製品・サービス 五稜化薬株式会社

Home製品・サービスProteoFluor™ Series>ProteoGREEN™-gGlu

【癌細胞の特異的検出】
ProteoGREEN™-gGlu
〜正常細胞と区別して癌細胞の検出が可能に〜

  • GGT (γ-glutamyltranspeptidase)活性を持つがん細胞を検出
  • がん細胞を選択的に蛍光イメージングが可能
  • ライブセルイメージングが可能(488 nm励起)

ProteoGREEN™-gGluは、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ応答性の蛍光基質であり、細胞表面にγ-グルタミルトランスペプチダーゼを高発現している癌細胞の蛍光観察、選別等にご利用いただけます。優れた細胞膜透過性をもち、ライブセルイメージングや in vivoイメージングに最適です。

ProteoGREEN™-gGluはその構造上、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ非存在下では蛍光はほぼ検出されず、S/N比の高い蛍光プローブです。

in vivo imaging イメージ動画】
【Live cell imaging イメージ動画】

用途

  • 蛍光癌イメージングに。

ProteoGREEN™-gGlu の特長

ProteoGREEN™-gGlu の特長

λabs 496 nm

λFl 525 nm

図1. ProteoGREEN™-gGluがGGTにより加水分解を受け、蛍光を発する仕組み。
図1. ProteoGREEN™-gGluがGGTにより加水分解を受け、蛍光を発する仕組み。

図2. GGT反応前後のProteoGREEN™-gGluの蛍光スペクトル
図2. GGT反応前後のProteoGREEN™-gGluの蛍光スペクトル

ProteoGREEN™-gGluとGGTを37℃、30分間反応させた。GGT を反応させると、HMRGは525 nmをピークに大幅な蛍光強度上昇を示した(S/N>350)。

図3. 各種癌細胞及び HUVEC 細胞 (正常細胞)での生細胞イメージング
図3. 各種癌細胞及び HUVEC 細胞 (正常細胞)での生細胞イメージング

各細胞に対して 2μM の ProteoGREEN™ -gGlu を加えて、1h インキュベートした後、蛍光顕微鏡観察。
反応はGGT選択的阻害剤処理により完全に阻害された。

ProteoGREEN™-gGluは東京大学よりライセンスを受け、東京大学大学院医学系研究科生体物理医学専攻医用生体工学講座生体情報学(浦野泰照教授)のご指導の下、五稜化薬株式会社が製品化しました。

参考文献
Yuko Nakamura, Toshiko Harada, Tadanobu Nagaya, Kazuhide Sato, Shuhei Okuyama, Peter L. Choyke, Hisataka Kobayashi (2016)
Oncotarget. 7(32):51124-51137.
Fluorescent imaging of superficial head and neck squamous cell carcinoma using a γ-glutamyltranspeptidase-activated targeting agent: a pilot study
Takeshi Mizushima, Shunsuke Ohnishi, Yuichi Shimizu, Yutaka Hatanaka, Kanako C. Hatanaka, Hidetaka Hosono, Yoshimasa Kubota, Mitsuteru Natsuizaka, Mako Kamiya, Shouko Ono, Akihiro Homma, Mototsugu Kato, Naoya Sakamoto, and Yasuteru Urano
BMC Cancer. 2016, 16, 411.
Rapid intraoperative visualization of breast lesions with γ-glutamyl hydroxymethyl rhodamine green.
Ueo H, Shinden Y, Tobo T, Gamachi A, Udo M, Komatsu H, Nambara S, Saito T, Ueda M, Hirata H, Sakimura S, Takano Y, Uchi R, Kurashige J, Akiyoshi S, Iguchi T, Eguchi H, Sugimachi K, Kubota Y, Kai Y, Shibuta K, Kijima Y, Yoshinaka H, Natsugoe S, Mori M, Maehara Y, Sakabe M, Kamiya M, Kakareka JW, Pohida TJ, Choyke PL, Kobayashi H, Ueo H, Urano Y, Mimori K.
Sci Rep. 2015, 5, 12080.
Fluorescence endoscopic detection of murine colitis-associated colon cancer by topically applied enzymatically rapid-activatable probe.
Mitsunaga, M.; Kosaka, N.; Choyke, PL.; Young, MR.; Dextras, CR.; Saud, SM.; Colburn ,NH.; Sakabe, M.; Nagano, T.; Asanuma, D.; Urano, Y.; Kobayashi, H. Gut., 2013, 62, 1179-1186.
Rational Design of Highly Sensitive Fluorescence Probes for Protease and Glycosidase Based on Precisely Controlled Spirocyclization
Sakabe, M.; Asanuma, D.; Kamiya, M.; Iwatate, RJ.; Hanaoka, K.; Terai, T.; Nagano, T.; Urano, Y.
J. Am. Chem. Soc., 2013, 135, 409−414
Novel live imaging techniques of cellular functions and in vivo tumors based on precise design of small molecule-based 'activatable' fluorescence probes.
Urano Y. Curr Opin Chem Biol., 2012, 16, 602-608.
Rapid cancer detection by topically spraying a γ-glutamyltranspeptidase-activated fluorescent probe.
Urano, Y.; Sakabe, M.; Kosaka, N.; Ogawa, M.; Mitsunaga, M.; Asanuma, D.; Kamiya, M.; Young, M. R.; Nagano, T.; Choyke, P. L.; Kobayashi, H. Sci. Transl. Med. 2011, 129, 1-10.
第2回 有機小分子蛍光プローブの精密開発によるin vivo微小癌検出の実現
浦野泰照 G.I.Research 21(1): 79-86, 2013.
147 光機能性プローブの精密開発によるin vivo微小癌検出の実現
浦野泰照 Surgery Frontier 20(1): 79-87, 2013.
新規蛍光プローブによるin vivo微小がん検出の実現
浦野泰照 癌と化学療法 40(3): 299-303, 2013.
蛍光プローブの精密設計による高精細in vivo癌イメージング
浦野泰照 分子消化器病 9(2): 138-144, 2012.
in vivoがん検出を可能とする蛍光有機小分子プローブの開発
浦野泰照, 神谷真子 病理と臨床 30(7): 747-754, 2012.
9. 蛍光プローブの精密設計に基づくin vivo迅速蛍光がんイメージング
神谷真子, 浦野泰照 実験医学 30(7): 1135-1144, 2012.
2. 蛍光プローブの精密設計による新しい生細胞イメージング・in vivoがんイメージング
浦野泰照, 神谷真子 実験医学 30(15): 2519-2526, 2012.
ProteoGREEN™-gGlu は、論文中のgGlu-HMRGの事です。
希望小売価格
型番 名称 容量 希望小売価格(円) プロトコル MSDS
GC
801
ProteoGREEN
-gGlu
20μg×10 ¥59,800 Download
145KB
Download
170KB
Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、こちらからダウンロードできます。

製品・サービスへのお問い合わせ

当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。

PageTop