アプリケーションノート 五稜化薬株式会社

HomeアプリケーションノートPOLARIC™ series>POLARIC™-500c6Fを用いた細胞染色

POLARIC™-500c6Fを用いた細胞染色
― 1つの色素でミトコンドリア・細胞膜の染め分けが可能 ―
― 細胞内保持性が高い ―

概要

POLARIC™は多くの初代細胞、培養細胞に於いて、ミトコンドリアと細胞膜を選択的に染め分けます。分子量が約600Daと非常に小さい分子であるため、細胞への取り込みが速やかに行われます。また生細胞・固定細胞のどちらも染色することが可能です。保存条件が良好であれば、染色後4日以上も蛍光を保持します。ミトコンドリアの動態や細胞形態の長時間観察に有用です。

POLARIC™の特長

  • ミトコンドリアと細胞膜を選択的に染め分け
  • 低濃度・短時間で染色可能
  • 色素が細胞内に長時間保持
POLARIC構造例

POLARIC構造例

細胞染色イメージ

細胞染色イメージ スペクトル画像
細胞染色イメージ アンミックス画像

HeLa細胞をPOLARIC™で染色し(濃度;0.025μM, 染色時間;15分)、Nikon 共焦点レーザー顕微鏡A1を用いて撮影。488nmで励起し、490nm〜650nmのスペクトル画像を取得。

左: スペクトル画像、右: アンミックス画像(緑: 細胞膜オレンジ: ミトコンドリア

細胞染色プロトコル

試薬の調製および細胞染色方法
  1. 1μgのPOLARIC™が入ったチューブに 17.1μl のDMSOを加えて色素を溶解後させ、これを 0.1mM stock solution とする。これを 0.025〜0.1μM となるように 細胞観察用 buffer に溶解させ、染色液とする。
  2. 細胞を培養している容器から液体培地を除去し、buffer で2回洗浄を行う。
    注: 培養容器は自家蛍光のない「ガラスボトムディッシュ」等を推奨する。
  3. 培養容器に染色液を入れ、 37℃、5% CO2雰囲気下でインキュベーションする。浮遊性の細胞や接着前の細胞は、通常10〜30分程度で染色可能。接着後の細胞の場合、細胞の種類や培養日数などで異なるが、通常15分程度で染色できる。
  4. 染色後、buffer で 3 回洗浄を行い、常法にて蛍光観察を行う。
蛍光観察方法
  1. 励起波長は 488nm が適当。用いるフィルタは、GFP-LP(Nikon 社)もしくはU-MWB2(Olympus 社)等のロングパスフィルタが適当。アルゴンレーザーを用いる場合は、488 nm または 514nmの波長の選択が望ましい。
  2. 蛍光波長はおよそ 520〜650nm の範囲で検出される(色素が細胞内で局在する環境によりピークが異なる) 。
  3. 本染色液で染色される主な細胞器官は、細胞膜(緑)・ミトコンドリア(橙色)であることを確認しており、現段階では多くの細胞において、同器官からの蛍光が強く観察されている。
保存
色素は窒素封入、乾燥状態で冷蔵出荷しております。入荷後は、乾燥した冷暗所(4℃)で保存してください。DMSOに溶解後は、遮光・-20℃で 2 週間保存可能です。

製品・サービスへのお問い合わせ

当ページに掲載している製品・サービスに関し、ご購入希望ならびご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。


PageTop