製品・サービス 五稜化薬株式会社

Home製品・サービスProteoFluor™ Series>ProteoGREEN™-gGlu

【癌細胞の特異的検出】
ProteoGREEN™-gGlu

ProteoGREEN-gGlu (gGlu-HMRG) は、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ (GGT) 活性を検出するための蛍光プローブです。pH 7以上ではほとんど無蛍光ですが、細胞表面にGGT を高発現しているがん細胞やがん組織の表面で分解され、非可逆的に緑の蛍光物質に変化します。生成した蛍光物質はすみやかに近くにある細胞内に取り込まれるため、GGTを高発現しているがん組織を検出できます。

データ

名称 検出対象 蛍光化 Absmax
(nm)
Emmax
(nm)
分子吸光係数
(M-1cm-1)
蛍光量子
収率
ProteoGREEN-gGlu GGT活性 非可逆 500 524 57,000 0.81
  • 上記データは、GGT 反応後のものです。反応前はほとんど蛍光を示しません。

ProteoGREEN-gGlu の反応前、反応後の蛍光スペクトル。PBS (pH 7.4) 中で測定したもの。
ProteoGREEN-gGlu の反応前、反応後の蛍光スペクトル。PBS (pH 7.4) 中で測定したもの。

イメージング例

イメージング例

HeLa 細胞(ヒト子宮頸がん由来の細胞株, 左)と HUVEC (正常ヒト臍帯静脈内皮細胞, 右) を 1 μM のProteoGREEN-gGlu を含む溶液中で37℃ 15分間反応させたもの。緑の疑似カラーが ProteoGREEN-gGlu の蛍光、青の疑似カラーは Hoechist 33342 による核染色。

細胞表面で反応して生成した ProteoGREEN-gGlu 由来の蛍光物質は、溶液中を拡散し、混在している GGT 活性のない細胞も染色することがあります。細胞ごとに染色する目的には適しません。ご注意ください。

ProteoGREEN-gGluは東京大学よりライセンスを受け、東京大学大学院医学系研究科生体物理医学専攻医用生体工学講座生体情報学(浦野泰照教授)のご指導の下、五稜化薬株式会社が製品化しました。

参考文献
K. Kawakami, Y. Fujita, Y. Matsuda, T. Arai, K. Horie, K. Kameyama, T. Kato, K. Masunaga, Y. Kasuya, M. Tanaka, K. Mizutani, T. Deguchi, M. Ito (2017)
BMC Cancer 17: 316 DOI: 10.1186/s12885-017-3301-x
Y. Miyata, T. Ishizawa, M. Kamiya, S. Yamashita, K. Hasegawa, A. Ushiku, J. Shibahara, M. Fukayama, Y. Urano, N. Kokudo (2017)
Sci. Rep. 7: 3542 DOI:10.1038/s41598-017-03760-3
A. Behrooz, P. Waterman, K. O. Vasquez, J. Meganck, J. D. Peterson, I. Faqir, J. Kempner (2017)
Opt. Lett. 42: 2964-2967 DOI: 10.1364/OL.42.002964
Y. Nakamura, T. Harada, T. Nagaya, K. Sato, S. Okuyama, P. L. Choyke, H. Kobayashi (2016)
Oncotarget 7: 51124-51137.
T. Mizushima, S. Ohnishi, Y. Shimizu, Y. Hatanaka, K. C. Hatanaka, H. Hosono, Y. Kubota, M. Natsuizaka, M. Kamiya, S. Ono, A. Homma, M. Kato, N. Sakamoto, Y. Urano (2016)
BMC Cancer 16: 411 DOI: 10.1186/s12885-016-2421-z
H. Ueo, Y. Shinden, T. Tobo, A. Gamachi, M. Udo, H. Komatsu, S. Nambara, T. Saito, M. Ueda, H. Hirata, S. Sakimura, Y. Takano, R. Uchi, J. Kurashige, S. Akiyoshi, T. Iguchi, H. Eguchi, K. Sugimachi, Y. Kubota, Y. Kai, K. Shibuta, Y. Kijima, H. Yoshinaka, S. Natsugoe, M. Mori, Y. Maehara, M. Sakabe, M. Kamiya, J. W. Kakareka, T. J. Pohida, P. L. Choyke, H. Kobayashi, H. Ueo, Y. Urano, K. Mimori (2015)
Sci. Rep., 5: 12080 DOI:10.1038/srep12080
M. Mitsunaga, N. Kosaka, P. L. Choyke, M. R. Young, C. R. Dextras, S. M. Saud, N. H. Colburn, M. Sakabe, T. Nagano, D. Asanuma, Y. Urano, H. Kobayashi (2013)
Gut, 62: 1179-1186 DOI: 10.1136/gutjnl-2011-301795
M. Sakabe, D. Asanuma, M. Kamiya, R. J. Iwatate, K. Hanaoka, T. Terai, T. Nagano, Y. Urano (2013)
J. Am. Chem. Soc., 135: 409−414 DOI: 10.1021/ja309688m
Y. Urano (2012)
Curr. Opin. Chem. Biol., 16: 602-608 DOI: 10.1016/j.cbpa.2012.10.023
Y. Urano, M. Sakabe, N. Kosaka, M. Ogawa, M. Mitsunaga, D. Asanuma, M. Kamiya, M. R. Young, T. Nagano, P. L. Choyke, H. Kobayashi (2011)
Sci. Transl. Med., 129: 1-10 DOI: 10.1126/scitranslmed.3002823
有機小分子蛍光プローブの精密開発によるin vivo微小癌検出の実現
浦野泰照 (2013) G. I. Research 21(1): 79-86
光機能性プローブの精密開発によるin vivo微小癌検出の実現
浦野泰照 (2013) Surgery Frontier 20(1): 79-87
新規蛍光プローブによるin vivo微小がん検出の実現
浦野泰照 (2013) 癌と化学療法 40(3): 299-303
蛍光プローブの精密設計による高精細in vivo癌イメージング
浦野泰照 (2012) 分子消化器病 9(2): 138-144
in vivoがん検出を可能とする蛍光有機小分子プローブの開発
浦野泰照, 神谷真子 (2012) 病理と臨床 30(7): 747-754
蛍光プローブの精密設計に基づくin vivo迅速蛍光がんイメージング
神谷真子, 浦野泰照 (2012) 実験医学 30(7): 1135-1144
蛍光プローブの精密設計による新しい生細胞イメージング・in vivoがんイメージング
浦野泰照, 神谷真子 (2012) 実験医学 30(15): 2519-2526
希望小売価格
型番 名称 容量 希望小売価格(円) プロトコル SDS
GC
801
ProteoGREEN
-gGlu
20μg×10 ¥59,800 Download
241KB
Download
170KB
GC
811
EP-HMRG 30 nmol x 5 ¥49,800 - -

他のプロテアーゼ活性をターゲットにするために、任意のアミノ酸を蛍光母核 HMRG に付加することも可能です。以下の受託合成についてのページをご覧ください。
http://goryochemical.com/products/custom_synthesis/fluorophores-synthesis.html

Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、こちらからダウンロードできます。

製品・サービスへのお問い合わせ

当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。

PageTop