Shop

    • IR820 N-succinimidyl ester

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 Material Amount Storage Stability IR820-NHS 1 mg -20 °C Desiccate Protect from light When stored as directed, reactive probes are stable for at least 3 months 10 mg 50 mg 100 mg   General Specifications Color:  Dark brown powder Label: Succinimidyl ester Product Size: 1 kit Detection Method: Fluorescence, optoacoustic Excitation Class: Near infrared, NIR Excitation/Emission  (nm): 710/820 Molecular Weight: 1040.26 g.mol-1 Formula: C58H61N3O11S2 Molar extinction coefficient: 207,000 at 832 nm in methanol Shipping Condition: Blue Ice Regulatory Statement: For Research Use Only. Not for use in diagnostic procedures. Introduction IR820 is a non-invasive near-infrared (NIR) fluorescence imaging dye that belongs to the family of the heptamethine dyes and has a rigid cyclohexenyl ring, increasing molecular stability and photostability. IR820 could be used as both an imaging dye and a hyperthermia agent.1 IR820  has  a  little  absorption  in  the  visible  range  thus  exhibit  low  autofluorescence,   tissue absorbance, and scatter at NIR wavelengths (700-900 nm). The  succinimidyl  esters  (NHS)  of  the  IR820  dye  offer  the  opportunity  to  develop  optimal conjugates.   Succinimidyl   ester  active  groups   provide   an  efficient   and  convenient   way  to selectively link IR820 dyes to primary amines (R-NH2) on various substrates (Antibodies, peptides, proteins,  nucleic-acid,  small molecule  drugs  etc.). Succinimidyl  esters  have very low reactivity with aromatic amines, alcohols, and phenols, including tyrosine and histidine. Guidelines for use Immediately before use, dissolve the IR820-NHS  dyes in anhydrous dimethylformamide  (DMF). Once reconstituted,  this reactive probe solution is somewhat unstable, especially in presence of moisture that can slowly hydrolyze the succinimidyl ester to the non-reactive carboxylic acid. Experimental Protocols The IR820-NHS dye can virtually be conjugated to any primary amine-containing  molecule such as peptides,  proteins,  antibodies,  small-molecule  drugs.  If possible  avoid nucleophilic  bases, since it will partially degrades IR820 core structure to non-NIR-fluorescent  by-products. Example of conjugation: 1. Antibody conjugation: Typical antibody conjugation reactions are carried out in 0.1 M sodium bicarbonate  buffer,  pH  8.5,  at  room  temperature  for  2  hour  and  protected  from  light.  We recommend  trying different molar ratio between antibodies  and reactive dyes in order to reach your needs. Labeled antibodies are typically separated from free IR820 dye using a gel filtration column, such as SephadexTM G-25, BioGel® P-30, or equivalent. For much larger or smaller proteins,  select a gel filtration  media  with an appropriate  molecular  weight  cut-off  or purify by dialysis. Keep labeled antibody at 4°C in PBS. The number of fluorochrome per antibody will vary depending on the molar ratio between antibodies and reactive dyes. An average number of fluorochrome per antibody can be determined by spectrophotometric analysis or/and by matrix- assisted laser desorption ionization time-of-flight (MALDI-TOF) mass spectrometry. For example: A solution of Antibody (2 mg/mL, 125 uL) in 0.1 M NaHCO3  (pH 8.5) was incubated with 4, 8 or 20 equivalents  of fluorescent  IR820-NHS  dye  for 2 hours.  After  incubation,  the antibody  was purified by centrifuge filtration using 30000 Dalton molecular  weight cutoff filters and wash two times with PBS. Finally, labeled antibody was purified by gel filtration using Zeba spin column and store in PBS at 4°C. The number of fluorochromes per antibody was determined by spectrophotometric analysis  and  determined  to be  approximately    2, 4 and  9 IR820  dye  per antibody using respectively 4, 8 and 20 molar equivalent of IR820-NHS. 2. Small molecule conjugation: Typical small-molecule conjugation reactions are carried out in dry dimethylformamide (DMF) or dimethylsulfoxide (DMSO) with an organic base such diisopropylethylamine   (DIPEA)  at  room  temperature  for  1-3  hours and  protected from light. Labeled molecules are typically purified by reverse-phase HPLC and appropriate fractions are lyophilized. References 1. Fernandez-Fernandez A., Manchanda R., Lei T., Carvajal D.A., Tang Y., Kazmi S.Z.R., and McGoron A.J., Comparative Study of the Optical and Heat Generation Properties of IR820 and Indocyanine Green, Molecular Imaging, 2012, 11, 99–113

    • Caspase 3-7 quantification kit

      $0

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 1) Z-DEVD-Cys 2) 6-Amino-2-cyanobenzothiazole (amino-CBT) Content and storage Material Amount Storage Stability Caspase 3/7 kit 10 mg -20 °C Desiccate Protect from light When stored as directed, reactive probes are stable for at least 3 months 50 mg 100 mg General Specifications 6-Amino-2-cyanobenzothiazole (amino-CBT) Color:  Light yellow powder  Molecular Weight: 175.21 g.mol-1 Formula: C8H5N3S Cas Number  7724-12-1  Shipping Condition: Blue Ice  Regulatory Statement: For Research Use Only. Not for use in diagnostic procedures. Z-DEVD-D-Cys Color:  white powder  Molecular Weight: 713.71 g.mol-1 Formula: C29H39N5O14S  Shipping Condition: Blue Ice  Regulatory Statement: For Research Use Only. Not for use in diagnostic procedures.  Introduction The Caspase 3/7 quantification kit is a bioluminescent assay that measures caspase 3/7 activities in vitro, as well as in vivo using the split-luciferin technology. Caspase 3/7 are cysteine/aspartic acid-specific protease and play key effector roles in apoptosis in mammalian cells1–4. The split luciferin approach enables the generation of D-luciferin through the reaction of D-Cysteine and 6-amino-2-cyanobenzothiazole (NH2-CBT). The D-Cysteine amino acid has been caged with a caspase 3/7 specific peptidic DEVD sequence. The modification of the amino group on D-Cysteine prohibits reaction with the counterpart NH2-CBT since the 1,2-aminothiol is required for the reaction with the cyano group. After cleavage of the peptide by Caspase 3/7 free D-Cysteine is liberated and can further react with NH2-CBT to form Luciferin and then bioluminescence through oxydation by Luciferase (Figure 1). Luminescence is thus proportional to the amount of active caspase 3/7.5 One of the advantages of the split luciferin approach is improved cell penetration property of CBT derivatives in comparison to full luciferin scaffold. The Caspase 3/7 quantification kit is also more sensitive than fluorescence-based caspase assays. The assay uses a substrate containing the DEVD sequence that is selective for caspase 3 and 7.6 This technology has been developed to measure caspase 3/7 acitivity in live cells but also in living animals. The caspase 3/7 quantification kit provide a very high signal to background ratio allowing sensitive detection of caspase 3/7 activity. The assay provides a luminogenic caspase-3/7 substrate, which contains the tetrapeptide sequence linked to D-Cysteine Z-Asp-Glu-Val-Asp-D-Cys (Z-DEVD-(D-Cys)), and 6-amino-2-cyanobenzothiazole (NH2-CBT). Figure 1: Following caspase 3/7 cleavage of the DEVD-D-Cys peptide, D-Cys is released and can further react with 6-amino-2-cyanobenzothiazole to form D-aminoluciferin, resulting in the luciferase reaction and the production of light Guidelines for use Immediately before use dissolve DEVD-D-Cys peptide in 663 μL PBS (final concentration 4.5 mg.mL-1) and NH2-CBT in 147 μL sterile DMSO (final concentration 6.8 mg.mL-1). Always prepare fresh solutions and discard at the end of the day. Experimental Protocols          In Vivo assay       Example of in vivo caspase 3/7 assay using luciferase-expressing mice. Anesthetized mice were treated IP with LPS (100 μg.kg-1) in 50 μL PBS and D-GalN (267 mg.kg-1) in 50 μL PBS. 6 hours after treatment, DEVD-D-Cys peptide (22.6 mg/kg in 100 uL PBS) is administrated IP. After 10 minutes, NH2-CBT (6.8 mg/kg in 20 uL DMSO) is administrated IP. Mice are then imaged using IVIS spectrum and bioluminescence signal is recorded every minute for 1h.5 We recommend, optimizing concentration of reagents and incubation time in order to meet your needs. References 1. Lakhani, S. A., Masud, A., Kuida, K., Porter, G. A., Booth, C. J., Mehal, W. Z., Inayat, I., and Flavell, R. A. (2006) Caspases 3 and 7: key mediators of mitochondrial events of apoptosis. Science 311, 847-851. 2. Estaquier, J., Vallette, F., Vayssiere, J., and Mignotte, B. (2012) The mitochondrial pathways of apoptosis. Adv. Exp. Med. Biol. 942, 157-183. 3. Miyashita, T., Okamura-Oho, Y., Mito, Y., Nagafuchi, S., and Yamada, M. (1997) Dentatorubral pallidoluysian atrophy (DRPLA) protein is cleaved by caspase-3 during apoptosis. J. Biol. Chem. 272, 29238-29242. 4. Shin, S., Sung, B. J., Cho, Y. S., Kim, H. J., Ha, N. C., Hwang, J. I., Chung, C. W., Jung, Y. K., and Oh, B. H. (2001) An anti-apoptotic protein human survivin is a direct inhibitor of caspase-3 and -7. Biochemistry 40, 1117-1123. 5. Godinat A., Park H.M., Miller S.C., Cheng K., Hanahan D., Sanman L.E., Bogyo M., Yu A., Nikitin G.F., Stahl A., Dubikovskaya E.A. (2013) A Biocompatible in Vivo Ligation Reaction and Its Application for Noninvasive Bioluminescent Imaging of Protease Activity in Living Mice, ACS Chem Biol. 8, 987-999. 6. Bayascas, J.R. et al. (2002) Isolation of AmphiCASP-3/7, an ancestral caspase from amphioxus (Branchiostoma floridae). Evolutionary considerations for vertebrate caspases. Cell. Death Differ. 9, 1078–89.

    • Fatty acid uptake probe

      $0$141,000

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 Fatty acid cellular uptake assay. Cleavable luciferin technology to monitor and quantify fatty acid uptake in vivo Application in new drug screening, evaluating new treatment approaches and investigation of fundamental biological processes Use in cells and live animals expressing luciferase   Product Description Fatty acid uptake probe Average use: 0.01 mg per mouse Probe description   Reproduced from ACS Chem. Biol., 2012, 7(11), 1884-1891. Copyright 2012 American Chemical Society. Ventral luminescent / photographic overlay comparing the BLI of FFA-SS-luc (right) and the control FFA-S-luc (left) 20 min postgavage.

    • BacteriTrace Vanco

      $0$141,000

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 Content and storage Material Amount Storage Stability Vanco-ICG 0.1 mg -20 °C Dessicate Protect from light When stored as directed, reactive probes are stable for at least 3 months 1 mg 5 mg General Specifications Color: Green powder Label: ICG Product Size: 1 kit Detection Method: Fluorescence, optoacoustic Excitation Class: Near infrared, NIR Excitation/Emission (nm): 790/830 Molecular Weight: 2474.58 g.mol-1 Solubility: DMSO, DMF Shipping Condition: Dry Ice Regulatory Statement: For Research Use Only. Not for use in diagnostic procedures. Introduction Intrace Medical has developed a NIR-fluorescent probe targeting Gramm-positive bacteria that potentially allows in vivo imaging of bacteria infection. Gram-positive bacteria are differentiated from Gram-negative bacteria based on the structure of their cell walls. In Gram-positive bacteria, the cell wall is composed of a thick peptidoglycan layer.1 Many antibiotics have been established to treat Gram-positive infections. Vancomycin is a commonly used glycopeptide antibiotic that acts on inhibiting bacterial cell wall synthesis. In order to create an imaging agent, we attach the near infra-red fluorescence imaging dye Indocyanine Green (ICG) to vancomycin. ICG is approved by the United States Food and Drug administration (FDA) for ophthalmologic angiography to determine cardiac output and liver blood flow and function. This dye is also used in cancer patients for the detection of solid tumors, localization of lymphnodes, and for angiography during reconstructive surgery, visualization of retinal and choroidal vasculature, and photodynamic therapy.[i]2-3In cancer diagnostics and therapeutics, ICG could be used as both an imaging dye and a hyperthermia agent. ICG is a tricarbocyanine-type dye with NIR-absorbing properties (peak absorption around 800 nm) and little absorption in the visible range thus exhibit low autofluorescence, tissue absorbance, and scatter at NIR wavelengths (700-900 nm). Guidelines for use Immediately before use, dissolve BacteriTrace Vanco™ in dimethylsulfoxide (DMSO). Once reconstituted in DMSO, this reactive probe solution is somewhat unstable and should be diluted with a buffer solution to the final DMSO content 5%. The working dose of the probe for in vivo imaging strongly depends on the model used but it is recommended to start with 1-5 mg kg-1. Examples are described elsewhere4. References 1. J. Van Heijenoort, Glycobiology 2001, 11, 25R – 36R 2. Schaafsma B.E. The clinical use of indocyanine green as a near-infrared fluorescent contrast agent for image-guided oncologic surgery. J. Surg. Oncol. 2011, 104, 323-332 3. Saxena V, Sadoqi M, Shao J. Degradation kinetics of indocyanine green in aqueous solution.J. Pharm. Sci. 2003, 92, 2090–7 4. Van Oosten, M., Schäfer, T., Gazendam, J. A. C., Ohlsen, K., Tsompanidou, E., de Goffau, M. C., Harmsen, H. J. M., Crane, L. M. A., Lim, E., Francis, K. P., Cheung, L., Olive, M., Ntziachristos, V., van Dijl, J. M.,  van Dam, G. M. Real-Time in vovo Imaging of Invasive- and Biomaterial-Associated Bacterial Infections Using Fluorescently Labeled Vancomycin. Nature Comm. 2013, 4, 1-8

    • POLARIC™標識シリーズ

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 名称 標識部位 容量 希望小売価格(円) GC200 ラベル化 パック Isothiocyanate NHS-ester maleimide 各 250μg お問い合わせ GC2011 GC2015 POLARIC-ITC Isothiocyanate 1mg 5mg ¥58,000 ¥248,000 GC2021 GC2025 POLARIC-NHS NHS-ester 1mg 5mg ¥58,000 ¥248,000 GC2031 GC2035 POLARIC-MLI maleimide 1mg 5mg ¥58,000 ¥248,000 GC2041 GC2045 POLARIC-COOH free COOH 1mg 5mg お問い合わせ GC2051 GC2055 POLARIC-NH2 free NH2 1mg 5mg お問い合わせ ─ 細胞染色以外にも、各種標識化にご利用いただけます ─ 光学物性 Abs max 480 nm Flu max 592 nm 構造例 ( ※ )   POLARIC™-標識シリーズは、標識用に最適化された蛍光色素です。分子量が小さいため、標識分子の性質を阻害しにくくなっています。500nmの単一励起光で、周囲の環境により蛍光波長が約520~650nmの間でダイナミックな変化をします。 標識分子、手法に応じて、様々な標識化部位をご用意しております。また、水溶性の付加や、標識分子までの距離(リンカー)の制御等、様々なご要望にお応えいたします。 ※アルキル鎖の長さもご要望に応じてカスタマイズ可能です

    • ClearView™

      $0

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 ~in vivo用小型蛍光イメージング装置~ 複数の蛍光波長に対応可能 コンパクトで携帯可能 シンプルで容易な操作性 低価格 ClearView™は携帯可能な小型蛍光イメージング装置です。ClearView™は観測波長が可変で、高感度、簡便な操作性、軽量かつ小型で、個々の研究室におけるin vivoイメージングに最適です。 ClearView™の特徴 複数の蛍光波長に対応可能 ClearView™は複数波長のイメージングに対応しています。装置にお望みの波長のプローブアダプターを組み入れるだけで波長の変換が可能です。 ClearView™のプローブアダプター 各種蛍光色素に対応 チャンネル名 典型的な色素名 Green FITC Cy 2™ Qdot® 525 Amber TRITC Cy 3 Alexa Fluor® 555, 568 Red Texas Red Alexa Fluor® 594 Adot 655 Deep Red Alexa Fluor® 633, 635, 647 Cy 5 Perkin Elmer 645 Family niR-1 Cy 5.5 Alexa Fluor® 680, 700 Perkin Elmer 680Family コンパクトで携帯可能 ClearView™は小型で (23 x 13 x 13 cm, H x W x D) かつ、軽量であり (約 2.2 kg)、極めて容易に持ち運びできます。実験動物の側に移動して観察することができます。   専用キャリングケースによる携帯の様子 シンプルで容易な操作性 ClearView™のセットアップは簡単です。USBケーブルと電源ケーブルを接続し、機器の電源を入れた後は付属のノートパソコンのソフトウェアを起動するだけです。後はお好みの波長の蛍光像を速やかに撮ることが可能です。 簡便なソフトウェアが内蔵されており、タイムラプス観察やビデオ撮影、また取得した画像の定量解析なども容易です。 また、ClearView™で撮影した画像はダイレクトにPerkinElmer社のLiving Image®ソフトウェアに取り込み解析することが可能です。 ClearView™は高性能でありながら低価格を実現しました。ClearView™は以下の研究機関において機能が実証されています。 東京大学 アメリカ国立がん研究所 – 国立衛生研究所(NCI – NIH) 国立がん研究センター ケース・ウェスタン・リザーブ大学 参考文献 Chu,M and Wan,Y “Sentinel lymph node mapping using near-infrared fluorescent methylene blue”. J.Biosci.Bioeng. 107;455-459 2009. 仕様   型番 IND002 名称 ClearView™ カメラ解像度 1392 x 1024 (1.4 M-pixel) 空間解像度 84 microns / pixel (1 micron = 0.001 mm) 視野 116 x 86 mm 大きさ ※ サイズ (23 x 13 x 13 cm) (H x W x D) 重さ 2.2 kg 消費電力 60 W 【小型蛍光イメージング装置】商品ラインナップはこちら 国内代理店:株式会社和科盛商会  

    • ClearView™ 800

      $0

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 ~in vivo用小型蛍光イメージング装置~ 特徴 近赤外蛍光試薬を検出 タイムラプスイメージングやリアルタイムイメージングが可能 1ミリ秒から1秒以上に至るまで露光時間を変更でき、対象に合わせた感度設定が可能 白色像の撮像もでき、簡便に蛍光像との重ね合わせが可能です。 機器は2.2 kg と軽量です。セットアップも簡便であり、100V 電源2口があれば測定可能です。 わずかなスペースでin vivo イメージングができます。 皮下注射したICGの検出 撮像したい部分が明確でしたらラットでも使用例があります 蛍光試薬:IRDye800CW 動物: Wistarラット IRDye800CW を生理食塩水に溶解 マイクロバブル剤と混合後、ラット顎下腺に逆行性に注入 ソノポレーションによりIRdye800CWを導入 導入直後に撮影 画像提供:東海大学 医学部 臨床薬理学 吉川先生 その他応用例につきましてはアプリケーションノートをご覧ください。 国内代理店:株式会社和科盛商会  

    • FluorVivo™ Mag

      $0

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 ~細胞レベルの蛍光イメージングをスピーディに実現~ FluorVivo™ Magは、一般的な実体顕微鏡・解剖顕微鏡と組合せて使用可能な蛍光顕微鏡用デジタルイメージングシステムです。スピーディで簡便なデジタルイメージングが可能で、幅広いアプリケーションに対応します。 FluorVivo™ Magの特長 お手持ちの実体顕微鏡・解剖顕微鏡と組み合わせて利用することが可能 顕微鏡にカメラ用のポートがなくてもご利用いただけます。 簡便でスピーディなデジタルイメージングを実現 他のFluorVivo™シリーズ製品と組合せが可能 細胞レベルから全身レベルまで相互的な評価を行うことができます。 専用の画像/動画取得解析ソフトウェアが付属 FluorVivo™ソフトウェアは直観的操作が可能で充実した機能を兼ね備えています。 In vivo観察において観察したい部位を速やかに拡大 スムーズに細胞レベルまで拡大可能 仕様 型番 IND006 名称 FluorVivo™ Mag カメラ デジタル カラー CCD ICX285AQ 画像 サイズ 1360 x 1024 (1.4 M-pixel) フレーム レート 8 – 10 fps, full frame レンズ C‐マウントカメラアダプター付き実体蛍光顕微鏡 ズーム範囲: 10倍 視野範囲と 空間解像度 Objective lens Field of View (mm) Resolution (microns/pixel) MVPLAPO 0.63 X 5.5 to 55 3.2 to 32 MVPLAPO 1 X 3.5 to 34.9 2.0 to 20.5 MVPLAPO 2 XC 1.7 to 17.6 1.0 to 10.4 照明 100W水銀ランプ、または75Wキセノンランプ。 波長特性は内蔵蛍光観察フィルターに依存。 ソフト ウェア ご購入後すぐに以下のFluorVivo™ソフトウェアを使用可能です。 画像取得 ‘Snap’単一画像取得 ‘Live’ ライブ資料観察 タイムラプス撮影 動画撮影 画像入力切替 撮影環境 設定 カメラ露光時間調整 カメラ感度設定 対応画像 ファイル 形式 .tifファイルに対応 .bmp, jpg, もしくはsingle-image .tif形式で保存可能 画像解析 線形、面積測定 強度測定 自動腫瘍部位同定機能 画像表示 ならびに 調節 明るさ、コントラスト、ならびにガンマ値コントロール デジタルズーム INDECイメージ調整システム付き全統合型インターフェース 大きさ ※ サイズ (90 x 28 x 67 cm) (H x W x D) 重さ 23 kg   【小型蛍光イメージング装置】商品ラインナップはこちら   国内代理店:株式会社和科盛商会  

    • FluorVivo™ 100 / 300

      $0

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 ~小動物用in vivo蛍光イメージング装置~ FluorVivo™シリーズは小動物用蛍光イメージング装置です。赤色から近赤外領域に至るまでの小動物全体におけるin vivo蛍光イメージの取得が可能です。基礎研究から前臨床における薬剤スクリーニングにまで幅広い研究用途でお使いいただけます。 FluorVivo™100は単色蛍光イメージングに、FluorVivo™300は多色蛍光イメージングに対応しています。下記のリストから3つのチャンネルをお選びいただけます。チャンネル変更の操作も非常に簡便です。     FluorVivo™300対応チャンネル チャンネル名 対応する色素 Cyan CFP Green STELLA Fluor™ 488, FITC, Cy 2™, Qdot® 525 Yellow YFP Amber TRITC, Cy 3 Alexa Fluor® 555, 568 dsRed2, mCherry Qdot 605, 625 Red STELLA Fluor™ 600, Texas Red, Alexa Fluor 594 Katushka / mKate mCherry, mPlum, Qdot 655 Deep Red Alexa Fluor 633, 635 Bodipy 630 / 650-x, Qdot 705 Ultra Red STELLA Fluor™ 650, Cy 5, DDAO, Chlorin e6, Alexa Fluor 647 niR-1 STELLA Fluor™ 700, Cy 5.5, IFP1.4, LI‐COR IRDye® 680RD, Alexa Fluor 680, 700 niR-2 STELLA Fluor™ 720, Cy 7, Alexa Fluor 750 niR-3 ICG, LI‐COR IRDye®, 800CW   FluorVivo™ 100 / 300の特長 CFPやGFPから近赤外領域に蛍光を発するICGに至るまで、幅広い蛍光波長領域の蛍光イメージングに対応。 FluorVivo™100は単色蛍光イメージングに、FluorVivo™300は多色蛍光イメージングに対応。 リアルタイムのフルカラーイメージングが可能。高速で画像取得が可能なために、実験動物を麻酔する必要なく、覚醒状態の生物発光や蛍光変化を観察することが可能です。 ライブ動画のイメージングと録画に対応。 高い操作性。 自動解析ツールによる定量解析が可能。 完全一体型のシステムであり、低価格を実現。 GFP標識されたヒトグリオーマ細胞による同所性腫瘍のin vivoイメージング 肝臓腫瘍の転移のイメージング ds-Red2標識された膵臓腫瘍のイメージング 仕様 型番 IND003 IND004 名称 FluorVivo™100 FluorVivo™300 カメラ デジタル カラー CCD ICX285AQ 画像 サイズ 1360 x 1024 (1.4 M-pixel) フレーム レート 8 – 10 fps, full frame レンズ F値 f/2.5 焦点距離 18 – 108mm 拡大率 可変式5倍光学ズーム ズーム ソフトウェアならびにフットペダルによって調節可能 焦点合わせ 手動 開口 手動 空間解像度 18~90 microns/pixelの範囲で可変 照明 1基の高出力カラーLED 特定の波長に対応 ソフトウェアによって強度と同期を調節 励起フィルタを内蔵 3基の高出力カラーLED 各々、各蛍光波長に対応 ソフトウェアによって強度 と同期を調節 励起フィルタを内蔵 1基の白色環状LED照明 ソフトウェアによって強度と同期を調節 明視野/蛍光像の合成に適合 ソフト ウェア ご購入後すぐに以下の使用が可能です。 画像取得 ‘Snap’単一画像取得 ‘Live’ ライブ資料観察 タイムラプス撮影 動画撮影 撮影環境 設定 カメラ露光時間調整 カメラ感度設定 LED照明強度調整 対応画像 ファイル 形式 .tifファイルに対応 .bmp, jpg, もしくはsingle-image .tif形式で保存可能 画像解析 線形、面積測定 強度測定 自動腫瘍部位同定機能 画像表示 ならびに 調節 明るさ、コントラスト、ならびにガンマ値コントロール デジタルズーム INDECイメージ調整システム付き全統合型インターフェース 大きさ ※ サイズ (76 x 36 x 43 cm) (H x W x D) 重さ 10 kg 11 kg   【小型蛍光イメージング装置】商品ラインナップはこちら 国内代理店:株式会社和科盛商会  

    • FluorVivo Pathfinder™

      $0

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 ~マルチカラー・リアルタイムの蛍光ガイドサージェリーが可能に~ FluorVivo Pathfinder™は蛍光ガイド手術システムです。リアルタイムでの蛍光イメージを確認しながら実験動物の手術を行うことができます。操作は大変簡便でフットペダルも利用でき、手術中にハンズフリーで、マルチカラー・リアルタイムの蛍光ビデオを確認しながら進めることができます。青色から近赤外領域まで対応可能で、定量性にも優れています。 FluorVivo Pathfinder™の特長 30fr/secのライブビューを確認しながらリアルタイムで手術が可能。 幅広い蛍光プローブに対応。 手術を行いやすいハードウェア設計。フットペダルによる操作が可能。 イメージング・フードとモニタの高さ・位置・回転調整が可能な支持アーム付き。 卓上に設置可能なコンパクトサイズで、パーソナル・イメージャーとしても最適。 直観的操作が可能な専用の画像/動画取得解析ソフトウェアが付属。 各種定量計測・自動演算統計生成等、充実した機能を備えています。 FluorVivo Pathfinder™を用いた大型動物、腹腔内手術の様子。 電動光学ズームを搭載。 リアルタイムの分光画像を表示可能 仕様 型番 IND005 名称 FluorVivo Pathfinder™ カメラ デジタル カラー CCD ICX285AQ 画像 サイズ 1360 x 1024 (1.4 M-pixel) フレーム レート 8 – 10 fps, full frame レンズ F値 f/2.5 焦点距離 18 – 108mm 拡大率 可変式5倍光学ズーム ズーム ソフトウェアならびにフットペダルによって電動調節可能 焦点合わせ 手動 開口 手動 空間解像度 18~90 microns/pixelの範囲で可変 照明 最大3基の高出力カラーLED 各々、各励起波長に対応 ソフトウェアによって強度と同期を調節 励起フィルタを内蔵 1基の白色環状LED照明 ソフトウェアによって強度と同期を調節 明視野/蛍光像の合成に適合 ソフト ウェア ご購入後すぐに以下の使用が可能です。 画像取得 ‘Snap’単一画像取得 ‘Live’ ライブ資料観察 タイムラプス撮影 動画撮影 撮影環境 設定 カメラ露光時間調整 カメラ感度設定 LED照明強度調整 対応画像 ファイル 形式 .tifファイルに対応 .bmp, jpg, もしくはsingle-image .tif形式で保存可能 画像解析 線形、面積測定 強度測定 自動腫瘍部位同定機能 画像表示 ならびに 調節 明るさ、コントラスト、ならびにガンマ値コントロール デジタルズーム INDECイメージ調整システム付き全統合型インターフェース 大きさ ※ サイズ (80 x 76 x 91 cm) (H x W x D) 重さ 22 kg イメージング・フードは角度・回転調整が可能な支持アームによって最適な位置に移動可能です。また、より大きなサンプル観察のために、フードは高さを調節でき、装置の横に除けることも可能です。   【小型蛍光イメージング装置】商品ラインナップはこちら 国内代理店:株式会社和科盛商会  

    • ICG 近赤外蛍光色素
      ~in vivo近赤外蛍光イメージングに。~ (Copy)

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) 備考・用途 IM104 ICG NHS ester(high purity) 1mg 69,800 in vivo 蛍光イメージングに。アミド 結合にて抗体に標識可能。Excitation /Emission maximum (nm): 790/830 IM105 5mg 265,000 IM106 10mg お問い合わせ IM107 ICG maleimide 1mg 69,800 マレイミドによりタンパク質などのチオー ル基に修飾可能。 IM108 5mg 218,000 IM109 10mg お問い合わせ IM113 ICG azide 1mg 49,800 アジトーアルキンの環化付加反応 (クリック反応)によりタンパク質 ・抗体に標識可能。 IM114 5mg 188,000 IM115 10mg お問い合わせ IM118 ICG labeling kit 5times 69,800 ICGの抗体標識キット。 IM134 ICG labeling kit 1times 19,800 ICGの抗体標識キット。   NHSやマレイミド、クリック反応により修飾可能。 修飾キットもございます。 【標識受託】国内自社ラボで対応しております。 NHSシリーズ(最も一般的な修飾方法。) アミド結合により抗体に修飾可能。 修飾キットもご用意。 マレイミドシリーズ(システイン残基に修飾できます。) システイン残基に修飾。 混ぜるだけで修飾可能。 CBTシリーズ (システイン残基に修飾できます。) アジドシリーズ (クリック反応にて容易に修飾できます。) ICG抗体標識受託サービスのながれ ご注文方法 価格・納期についてはお問い合わせください。 依頼書作成とFAX連絡 各依頼書をダウンロードいただき、必要事項をご記入ください。 サンプル送付の前に、記入済み依頼書をFAX:011-351-1822まで送付ください。 サンプル送付 解析サンプルならびに依頼書を上記サンプル送付先へご送付ください。 サンプルは乾燥・漏れならびに容器破損が無いようにご注意いただき、平日午前着指定でご送付ください。また遠隔地を除き、翌日必着でご送付ください。 納品物 作業報告書 精製抗体など受託作業最終製品 Indocyanine Green Labeling Kit Indocyanine Green-NHS (succinimidyl ester) は、タンパク質等のアミノ基に 結合する、縮合剤が不要な近赤外プローブIndocyanine Greenです。抗体等のタンパク質だけでなく、末端アミノ化を施したオリゴヌクレオチドへの標識も可能です。 本キットは、Indocyanine Green-NHSの標識から精製までの一連の作業に必要な試薬、器具5回分がセットになっています。 Indocyanine Green-NHS1本には、300μgのIgG等タンパク質へのラベル化に最適な量が含まれています。 キット内容 Indocyanine Green-NHS× 5 Dimethylsulfoxide500μL × 1 Reaction Buffer5mL × 1 Washing Buffer10mL × 1 限外ろ過スピンカラム× 5 【ICG修飾事例】NHSによる抗菌ペプチドへの修飾事例 参考文献 D. Matsuoka, H. Watanabe, Y. Shimizu, H. Kimura, Y. Yagi,R. Kawai, M. Ono, H. Saji (2018) Bioorg. Med. Chem. In press DOI: 10.1016/j.bmc.2018.03.015 リンク先: https://doi.org/10.1016/j.bmc.2018.03.015 Boudewijn E. Schaafsma, MD, J.Sven D. Mieog, MD, Merlijn Hutteman, MSc, Joost R. van der Vorst, MD, Peter J.K. Kuppen, PhD, Clemens W.G.M. Löwik, PhD, John V. Frangioni, MD, PhD, Cornelis J.H. van de Velde, MD, PhD, and Alexander L. Vahrmeijer, MD, PhD,* J Surg Oncol. 2011 Sep1; 104(3): 323-332., “The clinical use of indocyanine green as a near-infrared fluorescent contrast agent for image-guided oncologic surgery”

    • ICG CBT

      $0$188,000

      当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。 型番 製品名 容量 希望小売価格(円) 備考・用途 IM110 ICG CBT 1mg 49,800 シアノベンゾチアゾール基によりタンパクや 抗体のシステインに選択的に標識可能。 IM111 5mg 188,000 IM112 10mg お問い合わせ   NHSやマレイミド、クリック反応により修飾可能。 修飾キットもございます。 【標識受託】国内自社ラボで対応しております。 NHSシリーズ(最も一般的な修飾方法。) アミド結合により抗体に修飾可能。 修飾キットもご用意。 マレイミドシリーズ(システイン残基に修飾できます。) システイン残基に修飾。 混ぜるだけで修飾可能。 CBTシリーズ (システイン残基に修飾できます。) アジドシリーズ (クリック反応にて容易に修飾できます。) ICG抗体標識受託サービスのながれ ご注文方法 価格・納期についてはお問い合わせください。 依頼書作成とFAX連絡 各依頼書をダウンロードいただき、必要事項をご記入ください。 サンプル送付の前に、記入済み依頼書をFAX:011-351-1822まで送付ください。 サンプル送付 解析サンプルならびに依頼書を上記サンプル送付先へご送付ください。 サンプルは乾燥・漏れならびに容器破損が無いようにご注意いただき、平日午前着指定でご送付ください。また遠隔地を除き、翌日必着でご送付ください。 納品物 作業報告書 精製抗体など受託作業最終製品 Indocyanine Green Labeling Kit Indocyanine Green-NHS (succinimidyl ester) は、タンパク質等のアミノ基に 結合する、縮合剤が不要な近赤外プローブIndocyanine Greenです。抗体等のタンパク質だけでなく、末端アミノ化を施したオリゴヌクレオチドへの標識も可能です。 本キットは、Indocyanine Green-NHSの標識から精製までの一連の作業に必要な試薬、器具5回分がセットになっています。 Indocyanine Green-NHS1本には、300μgのIgG等タンパク質へのラベル化に最適な量が含まれています。 キット内容 Indocyanine Green-NHS× 5 Dimethylsulfoxide500μL × 1 Reaction Buffer5mL × 1 Washing Buffer10mL × 1 限外ろ過スピンカラム× 5 【ICG修飾事例】NHSによる抗菌ペプチドへの修飾事例 参考文献 Boudewijn E. Schaafsma, MD, J.Sven D. Mieog, MD, Merlijn Hutteman, MSc, Joost R. van der Vorst, MD, Peter J.K. Kuppen, PhD, Clemens W.G.M. Löwik, PhD, John V. Frangioni, MD, PhD, Cornelis J.H. van de Velde, MD, PhD, and Alexander L. Vahrmeijer, MD, PhD,* J Surg Oncol. 2011 Sep1; 104(3): 323-332., “The clinical use of indocyanine green as a near-infrared fluorescent contrast agent for image-guided oncologic surgery”

    Start typing and press Enter to search

    Shopping Cart

    No products in the cart.