. Van Heijenoort, Glycobiology 2001, 11, 25R – 36R 2. Schaafsma B.E. The clinical use of indocyanine green as a near-infrared fluorescent contrast agent for image-guided oncologic surgery. J. Surg. Oncol. 2011, 104, 323-332 3. Saxena V, Sadoqi M, Shao J. Degradation kinetics of indocyanine green in aqueous solution.J. Pharm. Sci. 2003, 92, 2090–7 4. Van Oosten, M., Schäfer, T., Gazendam, J. A. C., Ohlsen, K., Tsompanidou, E., de Goffau, M. C., Harmsen, H. J. M., Crane, L. M. A., Lim, E., Francis, K. P., Cheung, L., Olive, M., Ntziachristos, V., van Dijl, J. M.,  van Dam, G. M. Real-Time in vovo Imaging of Invasive- and Biomaterial-Associated Bacterial Infections Using Fluorescently Labeled Vancomycin. Nature Comm. 2013, 4, 1-8

    • CaSiR-1™

      $49,000$89,000

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) GC401 CaSiR-1™ 1 mg ¥78,000 GC402 CaSiR-1™ 50μg×20 ¥89,000 GC4021 CaSiR-1™ 50μg×10 ¥49,000 CaSiR-1 および CaSiR-1 AM は深赤色~近赤外域での蛍光を発するシリコンローダミンを蛍光母核とする蛍光カルシウムプローブです。光安定性に優れており、比較的長時間にわたり安定した観察が可能です。また、長波長領域の蛍光のため、 in vivo イメージングにおいてもバックグラウンド蛍光が低く、細胞・組織への障害性が少ないことが特長です。 データ 名称 検出対象 膜透過性 蛍光化 Absmax (nm) Emmax (nm) Kd for Ca2+ (μM) 量子収率 CaSiR-1™ AM Ca2+ あり (AM) 可逆 650 664 0.58 0.20 CaSiR-1™ Ca2+ なし 可逆 650 664 0.58 0.20 CaSiR-1 はカルシウム濃度により可逆的に蛍光強度が変化します。カルシウム濃度が0 μMから39 μMに上昇すると、1000倍以上の蛍光強度上昇を示します。カルシウム濃度0 μM では蛍光がほとんど検出されません。 CaSiR-1 AM はCaSiR-1のアセトキシメチルエステル体で、細胞膜透過性があります。細胞内のエステラーゼにより加水分解されてCaSiR-1 になり、細胞内に滞留するため、細胞内カルシウム濃度の測定に適しています。 イメージング例 CaSiR-1 AM を HeLa 細胞に導入し、ヒスタミンによって刺激をしたときのカルシウム濃度変動。写真は、DIC像(グレー)と CaSiR-1 (マゼンタ)の疑似カラーの重ね合わせ。下図は写真中のさまざまなポイントでの CaSiR-1 の蛍光強度の時間変化。 使用例などは以下の参考文献をご参照ください。 参考文献 F. Zhang, E. S. Tzanakakis (2017) Sci. Rep. 7:9357, DOI: 10.1038/s41598-017-09937-0 M. Mizunuma, H. Norimoto, K. Tao, T. Egawa, K. Hanaoka, T. Sakaguchi, H. Hioki, T. Kaneko, S. Yamaguchi, T. Nagano, N. Matsuki and Y. Ikegaya (2014) Nat. Neurosci., 17, 503-505 DOI:10.1038/nn.3674 T. Egawa, K. Hirabayashi, Y. Koide, C. Kobayashi, N. Takahashi, T. Mineno, T. Terai, T. Ueno, T. Komatsu, Y. Ikegaya, N. Matsuki, T. Nagano, K. Hanaoka (2013) Angew. Chem. Int. Ed., 52: 3874 -3877 DOI: 10.1002/anie.201210279 T. Egawa, K. Hanaoka, Y. Koide, S. Ujita, N. Takahashi, Y. Ikegaya, N. Matsuki, T. Terai, T. Ueno, T. Komatsu, T. Nagano (2011) J. Am. Chem. Soc. 133, 14157-14159 DOI:10.1021/ja205809h   CaSiR-1™、CaSiR-1™ AM は東京大学大学院薬学系研究科薬品代謝化学教室(長野哲雄教授)のご指導の下、五稜化薬株式会社が製品化しました。

    • CaSiR-1™ AM

      $54,500$99,000

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 GC403 CaSiR-1™ AM 50μg×20 ¥99,000 GC4031 CaSiR-1™ AM 50μg×10 ¥54,500 CaSiR-1 および CaSiR-1 AM は深赤色~近赤外域での蛍光を発するシリコンローダミンを蛍光母核とする蛍光カルシウムプローブです。光安定性に優れており、比較的長時間にわたり安定した観察が可能です。また、長波長領域の蛍光のため、 in vivo イメージングにおいてもバックグラウンド蛍光が低く、細胞・組織への障害性が少ないことが特長です。 データ 名称 検出対象 膜透過性 蛍光化 Absmax (nm) Emmax (nm) Kd for Ca2+ (μM) 量子収率 CaSiR-1™ AM Ca2+ あり (AM) 可逆 650 664 0.58 0.20 CaSiR-1™ Ca2+ なし 可逆 650 664 0.58 0.20   CaSiR-1 はカルシウム濃度により可逆的に蛍光強度が変化します。カルシウム濃度が0 μMから39 μMに上昇すると、1000倍以上の蛍光強度上昇を示します。カルシウム濃度0 μM では蛍光がほとんど検出されません。 CaSiR-1 AM はCaSiR-1のアセトキシメチルエステル体で、細胞膜透過性があります。細胞内のエステラーゼにより加水分解されてCaSiR-1 になり、細胞内に滞留するため、細胞内カルシウム濃度の測定に適しています。 イメージング例 CaSiR-1 AM を HeLa 細胞に導入し、ヒスタミンによって刺激をしたときのカルシウム濃度変動。写真は、DIC像(グレー)と CaSiR-1 (マゼンタ)の疑似カラーの重ね合わせ。下図は写真中のさまざまなポイントでの CaSiR-1 の蛍光強度の時間変化。 使用例などは以下の参考文献をご参照ください。 参考文献 F. Zhang, E. S. Tzanakakis (2017) Sci. Rep. 7:9357, DOI: 10.1038/s41598-017-09937-0 M. Mizunuma, H. Norimoto, K. Tao, T. Egawa, K. Hanaoka, T. Sakaguchi, H. Hioki, T. Kaneko, S. Yamaguchi, T. Nagano, N. Matsuki and Y. Ikegaya (2014) Nat. Neurosci., 17, 503-505 DOI:10.1038/nn.3674 T. Egawa, K. Hirabayashi, Y. Koide, C. Kobayashi, N. Takahashi, T. Mineno, T. Terai, T. Ueno, T. Komatsu, Y. Ikegaya, N. Matsuki, T. Nagano, K. Hanaoka (2013) Angew. Chem. Int. Ed., 52: 3874 -3877 DOI: 10.1002/anie.201210279 T. Egawa, K. Hanaoka, Y. Koide, S. Ujita, N. Takahashi, Y. Ikegaya, N. Matsuki, T. Terai, T. Ueno, T. Komatsu, T. Nagano (2011) J. Am. Chem. Soc. 133, 14157-14159 DOI:10.1021/ja205809h CaSiR-1™、CaSiR-1™ AM は東京大学大学院薬学系研究科薬品代謝化学教室(長野哲雄教授)のご指導の下、五稜化薬株式会社が製品化しました。

    • CaSiR-1™ AM Assay Kit

      $69,800

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) GC404 CaSiR-1™ Assay Kit 5 プレート分 ¥69,800 近赤外カルシウムプローブCaSiR-1™ AMをReady-to-useでお使い頂けるキットです。 本キットは、96 well plate での細胞アッセイに最適化したスクリーニング用セットです。また、界面活性剤(Pluronic®F-127、Cremophor® EL)と、陰イオントランスポーター阻害剤(Probenecid )がキットに含まれており、色素が入りにくい細胞や、色素が流出しやすい細胞にもお使いいただけます。 キット内容 CaSiR-1™ AM× 5 Dimethylsulfoxide (DMSO)1mL × 1 20% Pluronic® F-1271mL × 1 20% Cremophor® EL1mL × 1 500mM Probenecid1mL × 1 10× Assay Buffer15mL × 1 参考文献 Mika Mizunuma, Hiroaki Norimoto, Kentaro Tao, Takahiro Egawa, Kenjiro Hanaoka, Tetsuya Sakaguchi, Hiroyuki Hioki, Takeshi Kaneko, Shun Yamaguchi, Tetsuo Nagano, Norio Matsuki and Yuji Ikegaya,  Nat. Neurosci., 17, 503-505 (2014),  “Unbalanced excitability underlies offline reactivation of behaviorally activated neurons” Egawa T., Hirabayashi K., Koide Y., Kobayashi C., Takahashi N., Mineno T., Terai T., Ueno T., Komatsu T., Ikegaya Y., Matsuki N., Nagano T., Hanaoka K. Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 3874 -3877. Egawa, T.; Hanaoka, K.; Koide, Y.; Ujita, S.; Takahashi, N.; Ikegaya, Y.; Matsuki, N.; Terai, T.; Ueno, T.; Komatsu, T.; Nagano, T.  J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 14157-14159. 商標について Pluronic 及び Cremophor はBASF 社の登録商標です。

    • CaSiR-1™ potassium salt

      $49,800

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) GC405 CaSiR-1™ potassium salt 500μg ¥49,800 キット内容 CaSiR-1™ AM × 5 Dimethylsulfoxide (DMSO)1mL × 1 20% Pluronic® F-1271mL × 1 20% Cremophor® EL1mL × 1 500mM Probenecid1mL × 1 10× Assay Buffer15mL × 1 近赤外カルシウムプローブCaSiR-1™ AMをReady-to-useでお使い頂けるキットです。 本キットは、96 well plate での細胞アッセイに最適化したスクリーニング用セットです。また、界面活性剤(Pluronic®F-127、Cremophor® EL)と、陰イオントランスポーター阻害剤(Probenecid )がキットに含まれており、色素が入りにくい細胞や、色素が流出しやすい細胞にもお使いいただけます。 参考文献 Mika Mizunuma, Hiroaki Norimoto, Kentaro Tao, Takahiro Egawa, Kenjiro Hanaoka, Tetsuya Sakaguchi, Hiroyuki Hioki, Takeshi Kaneko, Shun Yamaguchi, Tetsuo Nagano, Norio Matsuki and Yuji Ikegaya, Nat. Neurosci., 17, 503-505 (2014), “Unbalanced excitability underlies offline reactivation of behaviorally activated neurons” Egawa T., Hirabayashi K., Koide Y., Kobayashi C., Takahashi N., Mineno T., Terai T., Ueno T., Komatsu T., Ikegaya Y., Matsuki N., Nagano T., Hanaoka K. Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 3874 -3877. Egawa, T.; Hanaoka, K.; Koide, Y.; Ujita, S.; Takahashi, N.; Ikegaya, Y.; Matsuki, N.; Terai, T.; Ueno, T.; Komatsu, T.; Nagano, T. J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 14157-14159.

    • Caspase

      $59,800$89,800

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 Split-luciferin technology to monitor and quantify caspase activity in vivo. Relies on highly efficient biocompatible reaction High signal-to-background ratio, significant signal stabilization Use in cells and live animals expressing luciferase Product Description Caspase 3 and Caspase 7 5-mouse kit (z-DEVD-D-Cys) Probe description Coming soon Caspase 8 5-mouse kit (z-IETD-D-Cys) Coming soon 6-hydroxy-2-cyanobenzothiazole (hydroxy-CBT) 6-amino-2-cyanobenzothiazole (amino-CBT) *Different quantities are available upon request Reproduced from ACS Chem. Biol., 2013, 8(5), 987-999. Copyright 2013 American Chemical Society.  

    • Caspase 3-7 quantification kit

      $0

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 1) Z-DEVD-Cys 2) 6-Amino-2-cyanobenzothiazole (amino-CBT) Content and storage Material Amount Storage Stability Caspase 3/7 kit 10 mg -20 °C Desiccate Protect from light When stored as directed, reactive probes are stable for at least 3 months 50 mg 100 mg General Specifications 6-Amino-2-cyanobenzothiazole (amino-CBT) Color:  Light yellow powder  Molecular Weight: 175.21 g.mol-1 Formula: C8H5N3S Cas Number  7724-12-1  Shipping Condition: Blue Ice  Regulatory Statement: For Research Use Only. Not for use in diagnostic procedures. Z-DEVD-D-Cys Color:  white powder  Molecular Weight: 713.71 g.mol-1 Formula: C29H39N5O14S  Shipping Condition: Blue Ice  Regulatory Statement: For Research Use Only. Not for use in diagnostic procedures.  Introduction The Caspase 3/7 quantification kit is a bioluminescent assay that measures caspase 3/7 activities in vitro, as well as in vivo using the split-luciferin technology. Caspase 3/7 are cysteine/aspartic acid-specific protease and play key effector roles in apoptosis in mammalian cells1–4. The split luciferin approach enables the generation of D-luciferin through the reaction of D-Cysteine and 6-amino-2-cyanobenzothiazole (NH2-CBT). The D-Cysteine amino acid has been caged with a caspase 3/7 specific peptidic DEVD sequence. The modification of the amino group on D-Cysteine prohibits reaction with the counterpart NH2-CBT since the 1,2-aminothiol is required for the reaction with the cyano group. After cleavage of the peptide by Caspase 3/7 free D-Cysteine is liberated and can further react with NH2-CBT to form Luciferin and then bioluminescence through oxydation by Luciferase (Figure 1). Luminescence is thus proportional to the amount of active caspase 3/7.5 One of the advantages of the split luciferin approach is improved cell penetration property of CBT derivatives in comparison to full luciferin scaffold. The Caspase 3/7 quantification kit is also more sensitive than fluorescence-based caspase assays. The assay uses a substrate containing the DEVD sequence that is selective for caspase 3 and 7.6 This technology has been developed to measure caspase 3/7 acitivity in live cells but also in living animals. The caspase 3/7 quantification kit provide a very high signal to background ratio allowing sensitive detection of caspase 3/7 activity. The assay provides a luminogenic caspase-3/7 substrate, which contains the tetrapeptide sequence linked to D-Cysteine Z-Asp-Glu-Val-Asp-D-Cys (Z-DEVD-(D-Cys)), and 6-amino-2-cyanobenzothiazole (NH2-CBT). Figure 1: Following caspase 3/7 cleavage of the DEVD-D-Cys peptide, D-Cys is released and can further react with 6-amino-2-cyanobenzothiazole to form D-aminoluciferin, resulting in the luciferase reaction and the production of light Guidelines for use Immediately before use dissolve DEVD-D-Cys peptide in 663 μL PBS (final concentration 4.5 mg.mL-1) and NH2-CBT in 147 μL sterile DMSO (final concentration 6.8 mg.mL-1). Always prepare fresh solutions and discard at the end of the day. Experimental Protocols          In Vivo assay       Example of in vivo caspase 3/7 assay using luciferase-expressing mice. Anesthetized mice were treated IP with LPS (100 μg.kg-1) in 50 μL PBS and D-GalN (267 mg.kg-1) in 50 μL PBS. 6 hours after treatment, DEVD-D-Cys peptide (22.6 mg/kg in 100 uL PBS) is administrated IP. After 10 minutes, NH2-CBT (6.8 mg/kg in 20 uL DMSO) is administrated IP. Mice are then imaged using IVIS spectrum and bioluminescence signal is recorded every minute for 1h.5 We recommend, optimizing concentration of reagents and incubation time in order to meet your needs. References 1. Lakhani, S. A., Masud, A., Kuida, K., Porter, G. A., Booth, C. J., Mehal, W. Z., Inayat, I., and Flavell, R. A. (2006) Caspases 3 and 7: key mediators of mitochondrial events of apoptosis. Science 311, 847-851. 2. Estaquier, J., Vallette, F., Vayssiere, J., and Mignotte, B. (2012) The mitochondrial pathways of apoptosis. Adv. Exp. Med. Biol. 942, 157-183. 3. Miyashita, T., Okamura-Oho, Y., Mito, Y., Nagafuchi, S., and Yamada, M. (1997) Dentatorubral pallidoluysian atrophy (DRPLA) protein is cleaved by caspase-3 during apoptosis. J. Biol. Chem. 272, 29238-29242. 4. Shin, S., Sung, B. J., Cho, Y. S., Kim, H. J., Ha, N. C., Hwang, J. I., Chung, C. W., Jung, Y. K., and Oh, B. H. (2001) An anti-apoptotic protein human survivin is a direct inhibitor of caspase-3 and -7. Biochemistry 40, 1117-1123. 5. Godinat A., Park H.M., Miller S.C., Cheng K., Hanahan D., Sanman L.E., Bogyo M., Yu A., Nikitin G.F., Stahl A., Dubikovskaya E.A. (2013) A Biocompatible in Vivo Ligation Reaction and Its Application for Noninvasive Bioluminescent Imaging of Protease Activity in Living Mice, ACS Chem Biol. 8, 987-999. 6. Bayascas, J.R. et al. (2002) Isolation of AmphiCASP-3/7, an ancestral caspase from amphioxus (Branchiostoma floridae). Evolutionary considerations for vertebrate caspases. Cell. Death Differ. 9, 1078–89.

    • CaTM-2™ AM

      $38,000$68,900

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) GC503 CaTM-2™ AM 500μg ¥63,000 GC504 50μg×10 ¥68,900 GC5041 50μg×5 ¥38,000 CaTM-2 AM はカルシウムイオンが結合すると赤色の蛍光を発するカルシウムプローブです。蛍光母核として TokyoMagenta を用いており、609 nm の蛍光極大波長を示します。カルシウムイオンとの解離定数 (Kd) が 0.20 μM と低く、高感度にカルシウムイオンを検出できます。 データ 名称 検出対象 膜透過性 蛍光化 Absmax (nm) Emmax (nm) Kd for Ca2+ (μM) 量子収率 CaTM-2 AM Ca2+ あり (AM) 可逆 597 609 0.20 0.39 CaTM-2 AM はアセトキシメチルエステル化されており、細胞膜透過性があります。細胞内のエステラーゼにより加水分解され、細胞内に比較的均質に滞留するため、細胞内カルシウム濃度の測定に適しています。 参考文献 K.Fujita, K.Motoki, K.Tagawa, X.Chen, H.Hama, K.Nakajima, H.Homma, T. Tamura, H.Watanabe, M.Katsuno, C.Matsumi, M.Kajikawa, T.Saito, T.Saido, G.Sobue, A.Miyawaki H.Okazawa(2016) Sci Rep. 6:31895DOI:10.1038/srep31895 リンク先: https://doi.org/10.1038/srep31895 T. Egawa, K. Hirabayashi, Y. Koide, C. Kobayashi, N. Takahashi, T. Mineno, T. Terai, T. Ueno, T. Komatsu, Y. Ikegaya, N. Matsuki, T. Nagano, K. Hanaoka (2013) Angew. Chem. Int. Ed. 52, 3874 -3877 K. Fujita, K. Motoki, K. Tagawa, X. Chen, H. Hama, K. Nakajima, H. Homma, T. Tamura, H. Watanabe, M.Katsuno, C.Matsumi, M. Kajikawa, T. Saito, T.Saido, G.Sobue, A.Miyawaki H.Okazawa (2016) Sci Rep. 6:31895DOI:10.1038/srep31895

    • CaTM-2™ AM Assay Kit

      $59,800

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) GC505 CaTM-2™ Assay Kit 5 プレート分 ¥59,800 赤色カルシウムプローブCaTM-2™ AMをReady-to-useでお使い頂けるキットです。 本キットは、96 well plate での細胞アッセイに最適化したスクリーニング用セットですが、顕微鏡を用いたイメージングにもご使用頂けます。また、界面活性剤(Pluronic®F-127、Cremophor® EL)と、陰イオントランスポーター阻害剤(Probenecid )がキットに含まれており、色素が入りにくい細胞や、色素が流出しやすい細胞にもお使いいただけます。 キット内容 CaTM-2™ AM× 5 Dimethylsulfoxide (DMSO)1mL × 1 20% Pluronic® F-1271mL × 1 20% Cremophor® EL1mL × 1 500mM Probenecid1mL × 1 10× Assay Buffer15mL × 1 参考文献 Mika Mizunuma, Hiroaki Norimoto, Kentaro Tao, Takahiro Egawa, Kenjiro Hanaoka, Tetsuya Sakaguchi, Hiroyuki Hioki, Takeshi Kaneko, Shun Yamaguchi, Tetsuo Nagano, Norio Matsuki and Yuji Ikegaya, Nat. Neurosci., 17, 503-505 (2014), “Unbalanced excitability underlies offline reactivation of behaviorally activated neurons” Egawa T., Hirabayashi K., Koide Y., Kobayashi C., Takahashi N., Mineno T., Terai T., Ueno T., Komatsu T., Ikegaya Y., Matsuki N., Nagano T., Hanaoka K. Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 3874 -3877. Egawa, T.; Hanaoka, K.; Koide, Y.; Ujita, S.; Takahashi, N.; Ikegaya, Y.; Matsuki, N.; Terai, T.; Ueno, T.; Komatsu, T.; Nagano, T. J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 14157-14159. 商標について Pluronic 及び Cremophor はBASF 社の登録商標です。

    • CaTM-3 AM

      $38,000

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) GC507 CaTM-3 AM 40 nmol × 5 ¥38,000 赤色蛍光により、GFP などとの共存も可能 高感度にCa2+を検出 細胞内での均質な分布により、CaTM-2 AM より正確にCa2+変動を可視化できるようになりました。 CaTM-3 AM は赤色蛍光(蛍光極大 609 nm)を持つカルシウム検出用の蛍光プローブです。細胞内でのCa2+ 濃度の増減に応じて蛍光が可逆的に変化するため、細胞内でのカルシウム濃度変化を高感度に検出できます。 CaTM-3 AM はアセトキシメチルエステル化されているため、細胞膜を通過後に細胞内のエステラーゼにより加水分解されて水溶性の高いCaTM-3になり、細胞内に比較的均質に滞留します。細胞内での均質な分布により、これまでより正確な Ca2+ の検出が可能になりました。 CaTM-3 AM の特徴 表1. CaTMの物性 Absmax 595 nm FLmax 609 nm Kd (Ca2+) 0.19 μM Φ 0.37 図1 CaTM-3の吸収、蛍光スペクトル 図2 蛍光強度の Ca2+ 依存性 図3 細胞内での均質な分布 HeLa 細胞培養液を HBSS に溶解した 3 μM の CaTM-3 AM に置換し、 37℃で30分間試薬をロードした。Pluronic F-127 などの添加剤がなくとも細胞内に比較的均質に分布している。590 nm で励起し、610-680 nm の蛍光を取得した画像(左)と DIC 画像(右)。 図4 刺激による細胞質でのカルシウム変動の可視化 CaTM-3 AM (3 μM in HBSS) をロードしたHeLa 細胞を 1 μM ヒスタミンで刺激したのち、3分後に 5 μM イオノマイシンでカルシウムを流入させたときの細胞内カルシウム濃度の変動を可視化した。 HeLa 細胞を 1 μM ヒスタミンで刺激したときのカルシウム変動を撮影した動画を、以下のリンクからもご覧いただけます。 https://www.youtube.com/watch?v=-aJYeDSsk8k&feature=share 表2. CaTM-3 AM と他の赤色カルシウムプローブとの比較 CaTM-3 AM CaTM-2™ AM Rhod-2 AM Fura-Red AM Rhod-4™ AM Absmax (nm) 595 597 549 435 530 FLmax (nm) 609 609 578 639 555 Kd(Ca2+) (μM) 0.19 0.2 0.57 0.4 0.53 量子収率 0.37 0.39 0.03 0.013 細胞内局在 細胞質+ 核 細胞質 ミトコンドリア 細胞質 (細胞によってはミトコンドリアに濃縮§ 添加剤 多くの場合 不要* Pluronic F-127 Pluronic F-127 Pluronic F-127 Pluronic F-127 HeLa, COS7, A549, CHO-k1, MCF-7, NIH 3T3, HEK293 細胞で確認されている。ラット海馬スライスへのローディングには、Pluronic F-127 を添加した方が良いと報告されている。 § A549, NIH 3T3,COS7 細胞など ※ 図1~図4のデータ取得 高橋翔大様(東京大学薬学系研究科) CaTM-3 AM は東京大学大学院薬学系研究科 薬品代謝化学教室の花岡健二郎先生のご指導・ご協力のもとで製品化しました。 参考文献 Hirabayashi K, Hanaoka K, Egawa T, Kobayashi C, Takahashi S, Komatsu T, Ueno T, Terai T, Ikegaya Y, Nagano T, Urano Y. (2016) Cell Calcium 60 256-265 M. Kawatani, M. Kamiya, H. Takahashi, Y. Urano(2018) Bioorganic Medicinal Chem. Lett. 28: 1–5DOI: 10.1016/j.bmcl.2017.11.030

    • ClearView™

      $0

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 ~in vivo用小型蛍光イメージング装置~ 複数の蛍光波長に対応可能 コンパクトで携帯可能 シンプルで容易な操作性 低価格 ClearView™は携帯可能な小型蛍光イメージング装置です。ClearView™は観測波長が可変で、高感度、簡便な操作性、軽量かつ小型で、個々の研究室におけるin vivoイメージングに最適です。 ClearView™の特徴 複数の蛍光波長に対応可能 ClearView™は複数波長のイメージングに対応しています。装置にお望みの波長のプローブアダプターを組み入れるだけで波長の変換が可能です。 ClearView™のプローブアダプター 各種蛍光色素に対応 チャンネル名 典型的な色素名 Green FITC Cy 2™ Qdot® 525 Amber TRITC Cy 3 Alexa Fluor® 555, 568 Red Texas Red Alexa Fluor® 594 Adot 655 Deep Red Alexa Fluor® 633, 635, 647 Cy 5 Perkin Elmer 645 Family niR-1 Cy 5.5 Alexa Fluor® 680, 700 Perkin Elmer 680Family コンパクトで携帯可能 ClearView™は小型で (23 x 13 x 13 cm, H x W x D) かつ、軽量であり (約 2.2 kg)、極めて容易に持ち運びできます。実験動物の側に移動して観察することができます。   専用キャリングケースによる携帯の様子 シンプルで容易な操作性 ClearView™のセットアップは簡単です。USBケーブルと電源ケーブルを接続し、機器の電源を入れた後は付属のノートパソコンのソフトウェアを起動するだけです。後はお好みの波長の蛍光像を速やかに撮ることが可能です。 簡便なソフトウェアが内蔵されており、タイムラプス観察やビデオ撮影、また取得した画像の定量解析なども容易です。 また、ClearView™で撮影した画像はダイレクトにPerkinElmer社のLiving Image®ソフトウェアに取り込み解析することが可能です。 ClearView™は高性能でありながら低価格を実現しました。ClearView™は以下の研究機関において機能が実証されています。 東京大学 アメリカ国立がん研究所 – 国立衛生研究所(NCI – NIH) 国立がん研究センター ケース・ウェスタン・リザーブ大学 参考文献 Chu,M and Wan,Y “Sentinel lymph node mapping using near-infrared fluorescent methylene blue”. J.Biosci.Bioeng. 107;455-459 2009. 仕様   型番 IND002 名称 ClearView™ カメラ解像度 1392 x 1024 (1.4 M-pixel) 空間解像度 84 microns / pixel (1 micron = 0.001 mm) 視野 116 x 86 mm 大きさ ※ サイズ (23 x 13 x 13 cm) (H x W x D) 重さ 2.2 kg 消費電力 60 W 【小型蛍光イメージング装置】商品ラインナップはこちら 国内代理店:株式会社和科盛商会  

    • ClearView™ 800

      $0

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 ~in vivo用小型蛍光イメージング装置~ 特徴 近赤外蛍光試薬を検出 タイムラプスイメージングやリアルタイムイメージングが可能 1ミリ秒から1秒以上に至るまで露光時間を変更でき、対象に合わせた感度設定が可能 白色像の撮像もでき、簡便に蛍光像との重ね合わせが可能です。 機器は2.2 kg と軽量です。セットアップも簡便であり、100V 電源2口があれば測定可能です。 わずかなスペースでin vivo イメージングができます。 皮下注射したICGの検出 撮像したい部分が明確でしたらラットでも使用例があります 蛍光試薬:IRDye800CW 動物: Wistarラット IRDye800CW を生理食塩水に溶解 マイクロバブル剤と混合後、ラット顎下腺に逆行性に注入 ソノポレーションによりIRdye800CWを導入 導入直後に撮影 画像提供:東海大学 医学部 臨床薬理学 吉川先生 その他応用例につきましてはアプリケーションノートをご覧ください。 国内代理店:株式会社和科盛商会  

    Start typing and press Enter to search

    Shopping Cart

    No products in the cart.