製品・サービス 五稜化薬株式会社

Home製品・サービスROSFluor™ Series>NiSPY-3 (Nitrative Stress Sensing Pyrromethene Dye)

【ニトロ化ストレス検出用蛍光試薬】
NiSPY-3(Nitrative Stress Sensing Pyrromethene Dye)

NiSPY-3は、蛍光法によるニトロ化ストレス検出試薬です。活性酸素検出試薬として用いる場合、NiSPY-3はパーオキシナイトライト(ONOO)と特異的に反応し、蛍光強度が大きく増加します。

特長

  • 活性酸素種(OH, O2−・, H2O2, 1O2, NO等)の中でもパーオキシナイトライト(ONOO)に特異的に反応します。ヒドロキシラジカル、一重項酸素、過酸化水素、次亜塩素酸イオン、一酸化窒素、スーパーオキサイドでは蛍光強度が増加しません。
  • 生細胞蛍光イメージングが可能です。

測定原理

NiSPY-3は中性水溶液中でほとんど蛍光を持ちませんが、パーオキシナイトライトと反応すると、強蛍光性化合物に変化し(励起波長490 nm、蛍光波長515 nm)、蛍光強度の増大が観測されます。

内容

NiSPY-3  1mg (粉末)
C23H19BF2N4O4 分子量464.23

試薬の調製例
使用時に全量をDMSO(430 μL)に溶解後 (約5 mM)、さらに緩衝液等で500〜5000倍程度 (最終濃度 約10〜1 μM) に希釈してご使用ください(注1)。
注1) 希釈緩衝液および使用濃度につきましては、目的の用途に応じて検討してからご使用ください。希釈調製後は直ちに使用し、使いきりとしてください。

NiSPY-3 (Nitrative Stress Sensing Pyrromethene Dye)

A) ONOO- と反応した時のNiSPY-3 の蛍光スペクトル。 10 uM NiSPY-3 を 0.1 M リン酸バッファー (pH 7.4, 0.1% DMF をコソルベントとして含む) に溶解し、終濃度 0, 1, 2, 5, 10, 20 uM の ONOO- と反応させたもの。

B) 各種 ROS 発生条件下での NiSPY-3 の蛍光スペクトル

参考文献
T. Ueno, Y. Urano, H. Kojima and T. Nagano: J. Am. Chem. Soc., 128, 10640-10641 (2006)
希望小売価格
型番 名称 容量 希望小売価格(円) プロトコル MSDS
SK3003-01 NiSPY-3 1mg ¥40,000 Download
461KB
Download
388KB
Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、こちらからダウンロードできます。

製品・サービスへのお問い合わせ

当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。


PageTop