アプリケーションノート 五稜化薬株式会社

HomeアプリケーションノートSuperFluor™ Series>HMSiR標識 Goat anti-rat IgG (whole)を用いた超解像イメージング

HMSiR標識 Goat anti-rat IgG (whole)を用いた超解像イメージング

  • チオールや脱酸素剤の添加の必要なしに生理的条件下での超解像イメージングが可能
  • 強力なレーザー照射なしに自発的に明滅する蛍光プローブ

概要

HMSiR標識 Goat anti-rat IgG (whole)は、HMSiR標識されたゴート由来の抗ラットIgG抗体です。固定細胞染色における2次抗体としてご使用いただけます。HMSiR蛍光プローブは自発的に明滅を起こす蛍光プローブです。従前のdSTORM観察の際に必要とされてきたチオールや脱酸素剤の添加の必要がなく、かつ高出力レーザー照射が不要です。従って、弱い励起光照射での観測が可能となり、生理的条件下での超解像イメージングが可能です。

HMSiR標識 Goat anti-rat IgG (whole)の特長

  • チオールや脱酸素剤の添加の必要なしに生理的条件下での超解像イメージングが可能
  • 強力なレーザー照射なしに自発的に明滅する蛍光プローブ

HMSiR標識 Goat anti-rat IgG (whole)(型番:A203-01)により染色された微小管の積算画像とSTORM画像の比較(上下2例共に)。
HMSiR標識 Goat anti-rat IgG (whole)により染色された
微小管の積算画像とSTORM画像の比較(上下2例共に)。

固定したHeLa細胞に対して、ラット由来抗チューブリン抗体を常温にて約2時間作用後、HMSiR標識 Goat anti-rat IgG (whole):1/300を、常温にて暗所で約2時間作用させた。ニコンN-STORMにより観察。647 nmレーザー100 W/cm2を使用。チオールや脱酸素剤の添加材等は入れていない。5000枚の積算画像(左)とSTORM画像(右)。

細胞染色プロトコル

Hela細胞の微小管染色例

細胞の固定
常法にて細胞の固定を行います。
  1. ガラスボトムディッシュ上に培養したHela細胞を3〜4%パラホルムアルデヒド中、10〜20分間固定します。
  2. PBSで洗浄します。
  3. 冷メタノールで-20℃、5〜10分間浸透処理します。
細胞の染色
  1. 任意でブロッキングを行います。5%BSA含有PBS中で30分間インキュベートします。
    その後、PBSで3回(各5分以上)洗浄します。
  2. ラット由来抗チューブリン抗体(Tubulin Antibody (YL1/2) (NB600-506)、Novus Biologicals)をPBSにて1/300濃度に希釈します。ガラスボトムディッシュ上の固定細胞に滴下し、常温にて約2時間作用させます。この時、加湿なさることをお勧めいたします。
    その後、PBSで3回(各5分以上)洗浄します。
  3. HMSiR標識 Goat anti-rat IgG (whole)をPBSにて1/300濃度に希釈します。ガラスボトムディッシュ上の固定細胞に滴下し、常温にて暗所で約2時間作用させます。この時、加湿なさることをお勧めいたします。
    その後、PBSで3回(各5分以上)洗浄します。染色した細胞はPBS中にて暗所で冷蔵保存します。
超解像観察
STORM顕微鏡(N-STORM)にて細胞観察を行います。エヴァネッセント場の励起光源は647 nmレーザー100 W/cm2を使用します。細胞はPBS中にてそのまま観察可能です。顕微鏡のマニュアルに従って画像を約1000枚〜5000枚取得します。
保存
遮光-20℃保存。希釈後は使い切り。
参考文献
Uno SN, Kamiya M, Yoshihara T, Sugawara K, Okabe K, Tarhan MC, Fujita H, Funatsu T, Okada Y, Tobita S, Urano Y. Nat Chem. 2014 681-689.

製品・サービスへのお問い合わせ

当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。


PageTop