Shop

    • 酸性オルガネライメージング用pHプローブ
      AcidiFluor™ ORANGE

      $12$14

      混ぜるだけ S/N比が高い タンパク質標識後も高いpH応答性 AcidiFluor™ ORANGE-NHSは、酸性環境下で蛍光が大幅に増大するプローブAcidiFluor™ ORANGEに、アミノ基への標識部位を加えたタンパク質・核酸標識用pHプローブです。N-ヒドロキシスクシンイミドエステル(NHS)を介して、抗体やタンパク質等アミノ基を有する分子と混合するだけで安定な共有結合を形成します。 本製品は局所環境下でのpHモニタリングやエンドサイトーシス・エキソサイトーシスの検出などに最適です。 AcidiFluor™ ORANGE-NHSはタンパク質に標識した後も優れた選択性を持って酸性環境を検出し、酸性オルガネラ内の環境に相当するpH 5.0では、生理的pH 7.4と比較して蛍光強度は10倍以上増大します。また、励起光照射に伴う光褪色に対しても優れた耐性を示します。 544 nm での励起により、オレンジ色蛍光を発するため、CFP、Hoechst等の青色蛍光やGFPなどの緑色蛍光、近赤外蛍光と組み合わせたマルチカラーイメージングに使用可能です。 さらにイメージングだけではなく、プレートリーダーを用いて、化合物の取り込み等をハイスループットスクリーニングにより評価することが可能です。 AcidiFluor™ ORANGE-NHSの特長 AcidiFluor™ ORANGE-NHSの特長 “pH 5 および7.4のリン酸緩衝液中(0.1 M)で、各pHプローブのNHS体およびBSA標識体の蛍光強度を比較した。pH 5.0におけるAcidiFluor™ ORANGE-NHSの蛍光強度はpH 7.4と比較して、約20倍に増大した。一方、pHrodo™ Red-NHS体 (Life Technology社) は約1.8倍、CypHer™ 5E-NHS体 (GE Healthcare) は約7.5倍であり、AcidiFluor™ ORANGE-NHSがより鋭敏に酸性pHを捉えた。同様にBSA標識体の測定結果から、標識後のpH応答性はAcidiFluor™ ORANGEのみで高く維持されることが示された。AcidiFluor™ ORANGE-NHS : λex 532 nm / λem 568 nmpHrodo™ Red-NHS (Life Technology社) : λex 560nm / /λem 582 nm CypHer™ 5E-NHS (GE Healthcare社) : λex 644 nm / /λem 667 nm” 参考文献 “Hayashi A, Asanuma D, Kamiya M, Urano Y, Okabe S. High affinity receptor labeling based on basic leucine zipper domain peptides conjugated with pH-sensitive fluorescent dye: Visualization of AMPA-type glutamate receptor endocytosis in living neuronsNeuropharmacology Volume 100, January 2016, 66-75Hayashi A, Asanuma D, Kamiya M, Urano Y, Okabe S. High affinity receptor labeling based on basic leucine zipper domain peptides conjugated with pH-sensitive fluorescent dye: visualization of AMPA type glutamate receptor endocytosis in living neurons. Neuropharmacology. 2015 Jul 25. pii: S0028-3908(15)30033-2. doi: 10.1016/j.neuropharm.2015.07.026.Asanuma D, Takaoka Y, Namiki S, Takikawa K, Kamiya M, Nagano T, Urano Y & Hirose K. Acidic-pH-Activatable Fluorescence Probes for Visualizing Exocytosis Dynamics. Angew Chem Int Ed 2014, doi:10.1002/anie.201402030.Masayuki Isa, Daisuke Asanuma, Shigeyuki Namiki, Kazuo Kumagai, Hirotatsu Kojima, Takayoshi Okabe, Tetsuo Nagano, and Kenzo Hirose, ACS Chem Biol 2014 Oct 22;9(10):2237-41, “”High-throughput screening system to identify small molecules that induce internalization and degradation of HER2.””Watanabe R, Soga N, Fujita D, Tabata KV, Yamauchi L, Kim SH, Asanuma D, Kamiya M, Urano Y, Suga H and Noji H.Nature Communications 2014 Jul24; 5, Article number: 4519 doi:10.1038/ncomms5519 “”Arrayed lipid bilayer chambers allow single-molecule analysis of membrane transporter activity”””

    • 酸性オルガネライメージング用pHプローブ
      AcidiFluor™ ORANGE

      $12$14

      混ぜるだけ S/N比が高い タンパク質標識後も高いpH応答性 AcidiFluor™ ORANGE-NHSは、酸性環境下で蛍光が大幅に増大するプローブAcidiFluor™ ORANGEに、アミノ基への標識部位を加えたタンパク質・核酸標識用pHプローブです。N-ヒドロキシスクシンイミドエステル(NHS)を介して、抗体やタンパク質等アミノ基を有する分子と混合するだけで安定な共有結合を形成します。 本製品は局所環境下でのpHモニタリングやエンドサイトーシス・エキソサイトーシスの検出などに最適です。 AcidiFluor™ ORANGE-NHSはタンパク質に標識した後も優れた選択性を持って酸性環境を検出し、酸性オルガネラ内の環境に相当するpH 5.0では、生理的pH 7.4と比較して蛍光強度は10倍以上増大します。また、励起光照射に伴う光褪色に対しても優れた耐性を示します。 544 nm での励起により、オレンジ色蛍光を発するため、CFP、Hoechst等の青色蛍光やGFPなどの緑色蛍光、近赤外蛍光と組み合わせたマルチカラーイメージングに使用可能です。 さらにイメージングだけではなく、プレートリーダーを用いて、化合物の取り込み等をハイスループットスクリーニングにより評価することが可能です。 AcidiFluor™ ORANGE-NHSの特長 AcidiFluor™ ORANGE-NHSの特長 “pH 5 および7.4のリン酸緩衝液中(0.1 M)で、各pHプローブのNHS体およびBSA標識体の蛍光強度を比較した。pH 5.0におけるAcidiFluor™ ORANGE-NHSの蛍光強度はpH 7.4と比較して、約20倍に増大した。一方、pHrodo™ Red-NHS体 (Life Technology社) は約1.8倍、CypHer™ 5E-NHS体 (GE Healthcare) は約7.5倍であり、AcidiFluor™ ORANGE-NHSがより鋭敏に酸性pHを捉えた。同様にBSA標識体の測定結果から、標識後のpH応答性はAcidiFluor™ ORANGEのみで高く維持されることが示された。AcidiFluor™ ORANGE-NHS : λex 532 nm / λem 568 nmpHrodo™ Red-NHS (Life Technology社) : λex 560nm / /λem 582 nm CypHer™ 5E-NHS (GE Healthcare社) : λex 644 nm / /λem 667 nm” 参考文献 “Hayashi A, Asanuma D, Kamiya M, Urano Y, Okabe S. High affinity receptor labeling based on basic leucine zipper domain peptides conjugated with pH-sensitive fluorescent dye: Visualization of AMPA-type glutamate receptor endocytosis in living neuronsNeuropharmacology Volume 100, January 2016, 66-75Hayashi A, Asanuma D, Kamiya M, Urano Y, Okabe S. High affinity receptor labeling based on basic leucine zipper domain peptides conjugated with pH-sensitive fluorescent dye: visualization of AMPA type glutamate receptor endocytosis in living neurons. Neuropharmacology. 2015 Jul 25. pii: S0028-3908(15)30033-2. doi: 10.1016/j.neuropharm.2015.07.026.Asanuma D, Takaoka Y, Namiki S, Takikawa K, Kamiya M, Nagano T, Urano Y & Hirose K. Acidic-pH-Activatable Fluorescence Probes for Visualizing Exocytosis Dynamics. Angew Chem Int Ed 2014, doi:10.1002/anie.201402030.Masayuki Isa, Daisuke Asanuma, Shigeyuki Namiki, Kazuo Kumagai, Hirotatsu Kojima, Takayoshi Okabe, Tetsuo Nagano, and Kenzo Hirose, ACS Chem Biol 2014 Oct 22;9(10):2237-41, “”High-throughput screening system to identify small molecules that induce internalization and degradation of HER2.””Watanabe R, Soga N, Fujita D, Tabata KV, Yamauchi L, Kim SH, Asanuma D, Kamiya M, Urano Y, Suga H and Noji H.Nature Communications 2014 Jul24; 5, Article number: 4519 doi:10.1038/ncomms5519 “”Arrayed lipid bilayer chambers allow single-molecule analysis of membrane transporter activity”””

    • AcidiFluor™ ORANGE Labeling Kit

      $69,800

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 標識部位 容量 希望小売価格(円) GC304 AcidiFlluor ORANGE™ Labeling Kit NHS-ester 5回分 ¥69,800   AcidiFluor™ ORANGE-NHS (succinimidyl ester) は、タンパク質等のアミノ基に結合する、縮合剤が不要なpHプローブAcidiFluor™ ORANGEです。抗体等のタンパク質だけでなく、末端アミノ化を施したオリゴヌクレオチドへの標識も可能です。 本キットは、AcidiFluor™ ORANGE-NHSの標識から精製までの一連の作業に必要な試薬、器具 5 回分がセットになっています。 AcidiFluor™ ORANGE-NHS 1 本には、100 μg の IgG 等タンパク質へのラベル化に最適な量が含まれています。 ※注意 : 分子量 30 kDa 以下のサンプルには使用できません。 キット内容 AcidiFluor™ ORANGE-NHS× 5 Reaction Buffer 5 mL × 1 Washing Buffer 10 mL × 1 限外ろ過スピンカラム× 5   参考文献 Hayashi A, Asanuma D, Kamiya M, Urano Y, Okabe S. High affinity receptor labeling based on basic leucine zipper domain peptides conjugated with pH-sensitive fluorescent dye: Visualization of AMPA-type glutamate receptor endocytosis in living neurons Neuropharmacology Volume 100, January 2016, 66-75 Asanuma D, Takaoka Y, Namiki S, Takikawa K, Kamiya M, Nagano T, Urano Y & Hirose K. Acidic-pH-Activatable Fluore Angew Chem Int Ed 2014, doi:10.1002/anscence Probes for Visualizing Exocytosis Dynamics.ie.201402030. Masayuki Isa, Daisuke Asanuma, Shigeyuki Namiki, Kazuo Kumagai, Hirotatsu Kojima, Takayoshi Okabe, Tetsuo Nagano, and Kenzo Hirose, ACS Chem Biol 2014 Oct 22;9(10):2237-41, “High-throughput screening system to identify small molecules that induce internalization and degradation of HER2.” Watanabe R, Soga N, Fujita D, Tabata KV, Yamauchi L, Kim SH, Asanuma D, Kamiya M, Urano Y, Suga H and Noji H. Nature Communications 2014 Jul24; 5, Article number: 4519 doi:10.1038/ncomms5519 “Arrayed lipid bilayer chambers allow single-molecule analysis of membrane transporter activity”

    • AcidiFluor™ ORANGE

      $38,000$68,000

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) GC301 AcidiFluor™ ORANGE 10μg×20 ¥ 68,000 GC3011 10μg×10 ¥ 38,000 S/N比が高い オレンジ色蛍光でマルチカラーイメージングに有用 褪色に強い AcidiFluor™ ORANGEは、酸性環境下で蛍光が大幅に増大する蛍光イメージング用プローブであり、リソソームや後期エンドソーム、膜顆粒などの酸性オルガネラを選択的に染色可能です。 優れた選択性を持って酸性環境を検出し、酸性オルガネラ内の環境に相当するpH 5.0では、生理的pH 7.4と比較して蛍光強度は50倍以上に増大します。また、励起光照射に伴う光褪色に対しても優れた耐性を示します。 532nmまたは514nm での励起により、オレンジ色蛍光を発するため、CFP、Hoechst等の青色蛍光やAcGFPなどの緑色蛍光、近赤外蛍光と組み合わせたマルチカラーイメージングに使用可能です。 本製品は酸性オルガネラの検出、顆粒放出現象の観察、エンドサイトーシス / エキソサイトーシスのイメージングなどに用いることができます。 AcidiFluor™ ORANGEの特長 λabs 535 nm λfl 560 nm pKa 5.1 1. S/N比が高い  図1. AcidiFluor™ ORANGEのpH依存的蛍光スペクトル pH 5 および7.4のリン酸緩衝液中(0.1 M)で 、AcidiFluor™ ORANGEの蛍光スペクトルを測定した。pH 5は酸性オルガネラに、pH 7.4は生理的環境に相当する。 pH 5 におけるAcidiFluor™ ORANGE の蛍光強度はpH 7.4と比較して、50倍以上に増大した。(λex 532 nm / λem 568 nm) 2. オレンジ色蛍光でマルチカラーイメージングに有用 図2. HeLa細胞を用いたマルチカラーイメージング例 Mitochondria-GFPを発現させたHeLa細胞をAcidiFluor™ ORANGE、Hoechst33342で多重染色した。リソソームはオレンジ、核はHoechst33342によってブルー、ミトコンドリアはGFPによって緑に染色され、マルチカラーイメージングが可能である。 3. 褪色に強い 図3. 褪色性試験における他社製品との比較 180秒間に渡る励起光照射の結果、LysoTracker® Green DND-26、LysoTracker® Red DND-99は顕著に褪色するのに対し、AcidiFluor™ ORANGEの蛍光は維持されている。また、LysoSensor™ Green DND-189は、励起光照射により蛍光の細胞質への漏れ込みが生じ、連続観察には適さない。 AcidiFluor™ ORANGEは東京大学大学院医学系研究科神経生物学分野 瀬謙造教授のご指導の下、東京大学よりライセンスを受け、五稜化薬株式会社が製品化しました。なお本製品は、JST先端計測分析技術・機器開発プログラムの一環として開発されました。 参考文献 T. Karasawa, A. Kawashima, F. Usui-Kawanishi, S. Watanabe, H. Kimura, R. Kamata, K. Shirasuna, Y. Koyama, A. Sato-Tomita, T. Matsuzaka, H. Tomoda, S. Y. Park, N. Shibayama, H. Shimano, T. Kasahara, M. Takahashi (2018) Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol. (In press) DOI: 10.1161/ATVBAHA.117.310581. S. Kitazawa, S. Nishizawa, H. Nakagawa, M. Funata, K. Nishimura, T. Soga, T. Hara (2017) Cancer Sci. 108: 1185-1193, DOI: 10.1111/cas.13240 Kitakaze K, Mizutani Y, Sugiyama E, Tasaki C, Tsuji D, Maita N, Hirokawa T, Asanuma D, Kamiya M, Sato K, Setou M, Urano Y, Togawa T, Otaka A, Sakuraba H, Itoh K. Protease-resistant modified human β-hexosaminidase B ameliorates symptoms in GM2 gangliosidosis model J Clin Invest. 2016 Mar 28. pii: 85300. doi: 10.1172/JCI85300. Hayashi A, Asanuma D, Kamiya M, Urano Y, Okabe S. High affinity receptor labeling based on basic leucine zipper domain peptides conjugated with pH-sensitive fluorescent dye: Visualization of AMPA-type glutamate receptor endocytosis in living neurons Neuropharmacology Volume 100, January 2016, 66-75 Asanuma D, Takaoka Y, Namiki S, Takikawa K, Kamiya M, Nagano T, Urano Y & Hirose K. Acidic-pH-Activatable Fluorescence Probes for Visualizing Exocytosis Dynamics. Angew Chem Int Ed 2014, doi:10.1002/anie.201402030. Masayuki Isa, Daisuke Asanuma, Shigeyuki Namiki, Kazuo Kumagai, Hirotatsu Kojima, Takayoshi Okabe, Tetsuo Nagano, and Kenzo Hirose, ACS Chem Biol 2014 Oct 22;9(10):2237-41,“High-throughput screening system to identify small molecules that induce internalization and degradation of HER2. “Watanabe R, Soga N, Fujita D, Tabata KV, Yamauchi L, Kim SH, Asanuma D, Kamiya M, Urano Y, Suga H and Noji H. Nature Communications 2014 Jul24; 5, Article number: 4519 doi:10.1038/ncomms5519 “Arrayed lipid bilayer chambers allow single-molecule analysis of membrane transporter activity”

    • AcidiFluor™ ORANGE-Zymosan A

      $49,800

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) GC305 AcidiFluor™ ORANGE-Zymosan A 1mg ¥49,800 AcidiFluor™ ORANGE-Zymosan Aは、ファゴサイトーシスの検出によく用いられるZymosan A にAcidiFluor™ ORANGE-NHSで標識を行った試薬です。PBS(-)で分散させて、貪食機能を有する細胞に振り掛けるだけで観察が可能です。 AcidiFluor™ ORANGE-NHSの機能はそのままでS/N比が高く、高いpH応答性を示します。 AcidiFluor™ ORANGE-Zymosan Aの特長 λabs 544 nm λfl 565 nm 参考文献 Asanuma D, Takaoka Y, Namiki S, Takikawa K, Kamiya M, Nagano T, Urano Y & Hirose K. Acidic-pH-Activatable Fluorescence Probes for Visualizing Exocytosis Dynamics. Angew Chem Int Ed 2014, doi:10.1002/anie.201402030. Masayuki Isa, Daisuke Asanuma, Shigeyuki Namiki, Kazuo Kumagai, Hirotatsu Kojima, Takayoshi Okabe, Tetsuo Nagano, and Kenzo Hirose, ACS Chem Biol 2014 Oct 22;9(10):2237-41, “High-throughput screening system to identify small molecules that induce internalization and degradation of HER2. ”Watanabe R, Soga N, Fujita D, Tabata KV, Yamauchi L, Kim SH, Asanuma D, Kamiya M, Urano Y, Suga H and Noji H. Nature Communications 2014 Jul24; 5, Article number: 4519 doi:10.1038/ncomms5519 “Arrayed lipid bilayer chambers allow single-molecule analysis of membrane transporter activity”

    • AcidiFluor™ ORANGE-NHS

      $49,800$79,800

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 標識部位 容量 希望小売価格(円) GC302 AcidiFluor ORANGE™-NHS NHS-ester 1 mg ¥79,800 GC303 5回分 ¥49,800 混ぜるだけ S/N比が高い タンパク質標識後も高いpH応答性 AcidiFluor™ ORANGE-NHSは、酸性環境下で蛍光が大幅に増大するプローブAcidiFluor™ ORANGEに、アミノ基への標識部位を加えたタンパク質・核酸標識用pHプローブです。N-ヒドロキシスクシンイミドエステル(NHS)を介して、抗体やタンパク質等アミノ基を有する分子と混合するだけで安定な共有結合を形成します。 本製品は局所環境下でのpHモニタリングやエンドサイトーシス・エキソサイトーシスの検出などに最適です。 AcidiFluor™ ORANGE-NHSはタンパク質に標識した後も優れた選択性を持って酸性環境を検出し、酸性オルガネラ内の環境に相当するpH 5.0では、生理的pH 7.4と比較して蛍光強度は10倍以上増大します。また、励起光照射に伴う光褪色に対しても優れた耐性を示します。 544 nm での励起により、オレンジ色蛍光を発するため、CFP、Hoechst等の青色蛍光やGFPなどの緑色蛍光、近赤外蛍光と組み合わせたマルチカラーイメージングに使用可能です。 さらにイメージングだけではなく、プレートリーダーを用いて、化合物の取り込み等をハイスループットスクリーニングにより評価することが可能です。 図1. AcidiFluor™ ORANGE-NHSと抗体の反応 AcidiFluor™ ORANGE-NHSの特長 λabs 544 nm λfl 565 nm pKa 5.3, 6.8 ε 80,000 S/N比が高い 図2. AcidiFluor™ ORANGE-NHSと他社pHプローブとのpH応答比較 pH 5 および7.4のリン酸緩衝液中(0.1 M)で、各pHプローブのNHS体およびBSA標識体の蛍光強度を比較した。pH 5.0におけるAcidiFluor™ ORANGE-NHSの蛍光強度はpH 7.4と比較して、約20倍に増大した。一方、pHrodo™ Red-NHS体 (Life Technology社) は約1.8倍、CypHer™ 5E-NHS体 (GE Healthcare) は約7.5倍であり、AcidiFluor™ ORANGE-NHSがより鋭敏に酸性pHを捉えた。同様にBSA標識体の測定結果から、標識後のpH応答性はAcidiFluor™ ORANGEのみで高く維持されることが示された。 AcidiFluor™ ORANGE-NHS : λex 532 nm / λem 568 nm pHrodo™ Red-NHS (Life Technology社) : λex 560nm / /λem 582 nm CypHer™ 5E-NHS (GE Healthcare社) : λex 644 nm / /λem 667 nm 図3. 細胞内の箇所を選択し、経時的な蛍光強度をグラフ化した。AcidiFluor™ ORANGE-BSAは、細胞に取り込まれると経時的に蛍光強度が上昇したが、pHrodo-BSA、CypHer5E-BSAは、蛍光強度変化は観察されなかった。 参考文献 Hayashi A, Asanuma D, Kamiya M, Urano Y, Okabe S. High affinity receptor labeling based on basic leucine zipper domain peptides conjugated with pH-sensitive fluorescent dye: Visualization of AMPA-type glutamate receptor endocytosis in living neurons Neuropharmacology Volume 100, January 2016, 66-75 Hayashi A, Asanuma D, Kamiya M, Urano Y, Okabe S. High affinity receptor labeling based on basic leucine zipper domain peptides conjugated with pH-sensitive fluorescent dye: visualization of AMPA type glutamate receptor endocytosis in living neurons. Neuropharmacology. 2015 Jul 25. pii: S0028-3908(15)30033-2. doi: 10.1016/j.neuropharm.2015.07.026. Asanuma D, Takaoka Y, Namiki S, Takikawa K, Kamiya M, Nagano T, Urano Y & Hirose K. Acidic-pH-Activatable Fluorescence Probes for Visualizing Exocytosis Dynamics. Angew Chem Int Ed 2014, doi:10.1002/anie.201402030. Masayuki Isa, Daisuke Asanuma, Shigeyuki Namiki, Kazuo Kumagai, Hirotatsu Kojima, Takayoshi Okabe, Tetsuo Nagano, and Kenzo Hirose, ACS Chem Biol 2014 Oct 22;9(10):2237-41, “High-throughput screening system to identify small molecules that induce internalization and degradation of HER2. “Watanabe R, Soga N, Fujita D, Tabata KV, Yamauchi L, Kim SH, Asanuma D, Kamiya M, Urano Y, Suga H and Noji H. Nature Communications 2014 Jul24; 5, Article number: 4519 doi:10.1038/ncomms5519 “Arrayed lipid bilayer chambers allow single-molecule analysis of membrane transporter activity”  

    • CaTM-2™ AM

      $38,000$68,900

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) GC503 CaTM-2™ AM 500μg ¥63,000 GC504 50μg×10 ¥68,900 GC5041 50μg×5 ¥38,000 CaTM-2 AM はカルシウムイオンが結合すると赤色の蛍光を発するカルシウムプローブです。蛍光母核として TokyoMagenta を用いており、609 nm の蛍光極大波長を示します。カルシウムイオンとの解離定数 (Kd) が 0.20 μM と低く、高感度にカルシウムイオンを検出できます。 データ 名称 検出対象 膜透過性 蛍光化 Absmax (nm) Emmax (nm) Kd for Ca2+ (μM) 量子収率 CaTM-2 AM Ca2+ あり (AM) 可逆 597 609 0.20 0.39 CaTM-2 AM はアセトキシメチルエステル化されており、細胞膜透過性があります。細胞内のエステラーゼにより加水分解され、細胞内に比較的均質に滞留するため、細胞内カルシウム濃度の測定に適しています。 参考文献 K.Fujita, K.Motoki, K.Tagawa, X.Chen, H.Hama, K.Nakajima, H.Homma, T. Tamura, H.Watanabe, M.Katsuno, C.Matsumi, M.Kajikawa, T.Saito, T.Saido, G.Sobue, A.Miyawaki H.Okazawa(2016) Sci Rep. 6:31895DOI:10.1038/srep31895 リンク先: https://doi.org/10.1038/srep31895 T. Egawa, K. Hirabayashi, Y. Koide, C. Kobayashi, N. Takahashi, T. Mineno, T. Terai, T. Ueno, T. Komatsu, Y. Ikegaya, N. Matsuki, T. Nagano, K. Hanaoka (2013) Angew. Chem. Int. Ed. 52, 3874 -3877 K. Fujita, K. Motoki, K. Tagawa, X. Chen, H. Hama, K. Nakajima, H. Homma, T. Tamura, H. Watanabe, M.Katsuno, C.Matsumi, M. Kajikawa, T. Saito, T.Saido, G.Sobue, A.Miyawaki H.Okazawa (2016) Sci Rep. 6:31895DOI:10.1038/srep31895

    • GlycoYELLOW™-βGlu

      $49,800$59,800

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 ~ライブセルでlacZ レポーター遺伝子解析が可能に~ 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) GC601 GlycoYELLOW™ –βGal 50μg×10 ¥ 59,800 GC602 GlycoYELLOW™ –βGlu 50μg×10 ¥ 59,800 GC603 GlycoYELLOW™ –βGlcU 50μg×10 ¥ 59,800 GC1001 EsterYELLOW™ -Ac 50μg×10 ¥ 49,800 ライブセルイメージングが可能 高感度 高い細胞内滞留性 GlycoYELLOW™-βGal は、β-ガラクトシダーゼ検出用の蛍光基質であり、lacZ レポーター遺伝子を導入した細胞や組織の蛍光観察、選別等にご利用いただけます。 また、GlycoYELLOW™-βGal はβ-ガラクトシダーゼ非存在下では蛍光はほぼ検出されず、S/N比の高い高感度蛍光プローブです。 用途 lacZ レポーター遺伝子をライブセルイメージングで。 トランスフェクション効率のモニタリングに。 プロモーター / エンハンサー研究に。 GlycoYELLOW™-βGal の 細胞内平均蛍光強度 λabs 525 nm* λfl 543 nm * 488 nm でも励起可能です。 図1. GlycoYELLOW™-βGal がβ-Galactosidase により 加水分解を受け、蛍光を発する仕組み。 ライブセルイメージングが可能 GlycoYELLOW™-βGal の 細胞内平均蛍光強度 図2. GlycoYELLOW™-βGal を導入した 293/LacZ 細胞(β-ガラクトシダーゼ発現細胞)とHEK293 細胞の比較。 β-ガラクトシダーゼを発現している 293/LacZ 細胞と 発現していないHEK293 細胞を比較すると、293/LacZ 細胞では細胞内に GlycoYELLOW™-βGal 由来の蛍光が強く検出された。 高感度 図3. β-Galactosidase反応前後のGlycoYELLOW™-βGal の蛍光スペクトル GlycoYELLOW™-βGal とβ-Galactosidase(3 units)を37℃、30分間反応させた。 β-Galactosidase を反応させると、547 nmをピークに大幅な蛍光強度上昇を示した(3 unitsで約37倍) 高い細胞内滞留性 (a) (b) (n=5) 図4. (a) GlycoYELLOW™-βGal 染色を施した 293/LacZ 細胞(β-ガラクトシダーゼ発現細胞)のタイムラプス観察。 (b) (a)図中選択領域 1~5 から取得した蛍光強度の平均値の経時変化。 Error bars : ±s.d. 30分間の蛍光観察の結果、293/LacZ 細胞内の蛍光強度はほぼ変化せず、 GlycoYELLOW™-βGal は細胞から漏れ出しにくいことがわかる。 参考文献 “蛍光プローブの精密設計に基づく in vivo 迅速蛍光がんイメージング” 神谷真子、浦野泰照 実験医学 2012, Vol. 30, No. 7 (増刊), 1135-1144 Mako Kamiya, Daisuke Asanuma, Erina Kuranaga, Asuka Takeishi, Masayo Sakabe, Masayuki Miura, Tetsuo Nagano, and Yasuteru Urano J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 12960-12963 GlycoYELLOW™-βGalは、論文中のHMDER-βGalの事です。  

    • HaloTag® AcidiFluor™ORANGE Ligand

      $78,000$150,000

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) GC310-01 HaloTag® AcidiFluor™ ORANGE Ligand 30 nmol ¥78,000 GC310-02 60 nmol ¥150,000 pH応答性蛍光色素AcidiFluor™ ORANGEをHaloTag®リガンド化 褪色しにくく長時間のトラッキングが可能 Name  Exmax (nm) FLmax (nm)  pKa ε (M-1 cm-1) *1 Φ *2 HaloTag® AcidiFluor™ ORANGE Ligand 520 565 5.0 60,000 0.7 *3 *1モル吸光係数 *2 量子収率 *3 最大値。pH によって異なる。 HaloTag® AcidiFluor™ ORANGE Ligand は RhP-M としても知られる酸性 pH 感受性蛍光プローブ AcidiFluor™ ORANGE-NHS と共通の母核構造と、HaloTag® ligand を持つ蛍光プローブです。酸性の pH によって可逆的に蛍光強度が上昇します。 図1 (左)pH 5.0, 7.5 溶液中での蛍光スペクトル (右)pH 変化による蛍光強度変化 応用例 図2 HaloTag® AcidiFluor™ ORANGE Ligand による連続的なエンドサイトーシス、エキソサイトーシスのイメージング例。細胞膜表面に露出した EGFR に HaloTag® を介してHaloTag® AcidiFluor™ ORANGE Ligand を結合させると、細胞表面では細胞外溶液の中性の pH のため蛍光が観察されないが、エンドサイトーシスによって小胞を形成し、小胞が酸性化すると蛍光が観察されるようになる。一方、エキソサイトーシスによって細胞外の pH と一致することで、即座に蛍光が消光する。 (方法)RBL-2H3 細胞にScreenFect™ A (和光純薬) を用いて HaloTag-EGFP 発現ベクター を導入して6時間培養後、 anti-DNP IgG を 1 μg/mL 培地に添加して16時間培養した。その後、培地交換して洗浄し、2 μM のHaloTag® AcidiFluor™ ORANGE Ligand を含んだ培地中で30分培養後、HBSS で洗浄して観察した。観察直前に 50 μg/mL DNP-BSA で刺激し、エンドサイトーシス、エキソサイトーシスを誘導した。観察には、NIKON Ti-E, PlanFluor 40/1.3 およびHamamatsu ORCA-R2 を用いた。マゼンタの疑似カラーが AcidiFluor™ ORANGE の蛍光を示す。 参考文献 Masayuki Isa, Daisuke Asanuma, Shigeyuki Namiki, Kazuo Kumagai, Hirotatsu Kojima, Takayoshi Okabe, Tetsuo Nagano, and Kenzo Hirose “High-throughput screening system to identify small molecules that induce internalization and degradation of HER2.” ACS Chem Biol 2014; 9(10) :2237-2241.

    • ProteoGREEN™-gGlu

      $59,800

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) GC 801 ProteoGREEN™ -gGlu 20μg×10 ¥ 59,800 ProteoGREEN-gGlu (gGlu-HMRG) は、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ (GGT) 活性を検出するための蛍光プローブです。pH 7以上ではほとんど無蛍光ですが、細胞表面にGGT を高発現しているがん細胞やがん組織の表面で分解され、非可逆的に緑の蛍光物質に変化します。生成した蛍光物質はすみやかに近くにある細胞内に取り込まれるため、GGTを高発現しているがん組織を検出できます。 データ 名称 検出対象 蛍光化 Absmax (nm) Emmax (nm) 分子吸光係数 (M-1cm-1) 蛍光量子 収率 ProteoGREEN-gGlu GGT活性 非可逆 500 524 57,000 0.81 ※上記データは、GGT 反応後のものです。反応前はほとんど蛍光を示しません。 ProteoGREEN-gGlu の反応前、反応後の蛍光スペクトル。PBS (pH 7.4) 中で測定したもの。 イメージング例 HeLa 細胞(ヒト子宮頸がん由来の細胞株, 左)と HUVEC (正常ヒト臍帯静脈内皮細胞, 右) を 1 μM のProteoGREEN-gGlu を含む溶液中で37℃ 15分間反応させたもの。緑の疑似カラーが ProteoGREEN-gGlu の蛍光、青の疑似カラーは Hoechist 33342 による核染色。 細胞表面で反応して生成した ProteoGREEN-gGlu 由来の蛍光物質は、溶液中を拡散し、混在している GGT 活性のない細胞も染色することがあります。細胞ごとに染色する目的には適しません。ご注意ください。 ProteoGREEN-gGluは東京大学よりライセンスを受け、東京大学大学院医学系研究科生体物理医学専攻医用生体工学講座生体情報学(浦野泰照教授)のご指導の下、五稜化薬株式会社が製品化しました。 参考文献 K. Kawakami, Y. Fujita, Y. Matsuda, T. Arai, K. Horie, K. Kameyama, T. Kato, K. Masunaga, Y. Kasuya, M. Tanaka, K. Mizutani, T. Deguchi, M. Ito (2017) BMC Cancer 17: 316 DOI: 10.1186/s12885-017-3301-x Y. Miyata, T. Ishizawa, M. Kamiya, S. Yamashita, K. Hasegawa, A. Ushiku, J. Shibahara, M. Fukayama, Y. Urano, N. Kokudo (2017) Sci. Rep. 7: 3542 DOI:10.1038/s41598-017-03760-3 A. Behrooz, P. Waterman, K. O. Vasquez, J. Meganck, J. D. Peterson, I. Faqir, J. Kempner (2017) Opt. Lett. 42: 2964-2967 DOI: 10.1364/OL.42.002964 Y. Nakamura, T. Harada, T. Nagaya, K. Sato, S. Okuyama, P. L. Choyke, H. Kobayashi (2016) Oncotarget 7: 51124-51137. T. Mizushima, S. Ohnishi, Y. Shimizu, Y. Hatanaka, K. C. Hatanaka, H. Hosono, Y. Kubota, M. Natsuizaka, M. Kamiya, S. Ono, A. Homma, M. Kato, N. Sakamoto, Y. Urano (2016) BMC Cancer 16: 411 DOI: 10.1186/s12885-016-2421-z H. Ueo, Y. Shinden, T. Tobo, A. Gamachi, M. Udo, H. Komatsu, S. Nambara, T. Saito, M. Ueda, H. Hirata, S. Sakimura, Y. Takano, R. Uchi, J. Kurashige, S. Akiyoshi, T. Iguchi, H. Eguchi, K. Sugimachi, Y. Kubota, Y. Kai, K. Shibuta, Y. Kijima, H. Yoshinaka, S. Natsugoe, M. Mori, Y. Maehara, M. Sakabe, M. Kamiya, J. W. Kakareka, T. J. Pohida, P. L. Choyke, H. Kobayashi, H. Ueo, Y. Urano, K. Mimori (2015) Sci. Rep., 5: 12080 DOI:10.1038/srep12080 M. Mitsunaga, N. Kosaka, P. L. Choyke, M. R. Young, C. R. Dextras, S. M. Saud, N. H. Colburn, M. Sakabe, T. Nagano, D. Asanuma, Y. Urano, H. Kobayashi (2013) Gut, 62: 1179-1186 DOI: 10.1136/gutjnl-2011-301795 M. Sakabe, D. Asanuma, M. Kamiya, R. J. Iwatate, K. Hanaoka, T. Terai, T. Nagano, Y. Urano (2013) J. Am. Chem. Soc., 135: 409-414 DOI: 10.1021/ja309688m Y. Urano (2012) Curr. Opin. Chem. Biol., 16: 602-608 DOI: 10.1016/j.cbpa.2012.10.023 Y. Urano, M. Sakabe, N. Kosaka, M. Ogawa, M. Mitsunaga, D. Asanuma, M. Kamiya, M. R. Young, T. Nagano, P. L. Choyke, H. Kobayashi (2011) Sci. Transl. Med., 129: 1-10 DOI: 10.1126/scitranslmed.3002823 有機小分子蛍光プローブの精密開発によるin vivo微小癌検出の実現 浦野泰照 (2013) G. I. Research 21(1): 79-86 光機能性プローブの精密開発によるin vivo微小癌検出の実現 浦野泰照 (2013) Surgery Frontier 20(1): 79-87新規蛍光プローブによるin vivo微小がん検出の実現 浦野泰照 (2013) 癌と化学療法 40(3): 299-303 蛍光プローブの精密設計による高精細in vivo癌イメージング 浦野泰照 (2012) 分子消化器病 9(2): 138-144 in vivoがん検出を可能とする蛍光有機小分子プローブの開発 浦野泰照, 神谷真子 (2012) 病理と臨床 30(7): 747-754 蛍光プローブの精密設計に基づくin vivo迅速蛍光がんイメージング 神谷真子, 浦野泰照 (2012) 実験医学 30(7): 1135-1144 蛍光プローブの精密設計による新しい生細胞イメージング・in vivoがんイメージング 浦野泰照, 神谷真子 (2012) 実験医学 30(15): 2519-2526

    • Kyoto Probe 1 (KP-1)

      $39,800$69,800

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) GC7001-01 Kyoto Probe 1 (KP-1) 10μg×5 ¥ 39,800 GC7001-02 10μg×10 ¥ 69,800 ヒトiPS細胞・ヒトES細胞と分化細胞を識別可能 フローサイトメトリーや、ライブセルイメージングが可能 染色状態で培養可能 λex 515 nm λem 529 nm Φ 0.45 図1 KP-1の蛍光特性 KP-1の特長 1.ヒトiPS細胞・ヒトES細胞と分化細胞と識別可能 図2 (A、B) フィーダー細胞上に形成しているヒトiPS 細胞のコロニーを、KP-1 を用いて蛍光染色した写真。(左: 明視野像、右: 蛍光像、スケールバー: 300μm) KP-1によるヒトiPS/ES細胞への特異的染色のメカニズム KP-1は細胞膜透過性があり、ヒト幹細胞にKP-1を添加すると自動拡散により細胞内のミトコンドリアに集積し、細胞膜上のABCタンパク質の発現量が低いため細胞外へ排出されずにミトコンドリアに電位非依存的に局在し続ける。一方、分化細胞においても同様に、KP-1は細胞内へ取り込まれるが、ABCB1およびABCG2の作用により細胞外へ排出されてしまう。この結果、KP-1の濃度がヒト幹細胞内では高く、分化細胞では低くなるため蛍光強度の差が生じると考えられる(Cell Rep. 2014)。 図3 (C、F) KP-1 を用いて部分的に分化したヒトiPS細胞のコロニーを蛍光染色した写真。(C: 明視野像、F: 蛍光像、スケールバー: 450 μm). 外側の未分化状態にあるヒトiPS細胞のみが蛍光染色される。(D、G) KP-1を用いてヒトES細胞のコロニーが蛍光染色されている。(D: 明視野像、G: 蛍光像、スケールバー: 450 μm). (E、H) KP-1を用いて部分的に分化したヒトES細胞のコロニーを蛍光染色した写真。(E: 明視野像、H: 蛍光像、スケールバー: 450 μm). 分化した細胞中では蛍光が観察されない。 2.フローサイトメトリーや、ライブセルイメージングが可能 図4 iPS細胞のFACS解析 (左)ヒトiPS細胞とフィーダー細胞を混合したものに対して、多能性幹細胞マーカーであるSSEA-4陽性の細胞の多くが、KP-1も陽性になることが確認された。 (右)ヒトiPS細胞の99.18%がKP-1によって染色されることが確認された。 3.フローサイトメトリーを用いたヒトiPS細胞の分離 図5 各種ヒト体細胞のKP-1によるフローサイトメトリー 肺などのヒト体細胞に対してKP-1でのフローサイトメトリーを行った結果、神経細胞を除く体細胞において分離が可能。 [詳細]分化と未分化細胞認識のメカニズム KP-1はヒト幹細胞においてミトコンドリアに局在を示し、蛍光強度の差はミトコンドリアに関係することが示唆される。 一方で、分化誘導前後でABCタンパク質の発現量が増減するという現象が報告されており、ABCタンパク質の中で化合物の輸送に関係するタンパク質に着目したところ、分化誘導後にABCB1とABCG2のメッセンジャーRNAの発現量が大きく増加することが発見された。そこで、ABCB1およびABCG2を発現するモデル細胞に対してのKP-1を加えて蛍光発光の変化について測定を行った。ABCタンパク質の発現量が少ないKB3-1細胞を用いて遺伝子改変によってABCB1およびABCG2を過剰に発現する細胞を構築し、これらの細胞にKP-1を加えて観察したところ、いずれの細胞においても蛍光発光は観察されなかった。しかし、これらの細胞に、ABCB1とABCG2の活性を抑制する阻害剤であるサイクロスポリンA(CsA)およびフミトレモルギンC(FTC)を添加すると、KP-1の蛍光発光が観察された。以上の結果から、KP-1はABCB1とABCG2の基質となり、これらのタンパク質の作用によって細胞内から排出されることが示唆される。 続いて、ヒトES細胞と分化細胞をそれぞれKP-1で蛍光染色し、フローサイトメーターによる解析を行った結果、ヒトES細胞中の蛍光発光強度は分化細胞に比べて約100倍程度強いことが明らかとなった。しかし、分化細胞をABCB1とABCG2の阻害剤であるCsAおよびFTCで処理すると分化細胞中でも蛍光強度の増加が確認された。以上の結果から、KP-1の蛍光挙動は細胞膜上に発現するABCB1およびABCG2に依存することが示唆される。 参考文献 Di Mao, Shin Ando, Shin-ichi Sato, Ying Qin, Nao Hirata, Yousuke Katsuda, Eihachiro Kawase, Ting-Fang Kuo, Itsunari Minami, Yuji Shiba, Kazumitsu Ueda, Norio Nakatsuji, and Motonari Uesugi (2017) Angew.Chem. Int.Ed. 56 (7), 1765-1770 Ting-Fang Kuo, Di Mao, Nao Hirata, Bilon Khambu, Yasuhisa Kimura, Eihachiro Kawase, Hiroki Shimogawa, Makoto Ojika, Norio Nakatsuji, Kazumitsu Ueda, and Motonari Uesugi. Selective Elimination of Human Pluripotent Stem Cells by a Marine Natural Product Derivative J. Am. Chem. Soc., 2014, 136 (28), pp 979-9801 Hirata N, Nakagawa M, Fujibayashi Y, Yamauchi K, Murata A, Minami I, Tomioka M, Kondo T, Kuo TF, Endo H, Inoue H, Sato S, Ando S, Kawazoe Y, Aiba K, Nagata K, Kawase E, Chang YT, Suemori H, Eto K, Nakauchi H, Yamanaka S, Nakatsuji N, Ueda K, Uesugi M. Cell Rep. 2014 6:1165-1174.

    • FeRhoNox™-1

      $49,800

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円 ) GC 901 FeRhoNox™-1 50μg×10 ¥49,800   ~他の金属イオンと区別してFe2+の検出が可能に~ 他の金属イオンと区別して鉄(II)イオンを特異的に検出可能 遊離鉄(II)イオンの生細胞イメージングが可能 FeRhoNox™-1は、鉄(II)イオンを検出可能なゴルジ局在性の生細胞イメージング用蛍光プローブです。他の金属イオンと区別してFe2+を特異的に検出することができます。ゴルジでのFe2+ の検出に有効です。 用途 水溶液中での鉄(II)イオンの検出に。 生細胞での遊離鉄(II)イオンの検出に FeRhoNox™-1 の特長 λabs 540 nm(excitation) λFl 575 nm(emission) 図1. FeRhoNox™-1がFe2+により還元を受け、蛍光を発する仕組み。 図2. Fe2+反応前後のFeRhoNox™-1の蛍光スペクトル FeRhoNox™-1とFe2+を37℃、1時間反応させた。Fe2+を反応させると、575 nmをピークに蛍光強度上昇を示した。 図3. HepG2細胞での鉄イオンの検出 HepG2 細胞に対して Fe(NH4)2(SO4)2 (FAS; 100 μM) を加えて、30 min インキュベートした後、5 μM の FeRhoNox™-1 を加えてさらにインキュベート。1 h 後、蛍光顕微鏡観察。   図4. 鉄(II)イオンに対するFeRhoNox™-1の応答性。 鉄(II)イオンを加える事で応答の上昇が観察される。 図5. FeRhoNox™-1 鉄(II)イオンに対する選択性。 鉄(II)イオンのみに選択的に反応している。   図6. HepG2細胞でのGolgi MarkerとFeRhoNox™-1との蛍光イメージング像の比較。 Mergeによって、FeRhoNox™-1はGolgi体内の鉄(II)イオンを選択的に検出している事がわかる。 HepG2細胞への応用 図7. FeRhoNox™-1を用いたHepG2細胞でのライブセルイメージング。 ①-Fe(II):鉄イオン(100μM Ferrous ammonium sulfate)を加えていない場合、②+Fe(II):鉄イオンを加えた場合、③+Fe(II)+Bpy:鉄(II)キレーターであるBpyを添加した場合。②+Fe(II)でFeRhoNox™-1は蛍光強度の上昇を示した。また、③で蛍光強度が減少している事から、選択的に鉄(II)イオンを検出している事を示している。 HEK293細胞への応用 図8. FeRhoNox™-1を用いたHEK293細胞でのライブセルイメージング。 ①-Fe(II):鉄イオンを加えていない場合、②+Fe(II):鉄イオンを加えた場合、③+Fe(II)+Bpy:Bpyを添加した場合。②+Fe(II)でFeRhoNox™-1は蛍光強度の上昇を示している事から、ライブセル中においてFe(II)を検出している。また、③+Fe(II)+Bpy蛍光強度が減少している事から、選択的に鉄(II)イオンを検出している事を示している。 細胞内の内在性鉄(II)イオンの検出 図9. 細胞内内在性鉄(II)イオンの検出。 ②Bpy添加によりシグナルが減少している事からFeRhoNox™-1により内在性鉄(II)が検出されている事がわかる。 *Bpy: 2,20-bipyridyl (Bpy)は細胞膜透過性の鉄(II)イオン選択的キレーターです。 観察方法 励起波長は 緑色光(G励起・546nm) が適しています(フィルタは、 G-1A (Nikon 社) もしくはU-FGW (Olympus 社)、N2.1 (Leica 社) 等が使用可能)。染色は5 μM FeRhoNox™-1をライブセルと共に37℃、1時間インキュベート後、バッファ洗浄にて観察頂けます。蛍光波長は 575 nm をピークに検出されます。 参考文献 Y.Kamihara,K.Takada, T.Sato, Y.Kawano, K.Murase, Y.Arihara, S.Kikuch, N.Hayasaka, M.Usami, S.Iyama, K.Miyanishi, Y.Sato, M.Kobune, J.Kato(2016) Oncotarget.7: 64330–64341.DOI: 10.18632/oncotarget.11830 リンク先: https://doi.org/10.18632/oncotarget.11830 K. Chaudhary, W. Promsote, S. Ananth, R. Veeranan-Karmegam, A. Tawfik, P. Arjunan, P. Martin, S. B. Smith, M. Thangaraju, O. Kisselev, V. Ganapathy, J. Gnana-Prakasam (2018) Sci Rep., 8:3025 DOI: 10.1038/s41598-018-21276-2 A. T. Aron, A. G. Reeves, C. J. Chang. (2018) Curr Opin Chem Biol. 43:113-118 DOI: 10.1016/j.cbpa.2017.12.010 K. Oshima, Y. Ikeda, Y. Horinouchi, H. Watanabe, H. Hamano, Y. Kihira, S. Kishi, Y. Izawa-Ishizawa, L. Miyamoto, T. Hirayama, H. Nagasawa, K. Ishizawa, K. Tsuchiya, T. Tamaki (2017) Lab. Invest. 97: 555-566 DOI: 10.1038/labinvest.2017.11 DeGregorio-Rocasolano N, Martí-Sistac O, Ponce J, Castelló-Ruiz M, Millán M, Guirao V, García-Yébenes I, Salom JB, Ramos-Cabrer P, Alborch E, Lizasoain I, Castillo J, Dávalos A, Gasull T. (2017) Redox Biol. 15:143-158. DOI: 10.1016/j.redox.2017.11.026 Fumiya Ito , Takahiro Nishiyama, Lei Shi , Masahiko Mori, Tasuku Hirayama ,Hideko Nagasawa, Hiroyuki Yasui, Shinya Toyokuni ,(2016) Biochem Biophys Res Commun. 476: 600-606 Epalrestat Upregulates Heme Oxygenase-1, Superoxide Dismutase, and Catalase in Cells of the Nervous System. Yama K, Sato K, Murao Y, Tatsunami R, Tampo Y. Biol Pharm Bull. 2016 39(9):1523-30. doi: 10.1248/bpb.b16-00332 Cancer Sci. 2015 Dec 17. doi: 10.1111/cas.12865. Role of hemoglobin and transferrin in multi-wall carbon nanotube-induced mesothelial injury and carcinogenesis. Wang Y, Okazaki Y, Shi L, Kohda H, Tanaka M, Taki K, Nishioka T, Hirayama T, Nagasawa H, Yamashita Y, Toyokuni S.FeRhoNox-1の応用例 Mukaide, T.; Hattori, Y.; Misawa, N.; Funahashi, S.; Jiang, L.; Hirayama, T.; Nagasawa, H.; Toyokuni, S. Free Radic. Res. 2014, 48, 990-995. FeRhoNox™-1 は、論文中のRhoNox-1の事です。 Tomoyo Imamura, Tasuku Hirayama, Kazuhiro Tsuruma, Masamitsu Shimazawa, Hideko Nagasawa, and Hideaki Hara, Volume 129, December 2014, Pages24-30, Experimental Eye Research “Hydroxyl radicals cause fluctuation in intracellular ferrous ion levels upon light exposure during photoreceptor cell death” Hirayama, T.; Okuda, K.; Nagasawa, H. Chem. Sci. 2013, 4, 1250-1256. Y.Kamihara,K.Takada, T.Sato, Y.Kawano, K.Murase, Y.Arihara, S.Kikuch, N.Hayasaka, M.Usami, S.Iyama, K.Miyanishi, Y.Sato, M.Kobune, J.Kato(2016) Oncotarget.7: 64330–64341.DOI: 10.18632/oncotarget.11830

    Start typing and press Enter to search

    Shopping Cart

    No products in the cart.